11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第94回全国高校野球選手権大会4日目の結果と感想と5日目について

第94回全国高校野球選手権大会4日目の結果と感想と5日目について

1試合目:高崎商(群馬)―浦和学院(埼玉)

6-0で浦和学院が勝利。

注目していた試合だったので別途記事上げさせていただきました。

浦和学院・佐藤拓也が完封発進!


2試合目:聖光学院(福島)―日大三(西東京)

2-1で聖光学院が勝利。

こちらも注目していた試合だったので別途記事上げさせていただきました。

聖光学院が2-1で競り勝ち、昨夏王者日大三が初戦で散る


3試合目:宇部鴻城(山口)―富山工(富山)

5-4で宇部鴻城(山口) が勝利。

宇部鴻城は山口県勢の初戦連敗を6で止めたそうです。

序盤から両チームの打線が打ち合い点の取り合いになりましたが、中盤からは一転して投手戦へ。

熱戦は最後の最後まで続き、土壇場9回裏1アウト二塁の場面で4番金丸将(宇部鴻城/外野手)の当たりを野手がタイムリーエラー。

劇的な幕切れになりました。

甲子園には魔物が棲んでいるということを、また改めて思いました。

最後は厳しい結末になりましたが、最高の試合だったので、選手たちは胸を張って欲しいです。


4試合目:佐世保実(長崎)―札幌第一(南北海道)

5-3で佐世保実(長崎) が勝利。

中盤までは五分の試合でしたが、7回裏に南北海道の知久投手が力尽きました。

四球とヒットで1アウト満塁とすると、6番木村隆志(佐世保実/投手)が四球を選んでで押し出し。

勝ち越された南北海道は横内雅樹(南北海道2年/投手)にスイッチ。

しかし、2アウトまでは奪うが8番佐々原拓海(佐世保実/一塁手)に死球を与えてしまい、5-3とその差2点に広がる。

知久投手は7回途中で9四死球と制球に苦しみ、151球を投げていたので限界だったのかも。

同点で継投しづらい状況だったので、あの場面は本当に難しいです。

下手に交代したら一気にゲームが動き出す可能性もあり、動くに動けない状況だったのでしょう。

佐世保実の4番・松山和博(佐世保実3年/二塁手)は、先制打を含む3安打1打点と活躍。

7回も勝ち越しの流れを作るヒットを打つなど、4番として見事な働きぶりでした。

札幌第一の1番を打っていた斉藤慎次郎(札幌第一3年/三塁手)は、1本塁打を含む3安打1打点。

負けてしまいましたがナイスバッティングでした。

勝った佐世保実(長崎)は1992年以来実に20年ぶりの勝利のようです。

初戦突破おめでとうございます。


今日は全4試合のうち2点差以内の試合が3試合。

第1試合以外は激闘と呼べるゲームが、昨日に続きまたまた続きました。

浦和学院は完勝でしたが、日大三と激闘を繰り広げた聖光学院はチーム力がグッと上がっていると思うので、2回戦は厳しい試合になると思います。


5日目の試合は↓こちらの3カードです。

第1試合 龍谷大平安(京都)―旭川工(北北海道)

第2試合 成立学園(東東京)―東海大甲府(山梨)

第3試合 光星学院(青森)―遊学館(石川)


注目はなんと言っても春のセンバツ準Vの光学院(青森)が登場する第3試合。

大阪桐蔭の春夏連覇を阻む最有力候補といえるチームなので、その出来がやはり気になるところ。

北條史也(光星学院・青森)田村龍弘(光星学院・青森)の超高校級コンビを軸に据えた打線がどこまで成熟しているのか、注目したいです。

対戦相手の遊学館(石川)も初戦で優勝候補を叩いて、一気に勢いに乗りたいと考えているでしょう。

遊学館投手陣の右の平井翔(遊学館3年)、左の黒萩幸生(遊学館3年)の左右の二枚看板がどこまで光星学院打線を抑え込めるかが鍵になるでしょう。

光星学院には対応力の高い選手が揃っているので、2巡目以降は特に気をつけたいところ。

少しでもヤバい雰囲気を感じたら、継投を意識したほうが良いかも。


明日は他にも注目している選手が目白押しです。

第1試合には高橋大樹(龍谷大平安高校・京都)官野峻稀(旭川工業高校・北北海道)が登場。

ホームランアーチストと北の大地が育んだ多彩な変化球を操るナックルボーラーの対決。

官野投手の出来が最大の焦点になるでしょう。

第2試合には2013年世代トップクラスの野手の一人と考えている渡邉諒(東海大甲府・山梨)が出場。

同世代の園部聡(聖光学院・福島)が初戦で結果を残したので、こちらも負けじとポテンシャルを魅せて欲しいところ。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。