05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柿沢貴裕(神村学園・鹿児島)

柿沢貴裕(神村学園・鹿児島/3年/投手/178cm・80kg/右投/左打/遠投120m・50m走6秒0)

神村学園中学時代は神村学園シニアに所属し、3年夏に全国大会ベスト8入り。

神村学園では1年秋からベンチ入り。

2年夏は主にリリーフ登板。

夏の甲子園初戦の能代商戦にて2番手として登板し、最速143キロをマーク。

2年秋は6試合に登板し32回2/3を投げて防御率1.10の好成績を残し、チームの秋季県大会、秋季九州大会の優勝に貢献。

明治神宮大会では北條(光星学院)に延長10回、サヨナラ満塁弾を浴びて1回戦敗退。

3年春のセンバツでは2試合にリリーフ登板。

健大高崎戦ではMAXの148キロを記録するもチームは敗退。

3年夏はエースナンバーを背負い、5試合登板で失点はわずか2。

打っては4番として3本塁打を記録。

予選決勝の鹿児島実戦の最終回、最後の打者に対して自身最速タイの148キロのストレートで空振り三振。

投打にわたる活躍を見せ、神村学園の2年連続3度目の甲子園行きに貢献。


2012年夏の鹿児島大会決勝・鹿児島実戦のダイジェスト動画。

2012年春のセンバツ・石巻工戦の動画。

横浜高校との練習試合での投球映像(時期詳細は不明)。


ワインドアップから左足を内側に引き上げ、大きめのテイクバックを取り、インステップ気味に踏み込み、サイドスローよりやや上から投げ込みます。

肘をやわらかく使い、肘から先も立てて使えており、腕をしなるように鋭く、力強く振っています。

球持ちも良いので打者にとっては球速以上の威力を感じると思います。


ストレートのMAXは148キロ。

常時130キロ台後半から140キロ前後をマーク。

制球は厳しいコースに突けるというレベルではなく、まずまずと言った印象。

とにかく球の威力があるので、力押しで抑えています。

短いイニングを投げるところしか見ていませんが、馬力という点ではかなり高いです。

勝負所では質の良い威力のありそうな真っ直ぐを連発しています。


変化球はシンカー、スライダー、チェンジアップ、カーブ、カットボールなど多彩。

ストレートにスライダー、落差の大きいシンカーを随所に織り交ぜて抑えています。


スタミナに関しては継投が多めですが、3年夏の予選では長いイニングをきっちり抑えており、完投能力は十分あるでしょう。

常に全開投球ではなく、抑えるべきところは抑えるという力の抜きどころがわかっている投手です。

テンポアップも上手く、ここぞの勝負では球速・威力のあるストレートをズドンと放り込んできます。

シンカー・スライダーとのコンビネーションも良く、サイドスローの本格派としては同世代トップレベルの一人でしょう。

馬力の高さを考えると、今後150キロ以上を出すことは十分可能だと思います。

今後の伸びしろを考えると高卒でプロの指名も十分ありそうな好素材です。


甲子園2回戦で智弁和歌山(和歌山)との対戦が決まっています。

いわずと知れた優勝経験もある近畿地区を代表する強豪。

今年はいつもの強打ではなく、投手陣を中心とした守りのチームとのこと。

どういうチーム編成できても勝ち方を知っているチームは強いです。

神村学園は右の柿沢、左の平藪とタイプの違う二枚看板がいて、どちらが投げてもある程度試合を作ってくれます。

打線も予選決勝で鹿児島実を二桁得点で圧倒するなど、かなり強力と見て間違いないでしょう。

総合力でどちらが上回るか、この試合に勝ち残ったほうはかなり勢いがつきそうです。


関連記事

第94回全国高校野球選手権大会(2012年夏の甲子園大会)

3本塁打の一発攻勢で光星学院がベスト8一番乗り(神村学園―光星学院戦・3回戦)

第94回全国高校野球選手権大会6日目の結果と感想と7日目について(神村学園―智弁和歌山戦・2回戦)


3年夏の甲子園大会の記録

対戦校投球回数打者数投球数被安打被本塁打奪三振与四死球失点自責点
智弁和歌山(2回戦)5回2277302221
光星学院(3回戦)4回1851532255

※光星学院戦は先発、その後抑えで登板している分の数値を合わせたデータです。


最終更新日:2012年8月23日

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。