05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第94回全国高校野球選手権大会11日目の結果と感想

第94回全国高校野球選手権大会11日目の結果と感想


1試合目:作新学院(栃木)―仙台育英(宮城)

3-2で作新学院(栃木)が勝利。

仙台育英の先発は初戦・2回戦同様に渡辺郁也(仙台育英3年/投手)。

作新学院の先発は、背番号10の左腕・筒井茂(作新学院3年/投手)とこちらも3試合目の登板。

仙台育英は筒井の立ち上がりを攻め、1回表1アウトから連打で1点先制。

直後の1回裏、作新学院も渡辺の立ち上がりを攻め、5番山下勇斗(作新学院2年/一塁手)のあわやホームランというフェンス直撃の一撃で2点を挙げ、2-1と逆転。

早々に逆転された仙台育英は、直後の2回表に6番渡辺が外めのストレートを振りぬき、スタンドまで運び同点。

点の取り合いはここまでとなり、これ以降は両先発が好投。

しかし、内容的にはまるで反対で、安打を重ねて次々と走者を送る作新学院に対し、要所を締めた投球で渡辺が粘って点を与えず。

仙台育英は左腕・筒井に対して手が出せず。

5回表の先頭打者に四球を与えたところで水沼和希(作新学院3年/投手)にスイッチ。

水沼はこのピンチでシュートを連投し、1番高橋竜之介(作新学院3年/遊撃手)を凡打に仕留める。

この後もシュートを主体に130キロ台中盤のストレート、スライダー、フォークを織り交ぜて凡打の山を築いていく。

毎回のように走者を出しながら攻め切れない作新学院は7回裏、1アウトから1番石井一成が初球打ちで出塁。

二塁まで進むと、2番鶴田剛也(作新学院3年/外野手)はワンワンから渡辺が投じた外角へのストレートをはじき返し、これがヒットとなり3-2と勝ち越し。

仙台育英は8回表2アウトから連打を打ち、長打が出れば逆転もありえるという場面を作るが、水沼のシュートに3番星隼人(仙台育英3年/外野手)が打ち取られ、9回も4・5・6番と凡退し、作新学院が接戦を制しベスト8進出。

打って勝ち上がってきたチーム同士の対戦になりましたが、非常に締まった展開になりました。

仙台育英の渡辺郁也は投打で見事な活躍でした。

ピッチングでは粘り、打撃では同点本塁打。

前の記事で同試合の展開を予想しましたが、渡辺の状態次第ではワンサイドになる可能性も示唆しましたが、本当に粘り強かったですね。

この粘る渡辺に対し、作新学院の筒井・水沼の二投手は非常に安定していました。

水沼はシュートで凡打の山を築き、5回を投げて2安打無失点。

8回に連打された以外は危なげのない投球でした。

作新学院の二投手は、テンポ良く投げ走者もそれほど出さず打線に良いリズムを与えていました。

渡辺は粘ってはいましたが、10安打されるなど毎回走者を出す苦しい投球が続き、これが打線に良いリズムを与えなかったのかもしれません。

その差が終盤での1点差を生んだような気もします。


2試合目:桐光学園(神奈川)―浦添商(沖縄)

4-1で桐光学園(神奈川)が勝利。

注目のカードだったので別途記事上げさせていただきました。

松井が3試合連続二桁奪三振で1失点完投、桐光学園がベスト8!


3試合目:天理(奈良)―浦和学院(埼玉)

6-2で天理(奈良)が勝利。

こちらも注目のカードだったので別途記事上げさせていただきました。

天理・中谷が9回2失点完投!浦和学院がベスト16で散る


4試合目:宇部鴻城(山口)―東海大甲府(山梨)

3-2で東海大甲府(山梨)が勝利。

先発は宇部鴻城が3試合連続先発の笹永弥則(宇部鴻城3年/投手)。

東海大甲府は今大会初先発の本多将吾(東海大甲府3年/投手)。

東海大甲府はエース神原友(東海大甲府・山梨)の疲労を考慮したのか、3戦連続の先発は回避。

笹永は初回に四球二つを出すが、決定打を許さず。

本多も四球、自身のファンブルとバタつきそうになるが踏ん張り、両投手ともに序盤は無失点。

5回表、ここまで1安打ピッチングと快調に飛ばしてきた本多が突如としてつかまる。

1アウトから7・8・9番と連続二塁打で2点を献上。

甘く入ったストレートを次々と長打されていたが、1、2番はなんとか抑えて2点でしのぐ。

追う東海大甲府も下位打線が奮起。

7番、8番(代打)の作った好機を1番渡邉諒(東海大甲府・山梨)が生かし、ツーツーから笹永が投じたスライダーを叩き、タイムリースリーベースで2-2の同点。

同点とした直後の6回表、本多から神原へスイッチ。

ストレートは常時130キロ台後半で140キロ超連発ではないものの、フォーク、カーブ、スライダーと変化球も駆使して勢いに乗る宇部鴻城の攻勢をかわす。

8回裏、ノーアウトから8番神原が悪送球で出塁。

9番板橋大がきっちり送りバントを決めると、同点打を打っている1番渡辺は敬遠四球。

続く2番新海亮人のワンワンからランエンドヒット!

三塁走者の神原がホームをつき、3-2と勝ち越し。

結局この1点が決勝点となり、3-2で東海大甲府が競り勝ってベスト8最後の切符を勝ち取る。

6回の神原投入のタイミングが見事でした。

本多も5回はどうにか2点で踏ん張りましたが、あれ以上投げれば一気に3、4点失っても不思議ではなかったです。

5回にチャンスメイクした下位打線、同点打を打った渡辺も素晴らしかったです。

代打、継投と采配が当たりました。


今日の試合は監督の采配で流れが変わった試合が多く、競った緊迫のゲームが多かったです。

エース渡辺に託した仙台育英と継投の妙を見せる作新学院。

それぞれエースに託した桐光学園と浦添商。

エース温存の浦和学院とエースに託した天理。

エースに託した宇部鴻城と勝負所で温存したエースを登板させた東海大甲府。

各校の監督に目標がありそこを目指していると思いますが、采配の違いがこれほどくっきりと陰影を見せるとは…。

先を考えたであろう浦和学院と他チームとの差がはっきりと出てしまいました。

甲子園は一発勝負のトーナメント戦。

もちろん、先を見据えた采配も大事ですが、この競ったレベルでは僅かな采配のミスが敗北への扉を開いてしまいます。

明徳義塾の馬淵監督の1年生起用、大阪桐蔭の藤浪温存策などが浦和学院の森監督の采配を狂わせたのか。

素晴らしい野球センスを備えたエース、それを援護する打線も全国トップクラス。

全国制覇も狙えた布陣だっただけに、ここでの敗退は勿体無いです。

東海大甲府の村中監督は、温存した神原を最高のタイミングで投入。

勝つにはあのタイミングしかないと後から言われるような見事なタイミングでした。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。