10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年秋季関東大会が開幕、浦学1年生左腕小島が完封&決勝打

2012年秋季関東大会が2012年10月27日より群馬にて開幕。

各地を勝ち抜いてきた新チームにとって秋の陣第2ラウンドです。

同大会でベスト4まで勝ち残ったチームが春のセンバツ出場が確定。


浦和学院(埼玉2位)-銚子商(千葉2位)

チーム名 123456789
銚子商 000000000 0
浦和学院 00000030× 3

個人的に関東大会の1回戦で最注目のカードだった同試合。

先発は大方の予想通り、浦学が1年生にしてエースナンバーを背負った小島和哉(浦和学院1年/投手)。

銚子商が宇井野一真(銚子商2年/投手)とサウスポー対決となりました。

中盤まで熾烈な投げ合いになったようですが、7回に浦和学院の4番高田がレフトオーバーの二塁打を打ってチャンスメイクすると、二つの四球と犠打でチャンスを広げ、1アウト満塁で8番を打っていた投手の小島がタイムリーを打って均衡を破る。

さらにこの後、9番贄のタイムリー、1番竹村の犠牲フライで加点し、投げては小島が9回5安打完封。

銚子商は初回のチャンスで浦和学院の好返球の前に無得点に終わり、さらに3回にも好返球で本塁タッチアウトの場面があり、序盤の先制チャンスを生かせなかったのが痛かったです。

先制できていれば流れが大きく変わり、勝っていた可能性は十分あります。

守りで良いプレイが出た浦和学院は流石に強いですね。

両投手が完投と締まったゲーム展開で期待通りの好ゲームでした。

宇井野は全国の舞台で観てみたかったサウスポーですが、まだもう一つ力が足りないという印象。

最終学年へ向けてこの冬はそのもう一つをパワーアップできるように日々精進して欲しいです。

小島はまだ覚醒したと言えるレベルではないですが、1年秋時点でこれだけ投げられれば素晴らしいです。

バックの好守があったとはいえ、宇井野に投げ勝てたのは自信につながるでしょう。

打線が強力なチームと当たってどの程度投げられるかが、今後の注目と言えそう。


同試合以外にも本日は2試合が行われています。

佐野日大(栃木1位)-東海大甲府(山梨2位)

チーム名 123456789
東海大甲府 010020010 4
佐野日大 40000011× 6

2012夏の甲子園のベスト4の東海大甲府が佐野日大に競り負けました。

初回にエースの中村槙之介(東海大甲府2年/投手)が6連打を浴びるなど、4失点と乱調したのが響きました。

2回以降中村が立ち直り、渡邉諒(東海大甲府・山梨)の高校通算22号のツーランで追いすがるも、序盤ビハインドに加えて終盤も失点を重ねて敗退。

これで東海大甲府の春のセンバツ出場が絶望的になりましたが、これにめげずに来夏へ向けて鍛え上げていって欲しいです。

渡邉は間違いなく全国レベルの打者なので、もう一度全国の舞台で観てみたいですね。

佐野日大は田嶋大樹(佐野日大1年/投手)、榎本啓士郎(佐野日大2年/投手)の継投で逃げきりました。

前評判どおり佐野日大の打線の力は高いです。


常総学院(茨城1位)-高崎健康福祉大高崎(群馬2位)

チーム名 123456789
健大高崎 001100000 2
常総学院 00001310× 5

常総学院の1点ビハインドで迎えた6回裏、中軸打者がチャンスメイクをすると、相手のエラーから同点に追いつく。

さらに9番浅沼のタイムリーツーベースで4-2と勝ち越し。

7回にも4番内田の犠牲フライで5-2と突き放すと、飯田晴海(常総学院2年/投手)が9回2失点で締めて5-2で常総学院が逆転勝ち。

健大高崎は好素材と言われる1年生左腕・高橋和輝(健大高崎1年/投手)が先発。

飯田と中盤まで投げ合いましたが、6回に代わった2番手松野がつかまり逆転を許してしまいました。

高橋和輝は1年生左腕で140キロを投げると言われていて、同校で1年秋からエースナンバーを背負うことになりました。

まだまだこれから伸びしろがありそうな投手なので、この冬は身体作りをしっかりして欲しいところ。

健大高崎は若いチームなので、来年以降も楽しみなチームですね。

飯田はストレートは130キロ中盤程度の投手ですが、制球力とスライダーのキレが良く、高橋と比べて一日の長を感じさせる雰囲気を持った好投手。

本日も機動力があるといわれる健大高崎をけん制などで揺さぶり、思うような攻めをさせなかったようです。


初日から早くも熱戦が続きました。

明日以降も熱戦を期待したいです。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。