06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明徳義塾が酒田南に競り勝ち、14回連続の初戦突破!

甲子園7日目、第1試合にて酒田南(山形)―明徳義塾(高知)戦が行われました


立ち上がり早々の先頭打者(逸崎友誠(明徳義塾2年/三塁手))に対し、酒田南先発の会田隆一郎(酒田南高校・山形)が四球を与えてしまうと、続く2番合田悟(明徳義塾3年/外野手)にバントで揺さぶられフィルダースチョイス。

3番伊与田一起(明徳義塾3年/二塁手)、4番西岡貴成(明徳義塾2年/一塁手)と好打者二人を抑え、なんとか落ち着いたかに見えましたが、5番岸潤一郎(明徳義塾1年/外野手)にフルカウントでボールを見極められ四球。

6番杉原賢吾(明徳義塾3年/捕手)にはワンワンから投じたストレートが甘く入り、これがツーベースとなって明徳義塾が2点を先制。

明徳義塾の先発は福丈幸(明徳義塾・高知)

勝負所でインコースをズバズバと突いていき、序盤から凡打の山を築いていく。

対する会田も2回以降立て直し、走者は出すが粘り強い投球で得点を許さず。

5回裏、ここまで一人の走者を出さない完璧に近い投球を見せていた福が厳しくインコースをつこうとしたのか、死球二つを与えてしまいピンチを背負う。

しかしここで動じず、今度は一転外への配球に切り替え、7番斎藤奨(酒田南3年/外野手)を空振り三振、8番石塚大地(酒田南2年/三塁手)をゴロに仕留め、この試合初めてのピンチをしのぐ。

完封も視野に入りつつある7回裏、1アウトから投げ合っている相手先発・5番会田に1ボールからスライダーが甘く入り、これを強打されてソロアーチ。

2-1と1点差として追い上げムードが漂う中、明徳バッテリーは続く6・7番と凡打に抑える。

流れを断ち切られた格好になった酒田南は、続く8回表、明徳義塾の5番岸にツーベースを打たれ、送りバント、タイムリーと手堅い攻めであっさり1失点。

再び2点差とされた酒田南も8回裏、9番冨樫和秀(酒田南3年/遊撃手)のヒット&盗塁でチャンスメイク。

2番森下開地(酒田南3年/外野手)がツーベースを打って、1点返して再び1点差に詰め寄る。

しかし、酒田南の反撃もここまで。

粘る酒田南を振り切り、3-2で明徳義塾が勝利し、14回連続の初戦突破を果たす。


チーム名123456789
明徳義塾200000010381
酒田南000000110251

明徳義塾・先発の福のインコースへの制球が見事でした。

序盤で意識付けられたので、その残像を使いつつ、ズバズバとテンポ良く投げていました。

高低を意識して投げるのでなく、内外角を投げ分けようというピッチングだと感じました。

中盤に入ると高めに浮いた球も散見し、その球を狙い打たれましたが、要所で踏ん張っていました。

酒田南の先発・会田は、立ち上がりの乱調での2失点が痛かったですね。

制球は良いというレベルではなかったですが、一球一球丁寧に投げていこうという意思が感じられ、全体的に見れば粘れていたと思います。


酒田南の下妻は予選決勝で打撲をして、ギブスが取れたのは3日前だったとのこと。

やはり万全ではなかったのか打球が伸びず、精彩を欠いていました。

明徳バッテリーも怪我を意識したのか、厳しいインコース攻めを見せていました。


明徳の杉原は、好リードに加えて先制打と攻守に活躍。

福投手の良いところを引き出しつつ、酒田南の各打者に力を出させない好リードでした。

福の好投も素晴らしかったですが、個人的には杉原がこの試合のベストプレイヤーだと思いました。


明徳は5つの犠打と手堅い攻めで終始会田を攻め立て、酒田南に中盤まで流れを与えず。

終盤粘りを見せるも、明徳バッテリーの粘り強さが上回り一歩及ばず。

下妻が万全だったならばまた違った展開もあったかもしれませんが、山形の大型バッテリーは負けたとはいえ見事な勝負を見せてくれました。


勝ち上がった明徳義塾の次戦は新潟明訓(新潟)。

新潟明訓の竹石投手は県岐阜商(岐阜)を相手に9回1失点無四球完投。

MAX143キロのストレートを軸に好投していました。

打線はビックイニングこそ作らなかったものの、6犠打と手堅い攻めで小刻みに加点。

派手さはないですが、堅実な強さを持つ安定したチームという印象。

新潟明訓のほうが雨天順延もあって休めている分、体調的には有利かも。

ただ、明徳義塾は福投手以外にも試合をある程度作れる投手が複数います。

福自身も競った試合で疲労はあると思いますが、スタミナがありフォームの安定した投手なので、継投ならば投げられるでしょう。

気になるのは4三振で5打数ノーヒットに終わった明徳義塾の4番西岡貴成。

2年生ながら四国を代表する好打者として名を馳せている中距離ヒッターですが、まさかのノーヒット。

地方大会で打っている姿を動画で見ましたが、かなり率を稼げそうな打撃を見せていたので、ノーヒットに抑え込まれるとは予想外です。

会田が良かったといえばそれまでですが、打線の軸がこれでは勝ちもままならないです。

中軸を形成する3番伊与田、5番岸は良い状態に見えたので、西岡の復調が打線の鍵になりそう。

次の試合もこの状態が続くようならば、明徳義塾は初戦同様に接戦を演じなければいけないことになりそうです。


投手成績

明徳義塾

選手名投球回数打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球失点自責点
福 丈幸9回34109515222

酒田南

選手名投球回数打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球失点自責点
会田 隆一郎9回40147807533

※各種数字については打ち間違え等もあるかもしれないので、参考程度に見てください。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。