07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年高校野球秋季関東大会の決勝の結果

2012年高校野球秋季関東大会の決勝の結果です。


花咲徳栄(埼玉1位)−浦和学院(埼玉2位)

チーム名 123456789 10
花咲徳栄 000002000 02
浦和学院 000000110 3

埼玉決戦となった2012年の秋季関東大会決勝。

序盤から両チーム譲らぬ投手戦。

0-0のまま回は進み迎えた6回表、花咲徳栄は4番若月の安打をきっかけに攻めたて、2アウト満塁の好機を演出すると、9番森が初球打ちでライト前に落とし、これが均衡を破る先制2点タイムリー。

秋季埼玉大会の再現となるかと思われたが、浦和学院は7回に1点、そして8回には花咲徳栄のエース関口が制球を乱して3四死球で失点。

終盤に浦和学院が追いつくと、ゲームはそのまま延長戦へ突入。

10回裏、浦和学院は2アウトから5番小暮が渾身の一振りで左翼線へツーベースを打つと、続く打者が四球、さらに暴投も重なり2アウト二・三塁。

一打サヨナラの場面で7番西川が打った打球がレフト前に落ち、この瞬間浦和学院の秋季関東大会3連覇が決まる。

今大会のラストにふさわしい見事な好勝負でした。

秋季埼玉大会では浦和学院が2-8と花咲徳栄に大敗しましたが、1ヶ月ほどで見事にチーム力を上げてきましたね。

やっぱり秋の浦和学院は強いです。

浦和学院はこれで3年連続4度目の優勝。

11月10日から開催される明治神宮大会に関東代表として出場。


花咲徳栄は負けはしたものの、実力的には差がなく、来春のセンバツへ向けてもう一つ上のチームを目指して欲しいです。

ここからもう一伸び、二伸びとチーム力のラインをグンと上げられるかどうかで来春、そして来夏の結果が変わります。

センバツ出場が決まったチームはもちろんですが、敗退チームも来夏へ向けて頑張って欲しいです。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。