08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第94回全国高校野球選手権大会2日目の結果と感想

第94回全国高校野球選手権大会2日目の結果と試合の感想です。

1試合目:佐久長聖(長野)―作新学院(栃木)

9-5で作新学院が勝利。

序盤3回までは佐久長聖が4-0とリードしていましたが、打者2巡目あたりに入ると五味直也(佐久長聖/投手)のボールを作新打線が見極められるようになり、コンスタントに打つようになりました。

3番の篠原優太(作新学院/外野手)が1本塁打を含む4安打3打点と爆発。

4番の高山良介(作新学院/捕手)は2つの併殺もありましたが、鋭い当たりを打っていました。

佐久長聖にとっては作新の2番手・水沼和希(作新学院/投手)に6回3安打1失点と抑え込まれたのが痛かったです。

本塁打一発のみで攻撃らしい攻撃が出来なかったですね。

作新は打線も良かったですが、この試合のヒーローはその猛打の流れを作った水沼投手だと思います。


2試合目:盛岡大付(岩手)―立正大淞南(島根)

5-4で立正大淞南が勝利。

今大会初の延長戦になりましたが、12回を戦い立正大淞南が競り勝ちました。

二転三転するクロスゲームでしたが、両チームともに先発が投げきる熱投でした。

注目の左腕・出口心海(盛岡大付・岩手)は188球の力投も実らず。

1番の千田新平(盛岡大付/二塁手)が4安打1打点と活躍しましたが、プロも注目する3番佐藤廉(盛岡大付/外野手)が5打数ノーヒットとブレーキしてしまったのが、試合の流れをつかみきれなかった要因かも。

二橋大地(盛岡大付・岩手)は先制タイムリーツーベースなど2安打1打点と活躍。

かなりバットが振れていただけに、彼に良い場面がもう少し回ってくれば勝敗の天秤の傾きが変わっていたかもしれません。

立正大淞南も同じく3番城本昂太朗(立正大淞南/捕手)が6打数ノーヒットとブレーキでしたが、こちらは4番椀田剛史(立正大淞南/外野手)、5番渡辺恭平(立正大淞南/三塁手)が本塁打を打つなど、他の打者がここぞで打っていました。

立正大淞南の左腕エース・山下真史(立正大淞南/投手)は、球威こそ出口投手に及ばないものの、12回を投げて四死球1と制球は抜群。

13安打を打たれながら長打は初回の二橋選手のツーベースのみ。

低めを意識したナイスピッチングでした。

盛岡大付は160キロ投手の大谷翔平(花巻東・岩手)を打倒し勝ち得た甲子園出場でしたが、無念の初戦敗退となってしまいました。


3試合目:今治西(愛媛)―桐光学園(神奈川)

7-0で桐光学園の勝利。

地元なので別途記事を上げさせていただきました。

松井裕樹(桐光学園)が甲子園記録の22奪三振!


4試合目:杵築(大分)―常総学院(茨城)

14-0で常総学院が勝利。

初回に常総学院が4点を先制すると、その勢いは止まらず3回には打者15人の猛攻で一挙10得点。

投げては菅原拓那、飯田晴海、滝本陽、伊藤侃嗣(常総学院・茨城)の4投手の継投で4安打完封。

投打ともに圧倒した常総学院が初戦を突破しました。

3回の集中打は見事しか言えないですね。

杵築は初回の満塁の好機を逃すなど、流れをつかむべきところでつかみきれなかったです。

茨城県勢にとっては2005年の藤代以来、7年ぶりの初戦突破とのこと。

意外と勝利から遠ざかっていたことに驚きました。


3日目の試合は↓こちらの4カードです。

第1試合 浦添商(沖縄)―愛工大名電(愛知)

第2試合 滝川二(兵庫)―北大津(滋賀)

第3試合 天理(奈良)― 宮崎工(宮崎)

第4試合 鳥取城北(鳥取)―香川西(香川)


個人的に注目しているのは、以前にも書きましたが第1試合:浦添商(沖縄)―愛工大名電(愛知)です。

世代NO.1サウスポー濱田達郎(愛工大名電・愛知)が夏の甲子園に登場。

対するは宮里泰悠(浦添商・沖縄)照屋光(浦添商・沖縄)の二枚看板。

鍵は投手ではなく、互いの打線だと考えています。

浦添商は濱田投手をどう攻略するのか。

非常にゲームメイク能力が高く、総合的な力が高い投手です。

小技で崩すか、粘っていくのか。

予選で東邦(愛知)が最後まで崩しきれなかったことを考えると、粘る先に道はないのか。

それでも粘りに粘って、打ち崩さなければ勝ち目はないでしょう。

浦添商の継投は、おそらく予選決勝と同じく照屋→宮里ではないかと予想。

照屋にいけるところまでいってもらって、後は安定感の高い宮里で押し切るというパターンが最も考えられます。

愛工大名電からすると、タイプの違う2投手にどう対応するかが鍵になりそう。

1日目の飯塚(福岡)-広島工(広島)戦では飯塚の2番手・西俊彦(飯塚3年/投手)が好投し、勝利を手繰り寄せました。

2日目の佐久長聖(長野)-作新学院(栃木)戦でも作新の2番手・水沼和希(作新学院3年/投手)が好投し、逆転の流れを呼び込みました。

浦添商は予選決勝・沖縄尚学戦で照屋投手が降板後、宮里投手が試合を作って競り勝ちました。

タイプが違う投手が相手だと前の投手の残像があったりして、合わせるのが難しくなります。

照屋投手のストレートが脳裏に残っていれば、宮里投手の球をとらえるのは容易ではないはず。

浦添商からすれば、継投のタイミングが大事でしょう。

沖縄尚学戦の時のように傷口が広がってからでは、正直厳しいです。

2点、悪くても3点くらいで交代を考えるべきかも。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。