05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北條・田村の一発攻勢!光星学院が東海大甲府を破って3季連続決勝へ

甲子園14日目、第2試合にて光星学院(青森)―東海大甲府(山梨)戦が行われました


先発は光星学院は城間竜兵(光星学院3年/投手・二塁手)。

東海大甲府の先発は本多将吾(東海大甲府3年/投手)。


光星学院は本多の立ち上がりを攻め、先頭の1番天久翔斗(光星学院3年/外野手)がいきなりフェンス直撃のツーベースで出塁。

いきなりの長打でざわめく中、2番関口隆祥(光星学院3年/外野手)が手堅く送りバント。

1アウト三塁で3番田村龍弘(光星学院・青森)はツーツーと追い込まれてから本多が投じてきたインコースのストレートを叩き、レフト前に鋭く打ち返し、光星学院が1点先制。

続く4番北條史也(光星学院・青森)に対し、ツーツーと追い込んでから投じたフォークが高めに甘く入り、これを北條が見逃さずに強打。

バックスクリーンに飛び込むツーランとなり、3-0と試合開始早々に光星学院がリードを奪う。

強打の光星学院を相手に本多も丁寧な投球で盛り返し、2、3回と無失点切り抜ける。

このまま追撃ムードを作りたいところでしたが、4回表に先頭の北條に2打席連発の本塁打を打たれて4点目を献上。

5回裏、城間の見事な制球の前に好機をつぶしてきた打線が1点を返すが、6回表に四球やエラーなどのミスが重なり2失点。

6回裏も東海大甲府の上位陣に安打がつながり1点を返すが、城間の粘りの前にビックイニングは作れず。

終盤田村の本塁打などで加点し、9-3で光星学院が東海大甲府を破って3季連続決勝進出を決める。


チーム名123456789
光星学院3001020039120
東海大甲府000011001391

東海大甲府の先発はエース神原友(東海大甲府・山梨)ではなく本多でした。

昨日の時点でも疲労感が見られ、168球完投してしまったので限界だったのでしょう。

本多の立ち上がりですが、追い込むところまでは良い球がいっていたのですが、追い込んでからの決め球が甘くなってしまいました。

その球を光星学院の北條・田村の中軸打者が見逃さなかったですね。


光星学院は打撃ばかりに目が行きがちですが、今日は守備も見事でした。

1回は捕手・田村が一塁への送球で走者を刺し、2回は城間が二塁への牽制球で走者をアウト。

東海大甲府はこういった好守に阻まれ、序盤から攻撃のリズムを作れませんでした。

特に田村の一塁送球は見事でした。

地肩の強さが際立っています。


城間のストレートのMAXは141キロ。

常時130キロ台前半から130キロ台後半をマーク。

変化球はスライダー、チェンジアップ、カーブ、フォークなどを投げていました。

内外角、低めを突く丁寧な投球で大きく傷を広げず。

6、9回に連打を打たれたものの、長打は2回に5番相原に打たれた二塁打のみ。

9回3失点と大崩れしない磐石のゲームメイクだったと思います。


東海大甲府のエース神原は7回からリリーフ登板。

6-2と点差は開いていましたが、中盤5、6回と1点ずつ返し、まだこれからという雰囲気を村中監督は神原投入で作りたかったのかも。

その意図を汲んだのか、それともリリーフ登板で後先考えずに投げられると判断したのか。

登板直後から前日とは打って変わって飛ばしていました。

ストレートもいきなり143キロをマークして、流れを変えて見せるというエースの気迫を感じました。

最初の打者の1番天久に対してストレート連発でゴロに仕留め、続く2番関口はフライ。

このまま三者凡退ならば勢いを引き戻せるか、というところで3番田村がストレートをヒット。

あっさり三者凡退しないところに試合巧者ぶりを感じます。

神原も続く北條を三振に打ち取り、こちらも流石エースというところを見せました。

しかし9回表、9、1番と連続安打を打たれると、田村に痛恨のスリーランを打たれました。

3球スライダーを続けていましたが、前の打席でストレートを打たれていたという意識があり、スライダーを多投してしまったのでしょうか。

これを見逃さずにスタンドに叩き込む田村の打棒には脱帽するしかないです。

正直、神原が万全の状態であったとしても抑えるのは厳しかったかも、そう思わせるほどに光星学院の打線の破壊力は圧倒的でした。


これで決勝戦は春のセンバツに続き、大阪桐蔭―光星学院に決定。

光星学院は3季連続での決勝進出と安定感がありますが、あと一歩の所で優勝旗を逃し続けています。

3度目の正直があるのか。

はたまた史上7校目の連覇がなるのか。

次の試合が2012年夏の決戦です。


投手成績

光星学院

選手名投球回数打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球失点自責点
城間 竜兵9回34107904033

東海大甲府

選手名投球回数打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球失点自責点
本多 将吾4回1769522044
木下 樹2回1043203220
神原 友3回1548513133

※各種数字については打ち間違え等もあるかもしれないので、参考程度に見てください。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。