04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年のプロ野球ドラフト会議の結果(中日ドラゴンズ編)

2012年度ドラフト結果報告のセの2番手は中日ドラゴンズ。

2012年は昨年度から導入した1チーム1記事でコンパクトな作りを心がけ、選手個々の詳細については別途記事上げします(↓の各選手名をクリックすると個別の紹介ページに移動できます)。

各種データ等は当方が調べた結果なので正確ではない可能性もあり、さらに打ち間違え等の可能性もあるのでその点ご了承ください。


1位 福谷浩司(慶応大/投手)

2位 濱田達郎(愛工大名電高/投手)

3位 古本武尊(龍谷大/外野手)

4位 杉山翔大(早稲田大/内野手)

5位 溝脇隼人(九州学院高/内野手)

6位 井上公志(シティライト岡山/投手)

7位 若松駿太(祐誠高/投手)


8年間でリーグ制覇4回、日本一1回という黄金時代を築いた落合博満前監督。

2011年に同監督が退陣し、2012年より新たに監督就任したのが高木守道監督。

吉見、浅尾、ブランコなど主力選手をシーズン中に欠く時期もありながら、快走する巨人を追い続けた2012年のシーズン。

結局巨人とは10ゲーム差以上開きましたが、直接の対戦成績では10勝11敗3分とほぼ五分といって良い戦いぶりでした。

CSファイナルでは巨人相手に3連勝とあと一歩まで追い込みながら、巨人の底力の前に3連敗でシーズン終了。

エース吉見不在としては最高の戦いでしたが、最後の最後で押し切れなかった力の差も感じるCSでした。


落合前監督の遺産で勝っているとも言われる中日ですが、来年以降巨人を叩きリーグ制覇成し遂げるには新風の存在は不可欠。

2012年ドラフトの内訳は投手4人、内野手2人、外野手1人。

1位は福谷浩司(慶応大/投手)。

3年春に東京六大学最速の155キロをマークした慶応大学の豪腕投手。

大学では先発だけでなく救援投手としても大活躍。

即戦力のセットアッパー、抑えといえる投手です。

2位は濱田達郎(愛工大名電高/投手)。

2012年度の高校生BIG3であり、世代NO.1サウスポーと言われる好素材。

3位は今ドラフトで中日では唯一の外野手・古本武尊。

8月に自打球を左目付近に受けてしまい、リーグ戦を欠場したことで評価が難しくなったと言われていましたが、6月の大学選手権で首位打者に輝くなど、既にスカウントへのアピールは十分だったようです。

スイングスピードが速く、選手権で高打率を残せたことから分かるように打撃センスは高いです。

高校時代は投手をつとめて最速147キロを記録しており、強肩は外野手として大きな武器でしょう。

4位の杉山翔大、5位の溝脇隼人と続けて内野手を指名。

そして6位井上公志、7位若松駿太と投手指名で締めました。


大学トップクラスの豪腕の福谷は次代のセットアッパー・抑え候補と言えそう。

濱田は最後の夏は不完全燃焼とも言える終わり方でしたが、現時点では力不足な面もありますが大きな可能性を秘めたサウスポーです。

ようやく芽が出始めた大野雄大などと近い将来左腕投手としてローテ争いする可能性は十分ありそう。

古本は足はまずまずのレベルですが、強肩・巧打の2012年大学生ではトップクラスの外野手。

今年は大島洋平の台頭があり、ベテランが目立っていた野手陣で久方ぶりに新風を吹かせました。

大島はレギュラー2年目ですが、走攻守で高いパフォーマンスを発揮し、チームのCSファイナル出場に大きく貢献。

これに古本あたりが続ければ攻守両面で力強さが増しそう。

溝脇隼人は守備・走塁にセンスの良さを匂わせるショートストッパー。

高校生なので将来性を考えると井端の後継候補としては面白い存在になりそう。

ローテ候補、守護神候補、アマチュアトップクラスの外野手、将来性豊かな高校生内野手など、全体的にバランス良く獲得できた印象。

濱田・古本はもう一つ上の順位で消えても不思議では好素材なので、指名できたのはかなり大きいと思います。

正捕手谷繁の後継をどうするのかが来年以降の課題となりそうです。


関連記事

下記ページより他球団の結果ページへ移動できます。

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。