08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二橋大地(盛岡大付・岩手)

二橋大地(盛岡大付・岩手/3年/三塁手/178cm・81kg/右投/右打/遠投?m・50m走?)

2012年夏の岩手大会6試合で53得点を挙げた強打の盛岡大付の主砲。

文ケ岡小1年の時に軟式少年野球「桜森ベアーズ」に入り、投打の要として活躍。

光丘中時代は横浜瀬谷ボーイズ(神奈川)でプレイし、中3時に保土ケ谷・神奈川新聞スタジアムで本塁打を記録。

盛岡大付属に進学後、2年秋から主軸を任され本塁打を量産。

3年春から4番に定着し、7年ぶりの春の岩手県大会優勝に貢献。

東北大会もベスト4入りを果たす。

3年夏の岩手大会でも4番として活躍し、決勝では大谷翔平(花巻東・岩手)から高校通算39号を放ち、花巻東に5-2で勝利し全国行きの切符を勝ち取る。


2012年夏の岩手大会決勝・花巻東戦の動画。

2012年春季東北大会準決勝・仙台育英戦(1分50秒過ぎに打撃シーン)


スタンスはスクエアスタンス、グリップは頭のあたりに置き、寝かせたヘッドをクルクルと回すようにタイミングを取っています。

スタンスに関しては左足を一歩引いてオープン気味に構えることも見られました。

構えから長距離打者特有の雰囲気をかもし出しています。

始動は相手投手の腰が沈みかけたとき。

左足をゆっくりと大きくベース近くまで上げていき、真っ直ぐに踏み込んでいきます。

踏み込みは力強く、足元もブレることなくしっかりと踏み込めています。

巻き込むように振り抜くスイングは鋭く、ヘッドを走らせボールをとらえています。

体重移動もスムーズで下半身主導のスイングが出来ており、ミートしただけでも打球が伸びています。

体幹が相当強いのか、フルスイングしていますがスイングにブレがなく、安定感を感じます。

ストレートでも変化球でも自分のスイングが出来ているのは強み。

バットを振る能力に関しては高校生としては一級品です。

始動からインパクトまでやや長めですが、間の取り方が上手く、自分のタイミングで打てています。

選球眼も良く、自分のミートポイントにきたと思った球には鋭く反応しています。

長打を連発できるのもうなずける打撃スタイルだと思います。

速い球には強く、3年夏の予選決勝では大谷投手の148キロの高めのストレートを軽々とレフトスタンドに運んでいます。

疑惑の判定と言われているシーンですが、フェア・ファールかは別として、飛距離は十分で完璧にとらえているのは間違いないです。

ストレート対策がきっちり出来ていたのか、大谷投手のストレートにそれほど速さを感じなかったとの事。

予選決勝の花巻東戦を見る限り、引っ張る打撃を得意としており、準々決勝の大船渡戦でもレフトスタンドへアーチを架けており、レフト方向への打球の伸びは素晴らしいです。

大谷投手との対戦では外角低めにスライダーを落とされ、空振りを取られているシーンもありましたが、別の場面では変化球をきっちり見極めて見逃せている場面もあります。

ボールをとらえるシーンが見られなかったので、変化球への対応は未評価。

同じく左投手に対してのサンプル・データもないので、対左は未評価とさせていただきます。


守備・走塁

三塁守備に関しては反応も悪くなく、軽快なフィールディングを見せています。

遠投のデータはないですが、一塁への送球は鋭いです。

走塁に関してはサンプルになるシーンやデータがなかったので未評価。


3年夏の予選6試合で打点10と勝負強さを持っており、大谷投手からの本塁打を見ても長打力は抜群。

その長打力には華があり、打撃には躍動感を感じます。

これで外の球を逆方向に軽打するなどの技術を持てれば、打撃の選択肢の幅も広がり、相手投手にとっては攻略しづらい厄介な打者になりそうです。

全国トップレベルの投手が持つ精度の良い球に対応できるのか、自分のスイングを貫くことが出来るのかが夏の甲子園では注目点になりそう。


盛岡大付は2人で計20打点、5本塁打を記録した4番二橋大地と3番佐藤廉(盛岡大付3年/外野手)が形成するツインバズーカを中心に、強力な打線を誇ります。

エースの出口心海(盛岡大付3年/投手)も安定感があり、投打ともに戦力が整っています。

夏に7回出場、春に2回出場していますが、未勝利のようです。

甲子園初勝利へ向けて、十分な布陣を組めていると思います。


↓関連記事に詳細を記しましたが、延長戦の末に4-5で初戦敗退。

二橋は先制ツーベースを含む2安打1打点と活躍しました。

見事なスイングで鋭い打球を飛ばしていたので、大学など上のレベルでも精進して頑張って欲しいです。


関連記事

第94回全国高校野球選手権大会(2012年夏の甲子園大会)

第94回全国高校野球選手権大会2日目の結果と感想(盛岡大付―立正大淞南戦・1回戦)


3年夏の甲子園大会の記録

対戦校打数得点安打打点三振四死犠打盗塁失策本塁打
立正大淞南(1回戦)5021000020

二塁打1本(立正大淞南戦1本)


最終更新日:2012年8月23日

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。