08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年夏の甲子園からベストナインを選出

2012年夏の甲子園におけるベストナインを当方の主観で選出してみました。

投手に関しては3人選出させていただきました。


投手

藤浪晋太郎(大阪桐蔭・大阪)

松井裕樹(桐光学園・神奈川)

神原友(東海大甲府・山梨)

藤浪に関しては圧倒的ピッチングもさることながら、スタミナとその配分にも驚かされました。

連投で最終回にMAXを出せるのは素晴らしいです。

次点の松井は、ストレートとスライダーのコンビネーションが抜群。

神奈川大会の時点で全国レベルのコンビネーションだと記していましたが、これまた見事としか言いようがないです。

神原は非常にテンポが良く、馬力のあるストレートを投げていました。

1回戦の成立学園戦の88球完投も見事ですが、龍谷大平安を相手に100球完投したのが素晴らしかったです。

その後も疲労が見える中要所を締めた投球でチームをベスト4まで導く粘投を見せてくれました。


捕手

森友哉(大阪桐蔭・大阪)

決勝前までは捕手として素晴らしかった杉原賢吾(明徳義塾3年/捕手)か打撃でずば抜けていた田村龍弘(光星学院・青森)をベストナインに選ぼうと考えていましたが、決勝戦で北條・田村の超高校級コンビを封じ、森の評価が打撃だけでなくリード面でもグンと上がりました。

松井・宇川の桐光バッテリーはインコースへのストレート攻めが主体。

ストレートを意識させてスライダーで空振りを取るか、力強いストレートでそのまま抑えていました。

東海大甲府の投手陣と石井信次郎(東海大甲府3年/捕手)も、インコースの速い球を意識させつつ、それを意識させながらアウトコースの球で勝負。

どのバッテリーも内外角の緩急を意識した投球で抑え込もうとしていましたが、僅かに甘く入ったところを打たれ、その結果敗れていました。

それら全てのチームが二人を抑えるために行ってきた配球を逆手に取るように、北條・田村に対して森は第1、第2打席と外いっぺんとうで攻めまくり抑えました。

北條の第2打席に外角のスライダーをとらえられ、センターフライを打たれたことで警戒したのか、第3打席はインコースも混ぜつつ抑えて、最後の打席は田村にインコースをヒットされるが、北條はアウトコースのストレートを打ち上げセカンドフライ。

3打席目からインコースも混ぜることで外いっぺんとうという意識をはずさせたのも大きかったです。

この日の藤浪の右打者のアウトコースへの制球はストレート、スライダーともに冴えており、これらを有効に使って北條・田村をほぼ完璧に抑え込みました。


一塁手

田端良基(大阪桐蔭・大阪)

一発長打ももちろん高評価ですが、決勝戦の光星学院の金沢が投じた低めのカーブを崩れながらも打ち返し、内野安打にした一打が何より良かったです。

あの一本の安打がその後の2得点につながり、試合を決定づけたと思います。


二塁手

鈴木拓夢(桐光学園3年/二塁手)

浦添商戦での先頭打者本塁打、駄目押しのスリーベースなど要所で打ち、守備でも松井を好守を見せてベスト16進出の原動力になりました。

走攻守揃った良い選手だと思います。


三塁手

相原洸介(東海大甲府3年/三塁手)

龍谷大平安戦の9回のファインプレーは良かったです。

あのワンプレーがなかったら東海大甲府のベスト4進出はなかったかもしれません。

打撃でも5試合連続安打と安定していました。


遊撃手

北條史也(光星学院・青森)

田村とともに各校のエースを打ち砕いた光星学院の3季連続準Vの立役者です。

今大会も4番として厳しいマークを受けながら打率.400、4本塁打、10打点をマーク。

同世代最強の右打者であることを大会を通じて証明してくれました。

守備面では凡ミスがありましたが、打撃面では圧倒的といって良い成績でした。

藤浪にこそ抑えられましたが、他の好投手を次々に打ち崩したのは流石です。


外野手

水本弦(大阪桐蔭3年/外野手)

巧打が光る大阪桐蔭の3番にして主将を務めるチームのまとめ役です。

打率.421、出塁率.541、打点4と活躍して春夏連覇に貢献。


呉屋良拓(浦添商3年/外野手)

初戦の愛工大名電戦で2安打3打点。

滝川二戦でも3安打を打ちました。

桐光学園の松井にはノーヒットに抑えられましたが、攻守でベスト16進出に貢献。


笹川晃平(浦和学院3年/外野手)

初戦の高崎商戦では1本塁打を含む3安打3打点。

この試合は本塁打以外も2本の二塁打。

聖光学院戦でも1本塁打を含む4安打3打点と活躍。

天理戦は最初の打席の死球、そして追う立場となり焦りが出たのか天理のエース・中谷佳太を相手に3打数ノーヒット(2併殺)と抑え込まれましたが、1、2回戦は見事な打撃でした。


一塁手は聖光の園部聡(聖光学院・福島)とどちらにするかで迷いました。

園部は2年なので来年の活躍を期待して、執念の打撃が光った田端を選出。

二塁手の鈴木拓夢に関しては神奈川は当方の地元ですが、贔屓目なしに攻守に好プレイを見せていました。

エース松井の力は何より大きかったと思いますが、鈴木の打撃、宇川の捕手としての好リード・キャッチング、バックの攻守などがあってのベスト16です。

三塁手は笠松悠哉(大阪桐蔭2年/三塁手)も候補でしたが、安定した活躍が見られなかったので、秋以降の伸びに期待。

渡邉諒(東海大甲府・山梨)は北條がいたため遊撃手で選出できませんでしたが、2年生としては抜群の活躍でした。

大阪桐蔭の森や笠松、聖光学院の園部らと並んで来年活躍を期待したい選手です。

後は外野手で天久翔斗(光星学院3年/外野手)なども選出しようか迷いました。

2回戦の神村学園戦では先頭打者本塁打を含む3安打1打点。

光星学院のリードオフマンとして鋭い当たりを連発。

初戦はミートポイントを広く取りバットに当ててヒットゾーンに落としてヒットを稼ぐタイプに見えましたが、2回戦以降はボールをきっちりとらえて鋭く打ち返す打撃に変わっていました。

田村のアドバイスでバットを変えたとのこと。

良い打撃をしているので上に行っても頑張って結果を残して欲しいです。


ベストナインとは少々離れますが、今大会最も驚愕だったワンプレイは桐光学園―常総学院戦の8回表1アウト走者なし、伊藤侃嗣(常総学院・茨城)がボテボテの投ゴロで内野安打を打った場面です。

桐光学園の松井が好フィールディングを見せましたが、伊藤が大きなストライドで一塁まで駆け抜けるのが一歩早かったです。

あの当たりでヒットにするのも凄いですが、あのヒットで試合の雰囲気がガラリと変わりました。

その後次打者が四球で歩かされると、そこから伊藤が三盗を決めて桐光学園バッテリーを揺さぶり、終盤追い上げの3得点へとつなげました。

この時の松井は光星学院戦と違いまだ疲労も少なく、比較的良い状態だったと思いますが、伊藤の底知れないポテンシャルに打ち崩されかけました。

6回の2得点も伊藤が四球を選んだところから始まっており、常総学院が松井から5得点できたのは伊藤の存在が大きかったと思います。

光星学院が攻め続けて終盤やっと打ち崩した松井を、一本の内野安打と一つの四球で乱れさせた伊藤の身体能力の高さは驚異的です。

まだ荒削りな部分が多く、素材型の域を出ていませんが、超素材型として今後も注目したいです。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。