05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松井が3試合連続二桁奪三振で1失点完投、桐光学園がベスト8!

甲子園11日目、第2試合にて桐光学園(神奈川)―浦添商(沖縄)戦が行われました


先発は桐光学園が今大会3度目の登板の松井裕樹(桐光学園・神奈川)

浦添商も同じく3度目の登板の宮里泰悠(浦添商・沖縄)


ゲームは開始早々に動きました。

1回表、桐光学園の1番鈴木拓夢(桐光学園3年/二塁手)がワンツーから宮里が投じた真ん中高めのストレートを上から鋭く叩き、打球は一直線にスタンドへ。

鈴木の先頭打者本塁打で桐光が学園が先制すると、3回表にはこれまたこの回先頭の3番水海翔太(桐光学園2年/外野手)が初球の真ん中高めあたりにきたカーブを強打し、レフトスタンドへ運び2点目。

桐光学園は毎回のように走者を出し、浦添商の宮里に対しプレッシャーをジワリジワリとかけていく。

エースを援護した浦添打線は、バットを短く持ってノーステップで打ちにいき、ボールを見極めて好球必打を狙うが、三振を奪われることは少ないが、強く打てずに打球は外野になかなか鋭い当たりが飛ばず。

鋭い良い当たりが出たときも守備陣のファインプレイに阻まれ、得点まで結びつけることが出来ず。

6回表、ツーアウト走者なしから8番武拓人(桐光学園・神奈川)が一塁のボテボテゴロで快速を飛ばして内野安打。

9番中野がレフト前でつなぐと、打席には初回に本塁打を打っている1番鈴木を迎える。

伝令がマウンドに送られると、ここで勝負を選択。

ボールが二つ続くが、ストレート、フォークで2つストライクを奪う。

宮里が投じた勝負の5球目は、やや外よりの渾身のストレート。

鈴木はこれを初回の本塁打のときと同様に上から鋭く叩き、バットで切るように打ち返された打球は左中間へ。

外野の間に打球が落ち、歓声の中、二塁、そして一塁走者も本塁へ。

鈴木のスリーベースで桐光学園が4-0と突き放し、浦添商の宮里はここで降板。

これで流れは一気に桐光学園へ傾くかと思われましたが、8回裏、先頭打者の7番照屋光(浦添商・沖縄)がフルカウントの末に甘く入ってきたストレートをレフトスタンドに運び、4-1と差を3点に縮める。

