10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪桐蔭が明徳義塾を破り春夏連覇に王手!

甲子園14日目、第1試合にて大阪桐蔭(大阪)―明徳義塾(高知)戦が行われました


先発は大阪桐蔭は藤浪晋太郎(大阪桐蔭・大阪)

明徳義塾の先発は今大会2度目の先発の福永智之(明徳義塾・高知)


明徳義塾の先発・福永は大阪桐蔭の1番森友哉(大阪桐蔭・大阪)に四球を与えてしまうと、2番大西友也(大阪桐蔭3年/二塁手)が犠打を決め、3番水本弦(大阪桐蔭3年/外野手)は2球目のやや外の137キロの球をヒット。

4番田端良基(大阪桐蔭・大阪)は1ストライクから福永が投じた135キロのストレートを打ち、これが犠牲フライとなって大阪桐蔭が初回に先制。

初回の先制で流れは大阪桐蔭へと傾くかと思われましたが、福永が2回以降は立ち直り、ストレートとスライダーのコンビネーションで大阪桐蔭打線の攻勢をかわしていく。

大阪桐蔭は粘る福永をとらえきれずにいたが、対する大阪桐蔭・先発の藤浪は序盤から快調に飛ばし、明徳義塾打線を寄せつけない。

1-0と緊迫の投手戦は中盤まで続き、迎えた6回裏。

福永は先頭の1番森をアウトコースの球でフライに仕留めて1アウトとするが、続く2番大西に3球目のストレートがインコースを鋭く突けずヒット。

3番水本も抑えて2アウトまでこじつけるが、4番田端には制球が乱れてデッドボール。

5番安井洸貴(大阪桐蔭3年/外野手)には初球ストライクが入るが、その後3球続けてボール。

さらに2球粘られた後、7球目の137キロのストレートが甘く入り、これを強打されてフェンス直撃のツーベース。

走者二人を返し3-0となったところで明徳義塾の馬淵監督が動き、福永から岸潤一郎(明徳義塾1年/外野手・投手)に交代。

しかし勢いは止められず、続く6番笠松悠哉(大阪桐蔭2年/三塁手)に三遊間を抜かれて4点目。

9回表に明徳義塾は2アウト二・三塁と好機を作るが、藤浪の前に本塁は遠く。

大阪桐蔭が4-0で明徳義塾を破り、春夏連覇に王手をかけました。


チーム名123456789
明徳義塾000000000020
大阪桐蔭100003000451

両先発が好投する非常に締まった好ゲームでした。

福永の好投がこの試合を締まったゲームにしてくれました。

初回の四球からの失点で制球に苦しむ投球がよぎりましたが、そこを1点で踏ん張ると、それ以降は粘りの投球。

福永のストレートは139キロ。

常時130キロ台前半から130キロ台後半をマーク。

このストレートを主体で攻め、後はスライダーを混ぜていきます。

シンカーは制球に甘さが目立つと感じたのか、ほぼ投げていなかったように見えます。

大阪桐蔭の打者を相手に失投すれば一発長打があるので、その点を考慮してより精度の高いボールで勝負に行ったのかも。

ストレートは制球をより意識したのか、球速自体はいつもより出ていませんでしたが、前回登板や過去の投球と比べるとかなりまとまった投球に見えました。

会心の力投と言っても良いピッチングですね。

しかし、6回に僅かなコントロールミスからほころびが出て、それを大阪桐蔭が逃しませんでした。

大阪桐蔭打線を相手に試合を作ってきたので、スタミナ面での消耗が精神面も含めて激しかったのかも。

馬淵監督すれば投手交代が一手遅れたという想いがあるでしょうが、あれだけの熱投を見せられるとなかなか交代させづらいです。

ほころびを見逃さなかった大阪桐蔭打線が一枚上手だったということでしょう。


藤浪のストレートのMAXは152キロ。

常時140キロ台中盤から140キロ台後半をマーク。

スライダー、カットボール、フォーク、それからツーシームも投げていたように見えます。

明徳義塾打線は全体的に高めのつり球に手を出していました。

長身から投げ下ろすストレートと鋭く落ちるスライダーの高低差を生かした投球に対し、高めのボールの見極めが出来なくなったんでしょう。

藤浪は最終回にまたも最速の数字を記録。

相変わらずスタミナに余力を残した雰囲気ですが、真っ直ぐに力を入れると制球が悪くなり結構痛打されています。

力むと制球が悪くなる上、球速表示ほどの威力がなくなってしまうので、力のある打者だと長打を狙えます。

捕手の森は藤浪の力みに気がついたのか、9回は死球を出した後ですかさずマウンドに駆け寄りました。

この後5番宋コウ均にライトへ鋭く打たれてピンチを広げましたが、最後は6番杉原を150キロのストレートでゴロに抑えて完封。

森がマウンドに行ったことで力みが取れ、完封につながりました。

森は今日は打撃では福永の力投の前にノーヒットに終わりましたが、リード面では藤浪を上手くリードしていたと思います。


1年生にして衝撃の甲子園デビューを飾った明徳義塾の岸ですが、2番手に登板して好投。

交代が一手早ければと思わすほどの見事なリリーフで、8回は2番大西、3番水本、4番田端を三者連続空振り三振。

ストレートのMAXは138キロ。

常時130キロ台前半から中盤あたりをマーク。

変化球はスライダー、フォークあたりを投げていたと思います。

制球・テンポが良く、大阪桐蔭の各打者に自分の間合いで打たせていませんでした。

大舞台にも動じず、制球の乱れもほぼ見られなかったので、来年以降が楽しみな逸材です。


福永・岸、それからこの試合登板しなかった福丈幸(明徳義塾・高知)の好投を引き出した杉原賢吾(明徳義塾3年/捕手)の好リードは見事でした。


点差は4点で締まった展開でしたが、投打に大阪桐蔭がまたも力を見せ付けたという印象。

明徳義塾のバッテリーは良く粘っていましたが、明徳義塾打線は藤浪を攻略できるだけの打力がなかったです。

これで大阪桐蔭は春のセンバツに続いての決勝進出。

ついに春夏連覇に王手をかけました。

史上7校目の連覇がなるのか決勝も注目です。


投手成績

明徳義塾

選手名投球回数打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球失点自責点
福永 智之5回2/32390403344
岸 潤一郎2回1/3830103000

大阪桐蔭

選手名投球回数打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球失点自責点
藤浪 晋太郎9回33133208300

※各種数字については打ち間違え等もあるかもしれないので、参考程度に見てください。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。