10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第94回全国高校野球選手権大会6日目の結果と感想と7日目について

第94回全国高校野球選手権大会6日目の結果と感想と7日目について

今日は迎え盆で墓参りやお客様を迎えたりと忙しく、遅めの更新になりました。

注目の大阪桐蔭戦はなんとか録画したので、後々じっくり観るつもりです。


1試合目:智弁和歌山(和歌山)―神村学園(鹿児島)

3-2で神村学園(鹿児島)が勝利。

神村学園が2回に9番二河拓馬、4回に田中貢大のタイムリーで序盤に3点加点。

この3点を柿沢貴裕(神村学園・鹿児島)、平藪樹一郎の左右の二枚看板で守りきり、近畿の強豪・智弁和歌山を破る。

智弁和歌山の先発・吉川雄大投手は、点を奪われた2回はボール先行で苦しい投球でした。

甘く入った変化球を二河選手に打たれてしまいました。

神村学園の先発・柿沢投手は140キロ前後のストレートを軸に、シンカー、スライダーなどを織り交ぜ、凡打の山を築きました。

点を取られた4回は死球から崩れ、エラーも重なり、ノーアウト一・三塁で智弁和歌山の7番天野康大にカウントを取りにいったと思われるストレートを狙い打たれ、これが2点タイムリーになりました。

尚ノーアウト二塁で一打同点の場面でしたが、真っ直ぐで力押ししてアウト2つ奪い、最後は変化球で打ち取りピンチを切り抜けました。

柿沢投手が危なかったのは、この時だけだったと思います。

6回から左腕の平藪投手とスイッチ。

右から左、速球派から軟投派へという変化に智弁和歌山打線がついていけず、またまた凡打の山。

神村学園の二投手の継投が見事にはまった試合だったと思います。


2試合目:鳴門(徳島)―済々黌(熊本)

3-1で済々黌(熊本)が勝利。

済々黌が3回裏にタイムリー内野安打で先制。

5回には5番西口貴大(3年/捕手)のソロ弾などで着実に加点。

投げては先発大竹耕太郎(2年/投手)が散発4安打9奪三振無四球で完投勝利を挙げました。

長打は5回表に1点を失った際に打たれたタイムリーツーベースのみ。

120キロ台中盤あたりから130キロ台前半と球威はそれほどなかったですが、内外角をうまく突き、スライダー、カーブ、チェンジアップなどで緩急をつけ、9個の三振を奪いました。

見事な投球術だったと思います。

7回の攻撃ではライナーに打ち取られながら、併殺プレーの間に三塁走者が本塁をつき駄目押しの3点目を奪いました。


3試合目:木更津総合(千葉)―大阪桐蔭(大阪)

8-2で大阪桐蔭(大阪)が勝利。

投打に圧倒して大阪桐蔭が初戦突破。

投げては先発藤浪晋太郎(大阪桐蔭・大阪)がMAX153キロをマークしたストレートを主体に攻め、9回2失点完投勝利。

14奪三振と力の差を見せつけるようなピッチングでした。

2回に木更津総合の4番高野勇太に打たれたのは落ちきらなかったフォークでしょうか。

あれだけのストレートを投げられながら、逃さず打ったのは流石4番です。

大阪桐蔭は初回1番の森友哉(大阪桐蔭・大阪)がフルカウント8球目まで粘り、最後は145キロのストレートをツーベース。

この後、バントヒット・四球と揺さぶられ、押し出し死球で先制の1点。

快速球連発で2アウトまで奪うも、7番笠松には通じず2点タイムリーを打たれて3失点。

木更津総合の先発・黄本投手は立ち上がりの乱調から立ち直りを見せるが、4回に9番藤浪のヒットから崩れ、3番水本の見事な初球打ちで2点加点。

中盤に入ると7番笠松悠哉、4番田端良基(大阪桐蔭・大阪)と一発攻勢で徐々にリードを広げていきました。

黄本投手はMAX147キロの快速球とキレのある変化球がありましたが、大阪桐蔭は序盤からある程度対応できていたと思います。

特に3安打を打った1番森は、第1打席から見極めきっちりとらえていました。

森と同じく2年の笠松悠哉も、1本塁打を含む3安打3打点の活躍。

次代の中軸候補は伊達じゃないです。

森・笠松と同世代の近田拓矢(大阪桐蔭/大阪)も9回に代打で登場。

初球の甘く入った変化球を叩き、駄目押しの8点目を挙げました。

大阪桐蔭の2年生はすごい選手が揃っています。


4試合目:新潟明訓(新潟)―県岐阜商(岐阜)

6-1で新潟明訓が勝利。

ビックイニングは作らなかったものの、新潟明訓が終始小刻みに加点。

投げては新潟明訓の先発・竹石智弥が9回8安打1失点無四球完投。

MAX143キロのストレートを軸に攻めていました。

8安打されましたが、無四球と粘れたのが良かったです。


大阪桐蔭の強さが際立つ日でした。

黄本投手は決してレベルの低い投手ではなく、ドラフト候補に名が挙がっても不思議ではない投手です。

その投手を圧倒的に攻め続け、12安打8得点を記録。

まさに強打の大阪桐蔭という雰囲気でした。

黄本投手の球も速かったですが、藤浪投手の球はその一段上をいくボールでした。

適度に荒れて、ストレートの威力を十分に生かしていました。

完成度では同世代NO.1と言っても良いレベルの投球を見せつけたと思います。

正直2割程度は大阪桐蔭の負けもあるかもと予測していましたが、次元が一つ違いました。

大阪桐蔭の2回戦の対戦相手は、この日の第2試合の勝者・済々黌(熊本)。

済々黌の大竹耕太郎投手は緩急と内外角をつく投球は見事だったので、あの攻め方でいくのが良いですね。

1番の森を封じて打線のリズムを狂わせられれば良いですが、今日の打撃を見る限り状態は非常に良さそうです。

ヒットなら良しくらいの気持ちで思いきり攻めていき、あわよくば凡退という流れに持っていきたいです。

素晴らしい読みも持っている打者なので、リード・思考が読まれないようにしながら、狙いをはずしたいですね。


7日目の試合は↓こちらの4カードです。

第1試合 明徳義塾(高知)―酒田南(山形)

第2試合 倉敷商(岡山)―松阪(三重)

第3試合 秋田商(秋田)―福井工大福井(福井)

第4試合 飯塚(福岡)―仙台育英(宮城)


第1試合は名将・馬淵史郎監督が率いる明徳義塾と酒田南の大型バッテリー会田隆一郎(酒田南高校・山形)下妻貴寛(酒田南高校・山形)との対戦。

明徳義塾は福永、福など好投手の粒が揃っています。

酒田南にもフォークを武器にする板垣投手がいるので、継投が勝負の分かれ目になるかもしれません。

福永、福の2投手は時間があれば記事にして紹介したかった投手なので、観れるのが楽しみです。


第2試合には好左腕の竹内諒(松阪高校・三重)が登場。

濱田達郎(愛工大名電・愛知)出口心海(盛岡大付・岩手)などの各地方を代表する同世代トップクラスの左腕が初戦で散る中、三重を代表する左腕は勝ち残れるのか、注目の一戦です。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。