07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第94回全国高校野球選手権大会8日目の結果と感想と9日目について

第94回全国高校野球選手権大会8日目の結果と感想と9日目について


1試合目:立正大淞南(島根)―作新学院(栃木)

19-3で作新学院(栃木)が勝利。

作新学院が投打に圧倒。

作新学院は4回表、3番篠原優太、4番高山良介に連続本塁打。

中盤以降打線爆発が止まらず、現時点で今大会最多の19安打19得点をマーク。

4番高山は1本塁打を含む5安打4打点。

3番篠原は1本塁打を含む4安打6打点。

二人だけで10打点と猛打を奮っていますね。

5番の2年生山下勇斗(作新学院2年/一塁手)も7回に本塁打を打っており、2安打4打点。

関東有数のクリーンナップだとは思っていましたが、本当に凄まじい破壊力です。

立正大淞南の先発・山下真史(立正大淞南3年/投手)は、序盤はなんとか踏ん張っていましたが、 二順目からの猛攻に耐え切れなかったです。

守備の乱れがなければもう少し抑えられたかもしれませんが、絶対的な球威に欠けていたことが厳しかったです。


2試合目:桐光学園(神奈川)―常総学院(茨城)/p>

7-5で桐光学園(神奈川)が勝利。

注目のカードだったので別途記事上げさせていただきました。

粘る常総学院を振り切り、桐光学園が3回戦進出!


3試合目:浦添商(沖縄)―滝川二(兵庫)

6-1で浦添商(沖縄)が勝利。

浦添商打線が滝川二の先発・佐藤智貴(滝川二3年/投手)の立ち上がりを攻め、3回までに5得点。

3回はクリーンナップの3連打(5番当真寿斗(浦添商3年/二塁手)はランニングホームラン)で3得点。

6得点で済んだのが不思議なくらい打ちまくっていました。

作新学院あたりと比べると拙攻も目立ちますが、序盤の集中打は見事です。

滝川二の佐藤はよく粘っていましたが、序盤3回が悔やまれますね。

浦添商は先発宮里泰悠(浦添商・沖縄)が7回6安打2四死球1失点と安定感を見せました。

継投したのは照屋光(浦添商・沖縄)ではなく、金城仁力(浦添商2年/投手)でした。

120キロ台後半のストレートと変化球はカーブ、スライダーあたりを投げていたように見えました。

外に丁寧に投げ込み、2回無失点で切り抜けました。

照屋は修正点を直しきれずに登板しなかったのか、それとも点差があったから別の投手に経験を踏ませたかったのか。

宮里は4番エースで大車輪の活躍を見せているので、疲労を考えると次もガンガン投げていくというのは流石に厳しいかも。

今日も終盤は疲労感をにじませていたように感じました。

登板しなかった理由は分かりませんが、次は照屋が先発、もしくはリリーフで投げないと厳しそうです。

金城も点差があったので楽に投げられましたが、競った場面では球威を考えると厳しいと感じました。


4試合目:天理(奈良)―鳥取城北(鳥取)

6-2で天理(奈良)が勝利。

天理の中谷佳太(天理3年/投手)が5安打無四球2失点で完投勝利。

天理は2回裏、鳥取城北のエラーからチャンスを得ると、1~3番が3連打で一気に4得点を挙げ試合の流れを引き寄せました。

このリードを中谷投手が丁寧な投球で守りきりました。

投打がかみ合った天理の完勝ですね。

中谷投手は大崩れしない良い投球でした。


9日目の試合は↓こちらの3カードです。

第1試合 浦和学院(埼玉)―聖光学院(福島)

第2試合 宇部鴻城(山口)―佐世保実(長崎)

第3試合 龍谷大平安(京都)―東海大甲府(山梨)


明日も注目カードが続きますね。

個人的に最注目は第1試合の浦和学院(埼玉)―聖光学院(福島)。


昨夏の王者・日大三を破り、初戦突破を果たした聖光学院。

東北NO.1スラッガーへの頂へ着々と登る聖光学院の2年生4番・園部聡(聖光学院・福島)

初戦で日大三の攻勢をその制球力で封じた岡野祐一郎(聖光学院・福島)

元々総合力が高いチームですが、日大三という強豪との初戦を接戦で制して勢いも得たと思います。


投げては完封、打っては苦手といわれた左腕を苦にせず2安打をマークした野球センスの塊・佐藤拓也(浦和学院・埼玉)

浦和学院は投打に引っ張る佐藤を中心に、これまたレベルが高く、総合力で見れば関東ではNO.1と言っても良いチームです。

関東では打倒大阪桐蔭に最も近い高校だと考えています。


佐藤と林崎龍也(浦和学院3年/捕手)のバッテリーは呼吸も良く、林崎はリードも巧みです。

浦和学院バッテリーが仕掛けてくるインコースへの強気の攻めに対し、聖光学院打線がどのように立ち向かうのか。

初戦の投球すら残像に使い、裏を付いてくることも考えられ、また浦和学院バッテリーはそれを実行できるだけの技術は持っています。

聖光学院の岡野も初戦は見事な制球で好投しましたが、浦和学院打線は日大三よりも功打力が高い選手が揃っています。

対応力も高く、ヒットを打つ力に関しては上と考えています。

制球を出来る限り乱さず、かつリード面にも工夫してゲームメイクをしないと、中盤以降しのぐのが厳しくなりそう。

岡野が降板するような展開に持ち込まれると、聖光学院は厳しいですね。


第3試合の龍谷大平安(京都)―東海大甲府(山梨)戦にも幾人か注目選手が出ていますが、龍谷大平安は4番高橋大樹(龍谷大平安高校・京都)を筆頭に強打者・巧打者揃いです。

初戦も終盤の逆転劇で勝ってきているので、粘りもあるチームです。

その強力打線に対するのは初戦をわずか1時間16分という時間で勝った神原友(東海大甲府・山梨)

龍谷大平安打線が高レベルのパワーピッチャーである神原のストレートに打ち負けず、かつスライダーを見極められるかが攻防の分かれ目になりそう。

それから、初戦で先発した田村嘉英(龍谷大平安3年/投手)が真ん中近辺に球が集まり打ち込まれたので、それをどこまで修正できるのかが気になるところ。

あのままの状態だと東海大甲府打線を抑え込むのは厳しく、大量失点する可能性も高いです。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。