07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第94回全国高校野球選手権大会3日目の結果と感想

第94回全国高校野球選手権大会3日目の結果と感想です。


1試合目:浦添商(沖縄)―愛工大名電(愛知)

6-4で浦添商が勝利。

注目していた試合だったので別途記事上げさせていただきました。

浦添商が初戦突破!名電・濱田、序盤の失点が響き初戦敗退


2試合目:北大津(滋賀)―滝川二(兵庫)

5-4で滝川二が勝利。

滝川二が6犠打(犠牲フライ1を含む)、北大津が4犠打。

両チーム合わせて計10犠打と非常に手堅い印象が残ったゲームです。

序盤リードを奪ったのは北大津でしたが、5回表にエラー・四球などが重なり滝川二が3得点で4-4と振り出しに戻す。

6・7回とどちらもなかなかチャンスを生かすことが出来ませんでしたが、8回表に滝川二の3番藤川弘樹(滝川二3年/外野手)が見事な初球打ちで二塁打を打ちチャンスメイクすると、続く4番馬場修平(滝川二3年/一塁)が初球バント。

これで1アウト三塁にすると、5番沢田昌吾(滝川二3年/外野)がきっちり犠飛を決め、5-4と勝ち越し。

これが結局決勝点になりましたが、3安打していた4番馬場にきっちり送らせたのが大きかったと思います。

クロスゲームの中、絶対にミスできない場面でバントを決めたのも素晴らしいです。

この後に犠飛を打った5番沢田も見事です。

則本佳樹(北大津/投手)は好投していましたが、5回のエラーからリズムを崩したことが悔やまれますね。

本塁打が飛び交ったり、両投手が派手な投手戦を繰り広げたわけではないですが、1点を争う中盤から終盤にかけての攻防は見応えがありました。


3試合目:天理(奈良)―宮崎工(宮崎)

3-1で天理が勝利。

6回表に4番の伊比井(宮崎工/捕手)のタイムリーで宮崎工が1点先制しましたが、直後の6回裏に守備の乱れもあって天理が2点を挙げて逆転。

7回裏にも天理がスクイズを決め着実に加点し、3-1で天理が逆転勝利。

54年ぶりの勝利を目指した宮崎工は惜しくも敗退。

8回表の満塁の好機を逃すなど、相手を上回る8安打を打ちながら好機をなかなか生かすことが出来なかったですね。

かたや天理は序盤、長友宥樹(宮崎工/投手)のピッチングに全く手も足も出ませんでしたが、2巡目に入るととらえてくるようになりました。

ここらへんの対応力は流石常連校と言った感じを受けます。


4試合目:鳥取城北(鳥取)―香川西(香川)

3-1で鳥取城北が勝利。

4回裏に鳥取城北が2アウト走者なしから5連打で3得点。

この3点を平田祥真(鳥取城北/投手)が1失点完投で守りきり、3-1で鳥取城北が勝利。

鳥取城北は甲子園初勝利、そして鳥取勢の甲子園勝利は9年ぶりとのこと。

ダブルでおめでとうございます!

鳥取城北の4回裏2アウトからの5連打は見事としか言いようがないです。

香川西は鳥取城北の9安打を上回る11安打を記録しましたが、平田投手の粘り強いピッチングに対し拙攻を重ねることしか出来ませんでした。

平田投手は序盤こそ奪三振ラッシュ(3回まで6奪三振)でしたが、中盤からは攻勢を仕掛けてくる香川西を相手に打たせて取る投球が続きました。

平田投手は無四球完投だったのが何より良かったと思います。

無駄な四球を与えず、緊張感を持って守備につくことが出来、ミスからの失点を防いでいたと思います。


今日は全4試合で2点差以内と非常に競った試合が続きました。

ミスから崩れたり、好機で小技を決めたり、ほんの僅かな差が勝敗の天秤を傾けていたと思います。

競ったチームはグッとチーム力が上がると思うので、2回戦も好勝負を期待したいです。


4日目の試合は↓こちらの4カードです。

第1試合 高崎商(群馬)―浦和学院(埼玉)

第2試合 日大三(西東京)―聖光学院(福島)

第3試合 宇部鴻城(山口)― 富山工(富山)

第4試合 佐世保実(長崎)―札幌第一(南北海道)


個人的に注目なのは第2試合 日大三(西東京)―聖光学院(福島)です。

昨夏の覇者・日大三高が今年も深紅の優勝旗を勝ち取るために、甲子園に戻ってまいりました。

迎え撃つのは福島大会6連覇を果たした聖光学院。

聖光学院のエース・岡野祐一郎(聖光学院・福島)、2年生で4番を打つ園部聡(聖光学院・福島)など、注目している選手が出てくるのでその点でも見逃せないです。

おそらく斉藤風多(日大三3年/投手)と岡野投手との投げ合いになると思います。

両投手ともに圧倒的な雰囲気はないですが、予選を通じてゲームをしっかりと作ってきています。

きっちり抑えてどちらが味方打線に良いリズムを与えることが出来るのか、注目したいです。


あとは第1試合に注目している佐藤拓也(浦和学院・埼玉)も登場。

投手なので注目選手としては投手枠に入れていますが、野手としても注目選手です。

関純(高崎商3年/左腕)は群馬県内屈指のサウスポー。

MAX138キロの伸びのあるストレートを軸にスライダー、カーブ、チャンジアップなどの変化球を操り、勝負所では三振を奪う力もあります。

打倒・大阪桐蔭を誓う野球センスの塊・佐藤拓也がこの好左腕をどう打ち崩していくのか。

左投手に苦手意識を持っていたそうですが、その点を夏までにどこまで克服できたのか、こちらも要注目の試合です。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。