10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイスターズ久保が好投するも延長戦で巨人に敗れる

横浜DeNAベイスターズ対読売ジャイアンツの2014年第一戦(2014年4月1日)。

ベイスターズにとっては本拠地での開幕ゲームになりました。

巨人は左のエース内海。

ベイスターズはオフに阪神より移籍してきた久保。

序盤から両投手ともに譲らず好投。

内海は開幕投手の座を2年目菅野に譲った悔しさを振り払うかのような最高の投球を披露。

対する久保は立ち上がりを攻められ、アンダーソンのタイムリーで1点を失うも、高速クイックと巧みな制球を武器に開幕3連戦で自身の古巣阪神投手陣を打ち崩した巨人を相手に力投。

0-1で迎えた7回裏、ここまでほぼ完璧な投球を見せてきた内海に対し、ベイスターズ4番ブランコがライト線ギリギリに落とす二塁打。

さらに筒香嘉智がセンター前で続くと、久保と同じく今シーズン加入組の6番バルディリスが三遊間を抜けるタイムリーヒット。

これで同点に追いつきなおも押せ押せムードでしたが、内海に粘られ同点どまり。

勝敗の天秤はまだどちらにも傾いていませんでしたが、8・9回とベイスターズ打線は三者凡退。

対する巨人も無得点に終わり迎えた延長9回、ソーサに代えてベイスターズは4番手長田を投入。

2アウトまでポンポンとアウトを取るも、打棒好調のロペスに対しフルカウントから勝負し打球はレフトスタンドへ。

これが決勝点となり2-1で巨人が勝利。


久保が力投していただけに、ベイスターズにとっては今日は出来れば勝ちたい一戦でしたね。

3連戦の頭を取れればその後の勢いも違うので、競り勝てなかったのは残念。

開幕3連戦の東京ドームで大勝を2試合と大味なゲームが続いていましたが、やっぱり巨人は競り合いに強いです。

ベイスターズは三タテ食らう可能性もあるので、明日はなんとか踏ん張って連敗は避けて欲しいところ。

今日見る限り、久保は横浜スタジアムでも十分勝てそうな投手だと感じました。

打線の援護があって、ある程度調子を保っていければ二桁勝つ可能性はありそう。

内海は18勝を目標にしているそうですが、こちらも援護次第で十分可能性はあると思います。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。