08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年ドラフト会議開催間近、大谷翔平はメジャー挑戦を表明

CSの熱狂がさめやらぬ中、本日2012年10月25日にドラフト会議が開催されます。

指名を待つ選手たち。

春夏連覇を果たした藤浪晋太郎(大阪桐蔭・大阪)、浪人を選んだ菅野智之、東都の完封男・東浜巨(亜大)などなど、2012年も多くの有望選手がドラフト候補に名を連ねています。

最後の最後までどの選手を指名するか検討する球団関係者。

ひいきの選手がどこの誰を指名するのか考える野球ファン。

様々な思惑が交錯し、ドラマを生み、獲得した選手によっては球界の勢力図すら塗り替えかねない影響力を持つ、それがドラフトです。


最大の注目はやはり藤浪が何球団に指名され、そしてどこに行くのかでしょうか。

同世代の投手では現状NO.1の実力を持っており、順調に育てられればエース格になる可能性が非常に高いスター性も持った投手です。

↓で触れていますが大谷のメジャー挑戦表明により競合球団が増える可能性もありそう。

北條史也(光星学院・青森)田村龍弘(光星学院・青森)など同世代のライバルがどこに指名されるのかも注目したいです。


日付的には4日前になりますが、大谷翔平(花巻東・岩手)がMLB挑戦を表明。

一野球ファンとしては生でのプレイが見づらくなってしまうのは非常に残念ですが、メジャーリーグはベースボールにおける頂点であり、日本人の選手が若いうちからその舞台を目指し、挑戦する時代が来たということは一野球ファンとしては喜ばしい限りです。

今回の決断に関しては究極の決断などとも言われていますが、ドラフト4日前とギリギリになってしまったことからも想像が出来ますが、本人は相当悩んだ末での決断だったと思います。

10年後にメジャーの一線級で投げていたいという希望を持っているそうですが、言語など野球以外にも色々な壁があると思いますが叶えられるように頑張って欲しいですね。


メジャーを多く見る機会がない私としては、現状の大谷がどこまで通用し、どの程度の年数をかければメジャーでも活躍できるレベルに至れるのか想像がつきません。

夏は岩手大会決勝で敗れて甲子園出場はなりませんでしたが、投手としての素材は紹介ページなどにも記載していますが、間違いなく超高校級です。

最速160キロを叩き出したストレートの威力は同世代ではNO.1でしょう。

ただ、現時点では課題も多い投手です。

制球力・球質・変化球・スタミナ・勝負所でのテンポアップなど、改善できる部分が多く、ポテンシャルが高い投手ではありますが、まだ「勝てる」投手ではないです(度々書いていますがゲームメイク能力がまだまだ高くないです)。

マイナーでひたすら投げまくって高いレベルの試合経験を積んでいくと良いでしょう。

高校時代は怪我に苦しみ、思うように投げられない日々もありました。

怪我のない身体つくりをする必要もあるでしょう。

メジャーで先発で投げたいのならば、向こうは中4日100球がノルマのようです。

黒田博樹(現NYヤンキース)は既にメジャーにわたってかなり経っていますが、シーズン終盤はかなりしんどい雰囲気で投げていました(しんどい状態でも試合を作れるのは流石です)。

世界最高に厳しいリーグであることは間違いないので、シーズンを戦うための身体作り・ケアは最も大事な部分でしょう。


今回の大谷MLB挑戦表明が日本の野球ファンの物議をかもしだしていますが、ついにこの時がきたか、というのが第一報を聞いたときの当方の感想です。

日本の投手のレベルは世界的に見ても高水準にあり、大谷でなくてもドラフト1位クラスの高校生投手が直接メジャーを目指すことは考えられる時代になりつつありました。

田沢純一(ボストンレッドソックス)の際にも問題になったように、現行の制度では既に限界にきています。

騒動となってしまう展開が事前に予測できたにも関わらず、一高校生に決断を迫らせるような顛末になってしまったのは残念です。


日本ハムが大谷の1位指名を検討しているとの話もありますが、これもまた難しい問題です。

もし強行指名となれば昨年に続いてのサプライズ指名と言えそう。

ルール上問題がないという点に問題がありますね。

今回行われているとは思えないですが、選手に嘘をつかせて単独指名、競合相手を減らすということも考えられます。

話をすれば心変わりもあるかもしれないので指名したいという気持ちは分かりますが、今回は指名を避けるのが無難でしょう。

ルール上問題がなくても、一高校生を新たに騒ぎの渦中に投げ込むのは良くないです。

そんなことをして変な話題を振りまくよりも、別の有望選手を指名したほうがより建設的でしょう。


以前記事にしましたが、MLBは将来的に世界ドラフトを画策しているようです。

日本や韓国、台湾など独自に人気を博しているリーグを持つ国は対象外となると言われていますが、実際にどのような流れになるかは不透明。

8月末から行われた18U世界野球選手権も次回からU-18WBCとなり、MLBの世界市場戦略の流れを作る上で大きな役割を果たすかもしれません。

今のままだと日本の有望新人がメジャーへ次々流れていく展開も予想されます。

当たり前のことですが職業選択の自由があり、夢を持つのは人間として自然なことです。

プロを希望するアマ選手の新たなルール作りを制定していくべき時代になったのかもしれません。

田沢ルール(日本のドラフトを経ずにMLBへ行った選手は一定期間日本の球団と契約できない)のような妙な縛り・ルールを作るよりも、日本の野球を魅力的にしていき、選手たちがプレイしたくなるような環境を作り、ファンを楽しませていくことが何より大事だと思います。

ドラフト制度、FA制度、入札制度、プロアマ問題など改善すべき事柄は山積しています。

NPBは今オフにでも新たなルールを作るために動き出してくれることを一野球ファンとして切に願います。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。