会心の一打で士気が上がる浦添商打線に対し、ここで松井がテンポアップ。

今まで制球重視で抑えていたストレートのギアを一つ上げ、この日のMAX145キロをここでマーク。

ストレートの力押しで打者を圧倒し、三者連続の空振り三振。

9回裏、粘る浦添商は1アウトから3番宮里がレフトへツーベース。

さらに4番呉屋良拓(浦添商3年/外野手)がツーワンからボールを良く見極め、四球を選んで出塁。

ここが勝負所だと代打に金城魁(浦添商3年)を送るがツーストライクからワンバウンドになるスライダーを投じられ空振り三振。

最後の打者はストレート連発で空振り三振で抑え、4-1で桐光学園が浦添商を破ってベスト8進出。


チーム名 123456789
桐光学園 1010020004101
浦添商 000000010141

桐光学園は松井投手のピッチングはもちろん見事でしたが、守備も良かったです。

特に鈴木・武の二遊間は好プレイを見せて、松井を盛り立てていました。

松井は立ち上がりからスライダーを見られ、ストレートも全開時よりは抑え気味。

疲労もあるのかと感じさせる中、浦添商打線はノーステップ&バットを短く持ち、今治西・常総学院をきりきりまいにしてきた松井のボールを当てていく。

しかし、ヒットは出ても外野の前に落ちるヒットだっったりして、鋭い当たりや連打は出ず。

内野陣の間を鋭く抜いたり、外野まで大きな打球が飛ばすこともなく。

松井対策をしっかりしてきた浦添商打線の裏をかき、桐光学園バッテリーは序盤から中盤にかけて打たせて取っていましたね。

あれだけバットを短く持って、慣れないであろうノーステップ、さらにボールを見極めるために集中力を使えば、各打者がいつものスイングで強くはじき返せるはずがないです。

コンパクトに振って運良く外野の前に落ちたりしたのがヒットになりましたが、鋭い当たりは中盤までは皆無に近かったです。

桐光学園バッテリーの術中にハマった浦添商打線は凡打の山を築きました。


浦添商の先発はエースの宮里。

序盤に1番鈴木・3番水海と手痛い一発を浴びましたが、疲れのある中よく投げていたと思います。

ストレートのMAXは140キロ。

常時130キロ台中盤から後半をマーク。

変化球はスライダー、フォーク、カーブ、ツーシーム、スプリットあたりを投げていたと思います。

ストレート主体で丁寧に投げ込み、走者を出しながら粘っていました。

全体的に制球はまずまずでゲームメイク能力の高さを感じさせる投球でした。


その粘る宮里にトドメをさし、試合を決めたのが1番鈴木。

最初の打席の本塁打も見事でしたが、6回表の宮里との勝負の場面は見応えがありました。

ツーツーからのストレートを思い切り叩き、左中間を破るスリーベース。

今日はジャンプ一番でライナー性のあたりをキャッチするなど、攻守にわたって見事な活躍。

この試合のベストプレイヤーと言っても良いです。

この鈴木の一打を生んだのは8番武の内野安打ですが、あの当たりで一塁セーフにされたら投手は厳しいですね。


浦添商の2番手照屋は好リリーフでした。

ストレートはMAX148キロ。

常時130キロ台後半から140キロ台前半をマーク。

基本ストレートで攻め、スライダーを混ぜてきました。

制球に関しては初戦と比べると修正されていました。

精度を上げていき、ゲームメイクできる力を伸ばしていきたいですね。


松井のストレートのMAXは145キロ。

常時130キロ台後半から140キロ台前半をマーク。

変化球はスライダー、カーブ。

2回戦で投げたチェンジアップは見られなかったような気がします。

もちろん疲労もあったと思いますが、序盤は抑え気味に投げていたように見えました。

テンポアップしたのは8回の本塁打を打たれた後ですね。

一気にギアを上げて、MAXのストレートをズバズバ投げ込み、打者を圧倒して流れを引き戻しました。

3試合連続の二桁奪三振も好記録ですが、対策を練ってきた浦添商を相手に1点で抑えたことが素晴らしいです。


松井の1失点完投&4安打12奪三振の好投で桐光学園が勝利。

打線も2本塁打、2アウトからの連打で得点と好投手・宮里を攻略。

投打ともに状態は良さそうですが、やはり松井の疲労がどの程度なのかが気になるところ。

神奈川大会準決勝の平塚学園戦の終盤は、今日よりもきつそうに見えましたが、疲労はたまっていると思われますが、

「後半はストレートの感覚がつかめたので、ストレートを多めに投げました。スタミナは全然大丈夫です」

と試合後にコメント。

全然大丈夫とは流石に思えないですが、神奈川大会よりきつそうには見えなかったのも確かです。

本来今日は先発せずにリリーフ登板か、完投させない、もしくは休養に当てるというのが良かったのかもしれませんが、浦添商打線のレベルを考えると、1年生の山田投手では厳しかったでしょう。

序盤にリードを奪われれば、正直打線に破壊力がない桐光学園ではひっくり返すのは大変です。

松井が頭から投げなければ今日で夏が終わっていた可能性もあったでしょう。


準々決勝の相手は光星学院(青森)に決まりました。

北條・田村と超高校級の打者を中軸に据えており、破壊力は全国でも有数。

松井が万全の状態でも厳しいと思いますが…と同じようなことを神奈川大会決勝の桐蔭学園戦の前にも記しましたが、あの時も登板して完投してしまいました。

松井は光星学院について

「すごくバッティングのいいチーム。1人1人、1球1球力を込めます。三振は今日と同じように狙っていかず、ピンチになったら狙っていきたい」

とのコメントを残しました。

北條・田村を中心とした強力打線を完璧に封じるのは難しいでしょう。

打線が桐蔭学園戦のように松井を助けて上げられるかが勝負の鍵になりそう。

ベスト8最初の試合ですが、準々決勝以降のトーナメントを占う上で最初の山場になりそうです。


投手成績

桐光学園

選手名投球回数 打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球 失点自責点
松井 裕樹9回 331424112311

浦添商

選手名投球回数 打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球 失点自責点
宮里 泰悠5回2/328106925344
照屋 光3回1/31440101300

※各種数字については打ち間違え等もあるかもしれないので、参考程度に見てください。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。