09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yスタ第9回オータムシーズン終了(結果報告)

前回更新以降の試合結果です。

第76戦 3-4(敗退)

第77戦 4-3(勝利)

第78戦 1-7(敗退)

第79戦 4-1(勝利)

第80戦 11-1(勝利)


第76戦、先発は大野新。

初回にベテラン今藤のツーランで幸先よく先制。

大野新は序盤を無失点で切り抜けるが、4回に相手1番にソロ弾を打たれて2-1。

さらに7回には相手4番にアーチを架けられ、2-2の同点とされる。

8回表に代打田之植のソロ弾で勝ち越すが、9回裏に抑えの毛利が乱調。

中軸がチャンスメイクをして2アウト二・三塁とされると、最後は相手8番にライト前に運ばれ、走者二人返ってしまい逆転サヨナラ負け。

最後の最後でひっくり返してくるところに地力を感じました。

毛利はシーズン終盤に入ってからは好調が続いていたので、逃げきれなかったのは残念。

今藤がこの日の初回の先制ツーランでシーズン20本塁打到達。

衰えてきている39歳の大ベテランですが、ここまで76試合で打率.301、20本塁打、64打点と頑張ってくれています。


第77戦、先発はシュガー。

拙攻続きで相手投手を攻略できずにいると、0-0で迎えた7回裏、

相手のクリーンナップにポンポンとヒットを打たれてしまい、先制点をあっさりと献上。

3点ビハインドで迎えた土壇場9回表、下位打線の連打などで2アウトながら満塁の好機を作ると、1番大樹、2番今藤が連打で続き4-3と逆転。

最後は抑えの毛利が走者二人を出す苦しい投球ながらも、なんとかしのいで4-3で逆転勝利。

最後の最後でようやく相手先発をとらえることが出来ました。

次戦は18勝している左腕と対戦予定。

防御率も1点台なので間違いなく難敵でしょう。


第78戦、先発は桐矢。

エラー連発もあり桐矢が序盤3回でKO。

なんとか反撃を試みたいところでしたが、反撃は4回に梅坐羽の犠牲フライで1点を返したのみ。

逆に中盤小刻みに加点され突き放され、1-7で完敗。

安打数は同じ9安打でしたが、うちは守備でエラー連発、攻撃で拙攻と悪循環が極まり、その差が点差にモロに出てしまいました。

18勝している投手相手(この試合で19勝目をマーク)に序盤5失点では厳しいですね。

3連勝すればチーム記録の58勝を更新できましたが、惜しくも新記録はならず。

ズルズル連敗しないようにしたいですが、次戦も13勝1敗、防御率1点台の好投手との対戦が予定。

厳しいですが連敗しないように打線の奮起を期待しています。


第79戦、先発はブッシュ。

初回にいきなり相手2番に一発を打たれて先制点を献上。

反撃したい打線も相手先発の左トルネードの力投の前に零行進。

この停滞ムードを変えたのは6回裏のワンプレー。

先頭の2番今藤の打ち上げた打球を相手外野手が落球。

相手のミスを逃さず3番濠がワンボールからチェンジアップを左中間へ運び、タイムリーツーベースで同点。

さらにこの後、時雨・茂形と連続タイムリーで3-1と勝ち越し。

7回裏に時雨の犠牲フライで追加点を奪うと、抑えの毛利が8回に相手1番にソロ弾を浴びるが後続を抑えて4-2と逆転勝利。

相手の先発は1敗しかしていなかった防御率1点台の好投手でしたが、相手のミスから上手く点を奪うことが出来ました。

ブッシュは先制点を与えた後はきっちり無失点に抑えて12勝目。

防御率も1.99とギリギリですが1点台に滑り込みました。

次戦が最終戦ですが、続く相手も防御率1点台の投手と対戦予定。

最後の最後も厳しい試合になりそうな予感がします。


最終戦(第80戦)、先発は大野新。

1-0で迎えた4回表、打線が怒涛のヒット攻勢で一挙6点を奪い、相手先発をこの回でKO。

中盤以降も着実に加点し、二桁得点を挙げて快勝。

好投手なので接戦を予想していましたが、今シーズン苦しかった投手陣を幾度も助けた打線が最後も爆発。

11-1で勝利して、先発の大野新は10勝目。

これでシーズンが終了。

58勝18敗4分(9位)

最多タイの勝利数を挙げることが出来ました。

打線の頑張りが本当に大きかったと思います。


ドラフト指名が開始しているようなので、参加を検討されている方はお忘れなく。

うちは4番一塁手の時雨の衰えを考え、一塁手の「まつや しゅん」の指名を検討。

それから外野がベテランに頼りきり(40歳今藤、36歳大樹)なので、外野手の「はやし しめい」の指名も検討。

両者ともに将来性星3つで早熟タイプの可能性が高いですが(はやしのほうはコメント欄に早熟との記載あり)、うちのチーム状況を考えるとそれでも構わないのでなんとか当たって欲しいですね。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。