10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城間の完封勝利で光星学院が3回戦へ

甲子園5日目、第3試合にて光星学院(青森)―遊学館(石川)戦が行われました。


2回表に遊学館にエラーが重なり光星学院が1点を先制。

両先発譲らぬ投手戦が中盤まで続くと、5回表途中、ヒットと四球が続いたところで遊学館は投手交代。

左の黒萩幸生(遊学館3年/投手)から右のフォークが武器の平井翔也(遊学館3年/投手)に交代。

この継投が当たり、4番北條史也(光星学院・青森)、5番武田(光星学院3年/一塁手)と凡打に抑えて無失点で切り抜ける。

6回表、先頭の6番大杉諒暢(光星学院3年/三塁手)が4球ファールにするなど、計9球投げさせて四球を選んで出塁。

その後1アウト三塁となり迎えた8番木村拓弥(光星学院3年/外野手)がバントの構えで揺さぶり、ノーツーと追い込むと、待っていたとばかりに3球目ストレートを強打し、センター前へタイムリーヒットを打つ。

着実に加点する打線を横目に、光星学院先発の城間竜兵(光星学院3年/投手)は内角をつき、低めに丁寧に投げ込んで凡打の山を築き、バックも堅い守りで城間投手を援護。

9回表に4番北條がツーランアーチを架け、4-0と突き放すと、城間投手が9回裏も0で締め、4-0で春センバツVの光星学院がシャットアウト発進。

遊学館は春夏6度の出場で初めての初戦敗退。


チーム名123456789
光星学院010001002491
遊学館000000000042

光星学院の城間投手がとにかく素晴らしかったです。

ここぞでインローにつき、低め、低めと終始丁寧なピッチング。

連打を一度も許さず、危なげのない投球でした。

球速は立ち上がりこそ140キロを超えたものの、大半が130キロ台。

正直球威・球速はそれほどではなかったですが、インローへのコントロールが絶妙で非常に効果的に使えていました(球速が遅く感じたのは、この前の試合で投げた両投手がすごかったせいもあるかも)。

ズバンと厳しく膝元に投げられると、そうそう長打は打てないです。

遊学館も先発黒萩の好投、5回の継投のタイミング、2番手の平井の好リリーフとおそらく山本雅弘監督の狙い通りの良いゲームメイクをしたと思いますが、城間投手を攻略できる気配がなかったです。


光星学院打線は9安打。

黒萩・平井の左右の二枚看板の好投が光り、大量得点はできなかったですが、それでも随所にレベルの高さを見せました。

1-0から貴重な追加点を奪った6回表、1アウト三塁から8番木村がバントの構えで揺さぶり、ボール二つ先行。

平井投手は走者三塁にいるので頼みのフォークも使えず、ストライクを取りに行ったストレートを狙い打たれて2点目。

まるで積み将棋をするかのように遊学館バッテリーを追い込み、なかなか取れずにいた2点目をあっさりと奪いました。

この2点目で城間投手をだいぶ楽に出来たと思います。


注目の北條・田村龍弘(光星学院・青森)ですが、北條は駄目押し弾を含む5打数2安打2打点。

田村は4打数2安打1四球1盗塁。

北條の本塁打は1ボールからのストレート。

初球緩いカーブで入られたのに全く揺さぶられず、バックスクリーンに叩き込みました。

淡白な打撃であっさり凡退も見られますが、相変わらず天性のタイミングで打つ打撃は素晴らしいです。

田村のほうは初回からボールを見極め四球。

第2打席では初球スライダーを鋭くとらえるが、ライナーがセカンド正面へ。

第3打席には外角高めの球を初球打ちでセンター前ヒット。

第4打席にはノーツーから高めの甘いストレートをとらえ、レフトへヒット。

第5打席は初対戦の大崎投手がスリーボールと定まらず、それでもノースリーから振りにいきフライでアウト(タッチアップで走者は進める)。

選球眼も良く、自分のミートポイントにくると初球だとか関係なしに逃さず振っていきます。

鋭い当たりが多く、今大会NO.1の中距離打者としてまた一歩評価を高めました。


遊学館はかなりの難敵だったと思いますが、4-0と磐石の試合運びで完勝。

投打ともにがっちりかみ合い、光星学院が悲願の全国制覇へ向けて発進です。

3回戦の相手は6日目第1試合に予定されている智弁和歌山(和歌山)―神村学園(鹿児島)の勝者。


投手成績

光星学院

選手名投球回数打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球失点自責点
城間 竜兵9回32121404200

遊学館

選手名投球回数打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球失点自責点
黒萩 幸生4回1/32178402210
平井 翔也3回2/31564302111
大崎 隼人1回514210022

※各種数字については打ち間違え等もあるかもしれないので、参考程度に見てください。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。