08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天理・中谷が9回2失点完投!浦和学院がベスト16で散る

甲子園11日目、第3試合にて浦和学院(埼玉)―天理(奈良)戦が行われました


先発は浦和学院は今大会初登板の山口瑠偉(浦和学院2年/投手)。

天理は3度目の先発となる中谷佳太(天理3年/投手)。


浦和学院が1回表にあっさり三者凡退にきってとられると、1回裏、天理は1番早田宏規(天理2年/外野手)がワンワンから4回ファールと粘ると、焦れたのか浦和学院・先発の山口が死球を与えてしまう。

次打者がエンドランで進塁打となって二塁へ進め、3番も倒れて2アウト二塁。

制球が定まらない中、4番の古田塁(天理2年/三塁手)には四球、5番稲別晶(天理3年/一塁手)には初球直撃で死球。

満塁のピンチを背負うと、さらに暴投も重なりノーヒットで先制点を献上。

浦和学院も中谷を攻め立て直後の2回表にスクイズで追いつくが、山口は2回裏も2アウトからストレートの四球で走者を背負うと、1番早田、2番東原匡志(天理2年/外野手)の連続タイムリーで天理が2点勝ち越し。

3回裏、不安定な立ち上がりだった山口から2番手小島和哉(浦和学院1年/投手)に交代。

しかし交代早々に連打され、犠牲フライで1失点。

5回にも連打を浴び、 けん制悪送球や林崎龍也(浦和学院3年/捕手)の悪送球もあり2失点。

なんとか追いすがりたい浦和学院打線でしたが、天理・先発・中谷のコーナーをついてくる見事な制球の前に決定打が打てず。

2-6と4点差で迎えた6回表、浦和学院は流れを変えるためかエース佐藤をマウンドへ送る。

エラーで出塁を許すが、きっちり抑えて援護を待つ。

しかし頼みの強力打線も中谷のボールを最後までとらえきれず、6-2で天理が浦和学院を破って8年ぶりの準々決勝進出を決める。


チーム名 123456789
浦和学院 010100000271
天理 12102000×6101

浦和学院は先発山口は制球が乱れて一人相撲で失点。

2番手小島は天理打線に通じず、滅多打ちに近い状態でした。

この二人で中盤5回までに6失点。

捕手・林崎のまさかの悪送球など不運もありましたが、この6失点が重くのしかかりましたね。


天理の先発中谷ですが、ストレートのMAXは137キロ。

常時120キロ台後半から130キロ台前半をマーク(ほぼ130キロ台前半でした)。

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ。

終盤に入ってもテンポが変わらず、球威も安定していました。

制球はコーナーを上手く突き、浦和学院打線のミートポイントをわずかにずらして凡打の山を築いていました。


浦和学院は結局中谷から連打を打てず、1、2番が揃って4打数ノーヒットと抑えられて、中軸にチャンスを回せなかったのも響きました。

逆に天理は1・2年生投手を相手に集中打を見せて次々に加点してきました。


佐藤拓也(浦和学院・埼玉)の先発回避について浦和学院の森監督は

「エース佐藤が2試合、あまり良くなかった。埼玉大会でも先発させた山口に任せたのだが」

苦渋の決断だったとのこと。

結果論になりますが、この大舞台で経験の浅い1・2年生にいきなり大事なところを任せるのは難しかったかも。

1回戦は終盤に得点を挙げたので出しづらいですが、聖光学院戦は終盤点差もあったので出せたような気もします。

聖光学院打線は福島大会では集中打を見せるなど、破壊力もある打線なので警戒していたのかもしれないですが…。

トーナメントを戦う上で1・2年生投手をマウンドに送る考えがあったのならば、1、2回戦のどちらかでリリーフでも良いので使うべきだったかも。

エース以外の投手の好投があればグッとチーム力が増しますが、ギャンブル性は高いです。

1年生投手を0-0の場面でリリーフさせた明徳義塾の馬渕監督のように森監督は全国制覇を見据えていたのかもしれませんが、エースの温存策が裏目に出た格好です。

勝てば対戦することになった大阪桐蔭の影を意識しすぎてしまったのかもしれません。

「前半の失点が大きすぎた」

とのコメントを森監督は残しているそうですが、せめて2番手で佐藤を使っていれば勝敗の天秤の傾きも変わったかもしれません。

強力打線も追う立場になり焦りが生じ、尚且つ天理・中谷のテンポの良い好制球に最後の最後まで苦しめられました。

天理は超高校級とまではいかないものの、ゲームを作れる好投手が幾人かいると聞いていました。

センバツの怪我から復帰した中谷は、流石古強者の天理のエースナンバーを背負うだけあって、ゲームメイク能力が高い投手でした。

天理の橋本監督は

「3回裏で潰れてもいいから、というつもりで送り出した」

とのことですが、9回2失点完投と最高の出来でした。


野球センスの塊・佐藤拓也のラストサマーはベスト16で終焉。

リベンジを誓った大阪桐蔭との再戦まであと一つでしたが、再戦は叶わず。

投手としては自身が打たれて負けたわけではないので無念でしょうね。

天理戦での成績は打者としては4打数1安打(投手成績は↓記事下部をご確認ください)。

甲子園の3試合を通じて打者として非凡なものを見せつけました。

投手としても天理戦ではリリーフ登板でしたが、好リリーフで相手に流れは渡さず。

大学へ行くのか、それともプロに行くのか、進路の行方は分からないですが、この敗戦すらも糧にして大きく飛翔してくれることを一野球ファンとして期待しています。


大阪桐蔭は最強チームですが、昨秋の近畿大会では勝利しています。

その時点とお互いチーム力がまるで違うと思いますが、今日の試合を見る限り投手陣が踏ん張れれば勝ち目はありそう。


投手成績

浦和学院

選手名投球回数 打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球 失点自責点
山口 瑠偉2回 1245200433
小島 和哉3回 1658702031
佐藤 拓也3回 1049102100

天理

選手名投球回数 打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球 失点自責点
中谷 佳太9回36124712322

※各種数字については打ち間違え等もあるかもしれないので、参考程度に見てください。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。