05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粘る常総学院を振り切り、桐光学園が3回戦進出!

甲子園8日目、第2試合にて桐光学園(神奈川)―常総学院(茨城)戦が行われました


先発は桐光学園が初戦22奪三振で大会記録を更新した松井裕樹(桐光学園・神奈川)

常総学院はこちらも初戦と同じく菅原拓那(常総学院3年/投手)。

2回裏、先頭の6番田中頼人(桐光学園3年/一塁手)にストレートの四球を与えてしまうと、7、8番と抑えるが、9番中野速人(桐光学園2年/三塁手)がセカンドゴロ。

落ち着いて取って処理したかに見えましたが、二塁手が一塁へ悪送球。

ヘッドスライディングで飛び込んだ中野が一塁セーフの間に、二塁走者は一気に本塁へ突入し、桐光学園が1点を先制。

5番坂本憲吾(桐光学園1年/外野手)が凡打に倒れるも、6番田中が1ボールから高めに甘く入ってきたストレートを思いきり叩き三塁打。

悪送球も重なり田中は一気に本塁を陥れ、3-0と桐光学園が点差を広げる。

桐光学園は5回裏にも菅原に代わって、2番手としてマウンドに上がった伊藤侃嗣(常総学院・茨城)を攻め立て、6番田中のタイムリーなどで2点を加点。

5回を終わって5-0と一方的な展開になりつつありましたが、ここから常総学院が粘りを見せる。

6回表、1アウトから9番伊藤がストレートの四球を選んで出塁。

1番大崎健吾(常総学院3年/外野手)がセーフティバントを決めると、2番高島翔太(常総学院2年/外野手)が外角低めに制球されたストレートを鋭く逆方向に打ち返す。

左中間へ落ちた打球をセンターが処理できず、後ろにそらしてしまう間に打った高島は三塁へ。

この後松井のワイルドピッチで三塁走者が本塁に返り、5-2と差は3点差に縮まる。

6回裏、この回先頭の鈴木拓夢(桐光学園3年/二塁手)が見事な初球打ちで出塁。

傾きかけた流れを引き戻すと、ヒット、犠打とチャンスを広げていき、内野ゴロの間に1点、犠牲フライで1点。

常総学院が松井からようやく奪った2点をそつのない攻めで奪い返す桐光学園。

7回終わって7-2とほぼ決まりかと思われましたが、高いポテンシャルを持ったあの選手からまたしても常総学院の反撃が始まる。

8回表、1アウトから9番伊藤がツーツーから低めの球を打つが、ボテボテの投ゴロ。

松井がマウンドから素早く駆け下り、一塁に送球するも100m10秒台の伊藤の足が一歩早く内野安打。

この際のフィールディングと投げてきた疲れが出てきたのか、松井の制球が定まらず続く1番大崎にはストレートの四球。

疲れが見えてきた桐光学園バッテリーの隙をつくように、ここで伊藤が三盗を仕掛け、見事に成功。

先ほどタイムリーを打たれた2番高島をスライダーで三振にきって取るが、3番内田靖人(常総学院2年/三塁手)にワンワンから続けて投じたスライダーをとらえられ、2点タイムリー。

