04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年のプロ野球ドラフト会議の結果(埼玉西武ライオンズ編)

2012年度ドラフト結果報告のパの2番手は埼玉西武ライオンズ。

2012年は昨年度から導入した1チーム1記事でコンパクトな作りを心がけ、選手個々の詳細については別途記事上げします(↓の各選手名をクリックすると個別の紹介ページに移動できます)。

各種データ等は当方が調べた結果なので正確ではない可能性もあり、さらに打ち間違え等の可能性もあるのでその点ご了承ください。


1位 増田達至(NTT西日本/投手)

2位 相内誠(千葉国際高/投手)

3位 金子侑司(立命館大/内野手)

4位 高橋朋己(西濃運輸/投手)

5位 佐藤勇(光南高/投手)

育成1位 水口大地(香川オリーブガイナーズ/内野手)


シーズン序盤の大ブレーキで苦しい展開になるが、混パの中で夏場に向けて調子を上げ、シーズン2位にまで駆け上がった2012年。

CSファーストステージではソフトバンクホークスに敗れてシーズン終了。

序盤の不振を考えるとよく持ち直したと思います。


2012年ドラフトの内訳は育成も含めて投手4人、内野手2人。

1位は増田達至(NTT西日本/投手)。

MAX152キロが武器の社会人屈指の右腕。

2位は相内誠(千葉国際高/投手)。

日米のスカウトが注目した将来性の高い右腕。

3位は金子侑司(立命館大/内野手)。

スイッチヒッターで50m走5秒7と快速の持ち主。

4位 高橋朋己(西濃運輸/投手)

MAX148キロの伸びのあるストレートが武器のサウスポー。

5位 佐藤勇(光南高/投手)

今年の福島ではNO.1とも言われた高校生左腕。

育成1位 水口大地(香川オリーブガイナーズ/内野手)

50m走5秒7の俊足を誇る香川オリーブガイナーズのリードオフマン。


1位指名は最初は東浜巨(亜細亜大/投手)に行きましたが、抽選ではずれ。

その後増田達至を指名しましたが、個人的には悪くなかったと思います。

西武は今年は涌井を抑えに起用してなんとかしのぎましたが、ここ数年抑えがなかなか育たずに苦しんでいます。

同投手は救援投手としての活躍を希望しているとのこと。

ストレートの威力は言うことなしで制球力も悪くなく、決め球のカーブも切れ味十分。

NTT西日本で抑え経験も積んできているので、セットアッパーの一人として十分計算できそうな投手です。

同じく社会人から4位で高橋朋己を指名。

真っ直ぐに威力があり、中継ぎあたりならば1年目から十分使えそうな印象。

2位の相内誠、5位の佐藤勇と将来性の高い高校生投手を指名。

両投手ともに数年後のローテーションを狙えるだけのポテンシャルを備えています。

3位の金子侑司、育成1位の水口大地と俊足の内野手を指名。

金子は高い運動能力を誇るスイッチヒッターでポスト中島。

抑え候補、将来性のある高校生投手を右・左とそれぞれ一人ずつ、俊足の野手。

東浜ははずしましたが、全体的に見て必要なところをしっかり指名できたと思います。


関連記事

下記ページより他球団の結果ページへ移動できます。

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。