11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成の鉄人・金本知憲が引退

金本知憲(阪神タイガース・外野手)が2012年9月12日に兵庫・西宮市内のホテルで会見し、今季限りでの現役引退を表明。


引退を考え始めたのは10日くらい前からとのこと。

以下は引退会見でのコメントを抜粋したもの。

「ほっとした一面もあるし、悔いも寂しい気持ちもある。でも、ほっとしたというのがかなり占めている。」

「もっとやっておけばいい数字が残せたという思いと、フルイニングというつらい記録をつくったり、よく頑張ったなという思いもある。特にこの3年間はみじめというか、プロ入りして最初の3年と最後の3年はこんな苦しい人生があるのかと。」

「一つはカープで優勝できなかったのがすごく残念。タイガースの歴史の中で一番強くて一番、人気があるときにプレーさせてもらって幸せな野球人生だった。」

「人生そのもの。10歳から始めて二、三割の喜び、充実感しかなかったけど、その少しを追いかけて七、八割は苦しいという野球人生だった。


晩年は正直本人の言うとおり厳しい状況でしたが、2003年と2005年の阪神優勝には欠かせない選手だったと思います。

全盛期の同選手は見事な打撃で球場を沸かせていました。

広島時代に優勝できなかったのはある意味運がなかったのかも。

90年代中盤の広島にはトリプルスリーも記録した野村謙二郎(現広島カープ監督)や本塁打王の江藤智(広島カープ→巨人→西武・現巨人コーチ)、天才と騒がれた前田智徳(広島カープ)、盗塁王の緒方孝市(広島カープ)、打点王も獲得した助っ人のロペスなど豪華なメンバーが揃っていましたが、優勝までいつも一歩及びませんでした。

連続出場に関しては、記録を作り上げるために無理に出場し続けるのは一野球ファンとしてはあまり良くないと思ってましたが、プロ野球はエンターテイメントの部分が大きいので盛り上げの意味を考えれば仕方がなかったのかも。

2007年に故障を抱えながら出場し続け、オフに初の手術を受け、これで限界かと思いましたが翌年に打率3割&27本塁打で復調したのは流石でした。

ただ、これが力を出せた最後の年で2009年以降は衰えが見られ、特に守備ではチームの足を引っ張る場面が目立つようになってしまいました。

自身の考えやチーム事情など色々あったと思いますが、2010年の連続出場が途絶えた年にでも引退していれば晩節は汚さずに済んだかも。

まだ今シーズンは終わっていませんが、ひとまずお疲れ様でした。


阪神タイガースは若手切り替えも叫ばれる中、思うような若手がなかなか出てこず、新たな暗黒時代到来とも揶揄されている厳しい状況。

猛虎の一時代を築いたビックネームの引退で、今後の阪神タイガースがどのようなチームになるのか。

今後の動向に注目したいです。


高校時代は広島・広陵高校に在籍し、2年生から中軸を打ち高校通算20本塁打をマークするが、甲子園出場はなし。

東北福祉大学に進学し、1年からレギュラーとして活躍し、佐々木主浩、斎藤隆、大塚孝二、矢野輝弘、浜名千広など後にプロ入りする面々と共に戦い、4年連続で全日本大学野球選手権大会に出場。

4度のうち1回優勝、2回準優勝と同大学の黄金時代を築き上げる。

初優勝を果たした4年時の決勝戦では左手首をはく離骨折していながら勝ち越しタイムリーを打ち、優勝に貢献。

1991年秋のドラフト会議で広島カープに4位指名を受けて入団(斉藤肇の外れ4位指名です)。

入団直後は打撃にパワー・迫力不足で、後に同チームの4番となる江藤智、前田智徳など後輩が次々と開花していく中、全く芽が出ず厳しい日々を過ごす。

外野守備も送球があまりにひどく、地面に向かって投げてしまう悪癖から「モグラ殺し」のあだ名を付けられるほど。

そのどん底と言える厳しい状況下で地道に鍛え続け、3年目を迎えた1994年から外野の一角としてレギュラーに定着。

1995年には5番として24本塁打をマークするなどして活躍し、初のベストナインを受賞。

1996年には初の3割、翌年には2年連続3割に加えて自身初の30本塁打もマーク。

1999年に史上49人目となるサイクル安打を記録し、同年7月18日の阪神戦より後に世界記録となる2010年途中まで続く連続フルイニング出場が始まる。

2000年に史上7人目のトリプルスリーを達成。

2002年オフにFA宣言し、阪神タイガースに移籍。

2003年移籍初年度から中軸として活躍して、阪神の18年ぶりのリーグ制覇に貢献。

2004年岡田新体制のもと、4番でフル回転の活躍で115打点で初の打点王を獲得(これがキャリア唯一の打撃部門で獲得したタイトル)。

翌2005年には打率.327、40本塁打、125打点とタイトルこそ逃していますが打撃3部門でキャリアハイをマークし、2年ぶりの優勝に貢献。

2006年4月9日の対横浜ベイスターズ戦でカル・リプケン(ボルティモア・オリオールズ)を抜く、904試合連続フルイニング出場の世界新記録を達成。

2008年には史上37人目の2000本安打を達成。

2010年4月18日に連続試合フルイニング出場の記録は1492試合で止まる。

2012年に大学出身の選手では初の通算2500安打を達成。


2012年9月11日時点での主な通算記録

通算2561試合出場

打率.285

2532安打

474本塁打

1517打点

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。