09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第94回全国高校野球選手権大会の組み合わせが決定

第94回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が本日2012年8月5日に行われました。

発表された組み合わせは↓こちらになります。


2012年8月8日

第1試合 常葉学園橘(静岡)- 福井工大福井(福井)

第2試合 飯塚(福岡) - 広島工(広島)

第3試合 佐賀北(佐賀) - 仙台育英(宮城)


2012年8月9日

第1試合 佐久長聖(長野) - 作新学院(栃木)

第2試合 盛岡大付(岩手) - 立正大淞南(島根)

第3試合 今治西(愛媛) - 桐光学園(神奈川)

第4試合 杵 築(大分) - 常総学院(茨城)


2012年8月10日

第1試合 浦添商(沖縄) - 愛工大名電(愛知)

第2試合 滝川二(兵庫) - 北大津(滋賀)

第3試合 天 理(奈良) - 宮崎工(宮崎)

第4試合 鳥取城北(鳥取) - 香川西(香川)


2012年8月11日

第1試合 高崎商(群馬) - 浦和学院(埼玉)

第2試合 日大三(西東京) - 聖光学院(福島)

第3試合 宇部鴻城(山口) - 富山工(富山)

第4試合 佐世保実(長崎) - 札幌一(南北海道)


2012年8月12日

第1試合 龍谷大平安(京都)- 旭川工(北北海道)

第2試合 成立学園(東東京)- 東海大甲府(山梨)


2回戦

2012年8月12日

第3試合 光星学院(青森) - 遊学館(石川)


2012年8月13日

第1試合 智弁和歌山(和歌山)- 神村学園(鹿児島)

第2試合 鳴 門(徳島) - 済々黌(熊本)

第3試合 大阪桐蔭(大阪) - 木更津総合(千葉)

第4試合 新潟明訓(新潟) - 県岐阜商(岐阜)


2012年8月14日

第1試合 明徳義塾(高知) - 酒田南(山形)

第2試合 倉敷商(岡山) - 松 阪(三重)

第3試合 秋田商(秋田) -


春夏連覇を狙う大阪桐蔭(大阪)は、木更津総合(千葉)と対戦。

センバツ準優勝の光星学院(青森)は、遊学館(石川)と対戦。


個人的に注目の初戦のカード

浦添商(沖縄)-愛工大名電(愛知)

2012年世代NO.1左腕・濱田達郎(愛工大名電・愛知)宮里泰悠(浦添商・沖縄)照屋光(浦添商・沖縄)の二枚看板が挑む。

大会の疲労が蓄積していない初戦の濱田達郎を浦添商打線がどうとらえるのか。

濱田達郎は大崩れしにくいゲームメイク能力に長けた投手なので、攻略は難しそうですね。

浦添商の二枚看板がより有利に働くのはトーナメントが進んでからなので、序盤に当たるチームとしては愛工大名電は難敵でしょう。

どちらが勝っても勢いがつくことは間違いなく、初戦で観るのは勿体無いカードです。


今治西(愛媛)- 桐光学園(神奈川)

神奈川は地元なので当たり前ですが最注目。

神奈川NO.1左腕・松井裕樹(桐光学園・神奈川)が全国の舞台でどこまで通用するのか。

今治西の主戦投手・伊藤優作は制球力の良い左腕投手。

同じ左腕ですが、ストレートとスライダーが武器の松井と制球力で抑える伊藤。

対照的といえる投手の対戦となりました。

どちらも熱戦を制して勝ち上がってきているので、本大会でも好ゲームが期待できそうです。

桐光学園は機動力を絡めた攻撃を見せ、伊藤投手を揺さぶっていきたいところ。

3番を打っている水海(桐光学園2年)は、夏の予選を通じて良いところで打っていたし、桐光学園打線のキーマンでしょう。

遊撃手を守る1年の武(桐光学園)は下位の選手ですが、スピーディで攻守で良いプレイを見せていたのでこちらも注目しています。

今治西は松井投手のスライダーをどう攻略・見極めていけるかが鍵になりそう。

このスライダーは良いところに鋭く落ちていくので、本当に厄介です。

高めに抜けてくるストレートが狙い球だと思いますが、おそらく予選の疲労が取れた状態だと思うので、横浜高校戦の時に近い状態で投げてくるでしょう。

真っ直ぐに力がある状態であり、スタミナも万全に近いと思われます。

多投させて失投を誘うか、松井投手は守備に難点を抱えているので、そこを上手くついていくのか。

幾つか攻略方法は思いつきますが、今治西がどこを攻めていくのか注目です。


日大三(西東京)- 聖光学院(福島)

夏の連覇がかかる日大三高に挑むのは、福島の絶対的王者・聖光学院。

斉藤風多(日大三3年/投手)は、昨夏の優勝投手・同校の先輩吉永健太朗(早大1年)から「相手を見下ろして投げろ」とのアドバイスを実践し、今夏は4試合30イニングを投げて2失点。

中学時代に三度対戦して一度も勝てなかったという濱田(愛工大名電)との対戦を希望しているそうなので初戦でこけるわけにはいきませんが、相手は圧倒的破壊力で福島を制した聖光学院打線。

2年生4番の園部聡(聖光学院・福島)を中心に強打者・好打者がズラリと揃っています。

この打線をどう封じるのかが勝敗を分けそうですね。


明徳義塾(高知)- 酒田南(山形)

名将・馬淵史郎監督が率いる明徳義塾と酒田南の大型バッテリー会田隆一郎(酒田南高校・山形)下妻貴寛(酒田南高校・山形)との対戦。

明徳義塾には予選決勝でも見事な投手リレーを見せて12回の激闘を制した福永、福などゲームを作れる投手が複数います。

酒田南にもフォークを武器にする板垣投手がいるので、継投が勝負の分かれ目になる可能性もありそう。

下妻選手は大会の選手宣誓も行うことになったようです。


初戦から波乱があるのか、はたまた強豪校と予想されたチームが順当に勝ち上がっていくのか。

大注目の第94回全国高校野球選手権大会は2012年8月8日に開幕です。

No title

ご無沙汰してます。
プラネッツオーナーの SEN です。

その説は、急に生活が変わり、サイト運営ができなくなり申し訳ありませんでした。

昨日、長年の期待が適って対戦が実現しましたね。

いや~、終盤までの手に汗握る接線、ここしばらくで一番面白い試合でした。

最後は、地力の差ってやつですね。流石です。
もうすっかり強豪チームの貫禄でした。

しかし、いろいろ様変わりしても、まだリンクを生かしてくれているんですね。
申し訳ないやら、ありがたいやら・・・。

どうもありがとうでした。
楽しくて、懐かしかったです。

SENさんへ

SENさん、ご無沙汰しております。
Yスタを始めた頃からの念願かなっての対戦、非常に楽しかったです。

終盤まで熱戦を繰り広げ、紙一重の勝負だったと思います。
前日対戦カードを確認した際、かなり調子の良い投手が相手だと分かり、うちはエース・2番手が投げた後だったので厳しい戦いになると予想していましたが、ここまでの打撃戦になるとは思いませんでした。
うちの打線が調子が良かったのは、こういう日のために取ってある気合ポイントを使ったためでしょう。
気合ポイントを使わなければあれだけコンスタントに打つことは出来ず、プラネッツの先発投手も攻略できなかったかもしれません。

こちらこそ対戦&コメントをいただきどうもありがとうございました。
懐かしく、楽しく、最高のゲームでした。
Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。