続く4番杉本智哉(常総学院3年/捕手)には初球のストレートを打たれてタイムリーツーベース。

7-5と追い上げられ、走者は二塁において5番飯田晴海(常総学院2年/投手)にストレートを連投。

最後は外角に142キロの渾身のストレートを投げ込み三振。

常総学院は9回の攻撃は三者凡退に仕留められ、7-5で桐光学園が粘る常総学院を振りきりました。


チーム名 123456789
常総学院 000002030563
桐光学園 01202200× 770

序盤から桐光学園の先発・松井が力強いストレートを連発。

今日のMAXは146キロだったと思いますが、序盤は140キロ代前半で力押ししました。

松井・宇川の桐光バッテリーがこのストレートを強く印象付けるように、高めにドンドンと投げ込みました。

その後、同じ高さからスライダーを落とし空振り。

低めにスライダーを決めて空振り。

狙い球を絞りきれていない常総学院打線は、序盤は手も足も出ず。


3回裏は桐光学園の機動力に常総学院の内野陣がバタつき、ノーヒットで先制。

桐光学園は足が速い選手が多いので、それが焦りを生みミスにつながったのかも。


常総学院の先発・菅原は、この松井の投球に1点もやれないと考えたのか、全体的に力みを感じ、低めへ精度ある球を投げ込めず、3回に2点を失いました。

2番手としてマウンドに上がった伊藤も打ち崩し、中盤までは桐光学園がゲームを完全に支配していました。


この流れを変えたのは9番伊藤。

6回表には1アウトから四球で出塁しチャンスメイクして、松井の甲子園初失点の流れを作る。

8回表もボテボテの投ゴロを快速で内野安打、その後三盗と揺さぶり、8回の3得点につなげました。

5-0と厳しい展開でしたが、最後まで諦めないという雰囲気がプレイぶりから感じました。


常総学院は投手陣が今一つでした。

菅原は力みがあり、伊藤はゲームメイクに難がありました。

野手として素晴らしい身体能力を見せた伊藤は、投手としても快速球を投げるなど投手経験1年ちょっとと思えない投球を見せています。

ただ、マウンドに上がった時にバックボーンが薄く見えました。

予選大会やその他で厳しいところで投げることが少なかったのでしょう。

厳しい場面での経験があまりないのが感じられ、勝負所で良い球がいかなかったです。

1球目、2球目に良い球がいっても、最後のフィニッシュが甘くなったのでは意味がないです。

ある程度試合を作ってくれる菅原を頭から使いたくなってしまうのは分かりますが、例え打たれても伊藤を厳しいところで使って鍛えておくべきだったと感じました。

菅原も好投手ですが、全国で勝ちあがっていくには伊藤の圧倒的ポテンシャルをもっと伸ばす必要があったでしょう。

対して桐光学園は予選で横浜高校、平塚学園、桐蔭学園と激闘が続き、野手はもちろんですが、松井・宇川のバッテリーもその中で大きく成長していきました。

8回表、7-5と2点差に詰め寄られたところで、最後は渾身のストレートで三振。

あの苦しい場面で捕手があのボールを要求でき、投手があのボールを投げられたのは激闘を戦ってきたからです。

9回は当たっていない6・7・8番だったので、常総が追いつくチャンスはあの場面が最後だったと思います。

バッテリーの経験値の差が最後の最後で2点の差を生んだと思います。


常総学院の伊藤侃嗣はポテンシャルを考えると本当にすさまじい選手です。

彼の才能が逆境の常総に流れを呼び込み、終盤までもつれる展開を演出したと思います。

今後投手でいくのか野手でいくのか分からないですが、ガンガン鍛えてもっと上のレベルを目指して欲しいし、上を目指せるだけの抜群の身体能力・野球センスは十二分に持っています。

それから、常総学院の3番手として登板した2年生の飯田はテンポ良く投げていました。

今回大舞台を経験したことを糧に秋以降の飛躍を期待したいです。


桐光学園打線では、一発長打力はないですが、巧打と機動力で点を重ねていく野球は出来ていました。

中でも1番の鈴木拓夢が特に良い仕事をしていたと思います。

2四球を選び、松井が失点した直後の6回には先頭打者で初球をヒット。

あの一打で流れを呼び戻したと思います。

2本のタイムリーを打った6番田中頼人も勝負強さを見せていましたね。

打線のキーマンとして気になっていた3番水海翔太は、5回にライト前にきっちり打てていました。

あの打撃が出来ていれば次も良いイメージで打席に立てるはず。


松井投手は今日、初戦で投げなかった球を投げていました。

チェンジアップだと思いますが、少なくとも2~3球は投げていたと思います。

正直バシバシ使えるレベルには見えなかったので、使えるかどうか試投したのかも。

投球の幅を広げるために宇川が投げさせたのでしょうか。

この大舞台で投げるほうもすごいですが、要求するほうもすごいです。

個人的には球数を減らすために打ち取る球を覚えたほうが良いと思いますが、より三振を奪う方向へシフトしたような気がします。

肘・肩の負担を考えると良い球だと思います。


少し話はそれますが、桐光学園の初戦・2戦目を振り返り思うことは、横浜高校の柳裕也(横浜高校3年/投手)は良い投手だったのだな、と言うことです。

絶対的な球威がない投手ですが、松井投手を相手に自分のリズムを大きく崩さず、終盤まで投げ合っていました。

初戦の今治西投手陣、今日の常総の菅原投手など、皆相手を意識して本来の自分を出せずに終わっている印象です。


桐光学園の次の相手はこの日の第3試合 浦添商(沖縄)―滝川二(兵庫)の勝者です。

どちらも初戦で接戦を制しているだけに、チームとしての成熟度は上がっているでしょう。

特に浦添商は2012年世代のNO.1左腕・濱田達郎(愛工大名電・愛知)を相手に打ち勝ってきているので、勢いは相当なものだと予想されます。

しかし、桐光学園も粘る常総学院を振り切り、チーム力がまた大きく上がりました。

初戦は快勝しましたが、松井一人で勝ったという印象になってしまったので、その点が気になっていました。

この試合は投打がかみ合い、野手が投手を助けて勝った試合です。

競り勝って勢いがついたでしょうし、どちらと対戦しても良い試合を期待できるでしょう。


投手成績

常総学院

選手名投球回数 打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球 失点自責点
菅原 拓那4回2062303331
伊藤 侃嗣2回2/31760402444
飯田 晴海1回1/3415000000

桐光学園

選手名投球回数 打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球 失点自責点
松井 裕樹9回 351426019355

※各種数字については打ち間違え等もあるかもしれないので、参考程度に見てください。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。