05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FA制度から感じる日本球界の閉塞感

パ・リーグがホークスと日本ハムの一騎打ちで盛り上がる中、セは早々にカープが優勝を決め、CSとタイトル争いが焦点に。

パはここにきて下位チームが盛り上げに一役買ってきましたね。

セは残念ながら火が消えるのが早すぎました。

CSやタイトル争いも悪くないですが、やっぱり優勝争いが一番盛り上がりますから。


さて、優勝が決まったセは話題提供のためか早くもストーブリーグの熱が高まってきました。

話題の中心はFAの動向。

今オフ動く可能性のある方々の名前がチラホラと挙がってきています。

日本の野球界は、生え抜き至上主義や移籍の話題を極端に嫌う傾向にある方々が多いという印象が強いです。

ファンだから応援していた選手が出て行くのは残念という気持ちは分かります。

球団も育てたのに手放したくないというのも分かります。

気持ちは分かるのですが、最近は束縛がきつすぎますね。

FA宣言したら再契約はしないというチームがあったり、ファンはFA検討と出るだけで手のひら返しで裏切り者扱い。

獲得しようという球団があれば、強奪・金満と言い放ち、移籍した選手には結局は金かと罵る。

入団の際にも自由を奪っておきながら、やっと得たFAという権利も自由に行使しづらい環境。

こういう時にいつも思うのは、閉塞的というか、自由さがないというか。

自由闊達さに欠ける日本の野球界。

澱んだ水の先には先細る未来しか見えない気がします。

FA対象になった選手は、自動的にFAにしてしまうのがベストかもしれないです。

年数なども含めてまだまだ制度改革は必要だと思います。

FA以外にも二軍で燻っている選手などの救済策を検討したり、停滞を出来る限り避けて欲しいところです。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。