08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9回裏2アウト走者なしからの同点劇、乱打戦を制した龍谷大平安が延長サヨナラ勝ち!

甲子園5日目、第1試合にて龍谷大平安(京都)―旭川工(北北海道)戦が行われました

ホームランアーチスト高橋大樹(龍谷大平安高校・京都)を軸に強打者を揃える龍谷大平安(京都)。

その強力打線に対するのは北の大地が育んだ多彩な変化球を操るナックルボーラー官野峻稀(旭川工業高校・北北海道)


試合中盤まで五分の展開でしたが、7回表に旭川工がヒット4本と押し出し四球の攻勢で4得点。

8-4とダブルスコアとなりこれで勝負ありかなと思いましたが、終盤に入ると龍谷大平安の強打が粘りを生み、逃げきりを図る旭川工に食らいつく。

7回裏に1番井沢凌一朗(龍谷大平安3年/外野手)がこの試合2本目のアーチ(2点本塁打)を架け、8-6と2点差に迫る。

この展開にたまらず旭川工は先発・官野を降板させ、太田竜良(旭川工3年/投手)にスイッチ。

2アウトから3番久保田昌也(龍谷大平安3年/一塁手)、4番高橋と連続安打を打たれるが、5番有田浩之(龍谷大平安2年/外野手)をフライに仕留めて3アウト。

8回裏も攻めに攻めまくられるが、スクイズ失敗など拙攻もあり龍谷大平安は無得点。

9回裏、先頭打者はこの試合ここまで2本塁打を含む3安打と大当たりの1番井沢でしたが、ここは大田がカーブで打ち取り1アウト。

さらに2番梅田響(龍谷大平安3年・二塁手)もゴロに倒れ、2点ビハインドで9回裏2アウト走者なし。

崖っぷちに追い込まれましたが、続く3番久保田が四球を選ぶと球場のボルテージは一転。

一発出れば同点の場面で4番高橋がヒットで続くと、ここまでノーヒットに終わっていた2年生で5番を打つ有田がノーツーから渾身の一振り。

これが同点タイムリーとなって8-8と土壇場も土壇場でゲームを振り出しに戻す。

今大会2試合目の延長戦に突入すると、11回裏、先頭の龍谷大平安2番の梅田が二塁打。

サヨナラの走者が出ると、四球・バントヒットなどで1アウト満塁。

そして6番嶋田侑人(龍谷大平安2年・三塁手)が3番手としてマウンドに上がっていた黒川竜吾(旭川工3年/投手)からサヨナラヒットを放ち、9-8で龍谷大平安が勝利し初戦突破を決める。

京都勢にとっては5年ぶりの初戦突破です。


チーム名1234567891011
旭川工002020400008101
龍谷大平安11001120209170

7回ツーラン、9回2アウト走者なしからの同点劇、そして11回のサヨナラ。

終盤の龍谷大平安の粘りがとにかくすごかったです。

強力打線と呼ばれるのは伊達じゃないと感じました。

旭川工は7回表に4点を挙げたところまでは良かったですが、8回以降は龍谷大平安の3番手杉本投手に対し1安打ととらえきれず。

攻撃で流れを引き戻せず、龍谷大平安の押せ押せムードに圧倒されてしまいました。


注目のナックルボーラー・官野投手は全体的に変化球が高めに浮き気味で、苦しい投球が続きました。

それでも真っ直ぐを低めに投げ込み、なんとかしのいでいましたが、強打のチーム相手ではもちませんでしたね。


同じく注目していた龍谷大平安の4番高橋は、4安打1打点をマーク。

第1打席は1ボールからアウトローへ落ちていくシンカーだと思いますが、見事な流し打ちでライナー性のライト前ヒット。

2球続いた緩い球をきっちりとらえていました。

第2打席はフルカウントからズドンとインコースに真っ直ぐを投じられ、見逃し三振。

変化球を待っていたのか、狙いが完全にはずされたという印象。

その前に2球続けたシンカーの残像が残っていたのかも。

第3打席はスライダーを鋭く引っ張り、三塁横を鋭く抜けていくヒット。

序盤と違い高めに浮いていませんでしたが、完全に狙い打っていました。

第4打席は右の大田投手にスイッチしましたが、1ボールからのやや高めに浮いたカーブを見逃さず、レフトへヒット。

第5打席は内野安打、第6打席はフライで凡退。

投手の左右、ストレート、変化球、緩急に惑わされず、全体的に自分のスイングが出来ていた印象。

打球こそ上がりませんでしたが、右に左に鋭い当たりを連発していました。

他の打者とは別格の雰囲気と打球の強さでしたね。


高橋以外にも2本塁打の1番井沢、2安打3四死球と5度も出塁した3番久保田、土壇場9回で同点タイムリーを打った2年生5番の有田など巧打者、強打者がズラリと揃っています。

打線の破壊力で競り勝った龍谷大平安。

ただ、走塁のミスやスクイズ失敗など拙攻も目立ちました。

先発・田村嘉英(龍谷大平安3年/投手)も真ん中近辺の甘い球が目立ち、旭川工に打ち込まれていました。

各打者のマンパワーで豪快にうっちゃって勝ったという印象です。

勝つには勝ちましたが、チームの不安点・修正点を幾つか抱えた勝利になったと感じました。

2回戦の相手はこの日の2試合目・東海大甲府(山梨)-成立学園(東東京)の勝者です。


投手成績

旭川工

選手名投球回数打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球失点自責点
官野 峻稀6回1/328111824365
太田 竜良2回1/31348600121
黒川 竜吾1回2/31033301211

龍谷大平安

選手名投球回数打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球失点自責点
田村 嘉英6回1/32881702366
武本 光平0回0/316000111
杉本 浩隆4回2/31967302311

※各種数字については打ち間違え等もあるかもしれないので、参考程度に見てください。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。