10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年のプロ野球ドラフト会議の結果(東京ヤクルトスワローズ編)

2012年度ドラフト結果報告のセの3番手は東京ヤクルトスワローズ。

2012年は昨年度から導入した1チーム1記事でコンパクトな作りを心がけ、選手個々の詳細については別途記事上げします(↓の各選手名をクリックすると個別の紹介ページに移動できます)。

各種データ等は当方が調べた結果なので正確ではない可能性もあり、さらに打ち間違え等の可能性もあるのでその点ご了承ください。


1位 石山泰稚(ヤマハ/投手)

2位 小川泰弘(創価大/投手)

3位 田川賢吾(高知中央高/投手)

4位 江村将也(ワイテック/投手)

5位 星野雄大(香川オリーブガイナーズ/捕手)

6位 谷内亮太(國學院大/内野手)

7位 大場達也(日立製作所/投手)


優勝した巨人と五分の戦いをするが、下位への取りこぼしが目立つなど安定した戦いが出来なかったヤクルト。

広島カープの終盤の失速がなければCSを逃していた可能性もあります。

故障者や不調の選手が投手陣に多く、救援陣は特に苦労していた印象。

ブルペン陣の厚みを持たせることがチーム強化の最優先課題と言えそう。


2012年ドラフトの内訳は投手5人、捕手1人、内野手1人。

1位は石山泰稚(ヤマハ/投手)。

ヤマハのエースで最速146キロの本格派右腕。

2位小川泰弘(創価大/投手)、3位田川賢吾(高知中央高/投手)、4位は江村将也(ワイテック/投手)と上位4人までが投手。

5位星野雄大(香川オリーブガイナーズ/捕手)、6位谷内亮太(國學院大/内野手)と下位で捕手、内野手を指名。

締めの7位で大場達也(日立製作所/投手)と再び投手を指名。


1位指名は最初は藤浪晋太郎でしたが、競合の末にはずれ。

その後社会人の石山泰稚を指名。

ヤマハの2年目は主戦投手として活躍していましたが、入社直後は中継ぎをこなすなど色々な場面で投げられる実戦力のある投手。

ブルペン補強が課題のヤクルトにとって、即戦力と言える同投手を指名できたのは大きいです。

2位は和製ライアンと称される創価大のエース・小川泰弘。

リーグ通算30勝、リーグMVP4回など東京新大学リーグを代表する投手です。

3位の田川賢吾はまだ投手転向後1年ほどですが、MAX148キロと快速球を投げ込みます。

4位の江村将也は制球力とスライダーが武器のサウスポー。

5位の星野雄大は二塁送球1秒8台の強肩捕手。

6位の谷内亮太は走攻守と3拍子そろった遊撃手。

7位の大場達也は長身から投げ下ろすストレートが魅力の素材型投手。

即戦力投手、中継ぎを任せられる左腕、伸びしろのありそうな素材型と投手をバランスよく獲得した印象。

捕手は中村悠平が台頭してきましたが、相川の年齢を考えると第3の捕手候補として星野を獲得できたのは地味に大きい。

キャッチング・スローイングと捕手の基本能力が高いレベルで備わっているとのこと。

リード面を学べれば将来的には大化けする可能性もあります。

谷内は若手内野手の補強を考えての指名でしょう。

藤浪をはずしたのは残念ですが、投手を計5人指名でブルペンの厚みを増すという目的は達成できたと言えそう。


関連記事

下記ページより他球団の結果ページへ移動できます。

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。