05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

園部聡(聖光学院・福島)

園部聡(聖光学院・福島/2年/一塁手/182cm・83kg/右投/右打/遠投110m・50m走6秒8)

中学時代(軟式チーム・いわき松風クラブ)は投手でしたが、入学直前の練習でひじを痛め、打者に専念。

福島の強豪・聖光学院に入学すると、1年秋で4番に抜擢されるが、準優勝した秋季東北大会では4戦で1安打(11打数1安打2打点)と奮わず。

一冬越え、2年春のセンバツ大会でも4番ファーストで出場。

初戦の鳥羽戦では3打数2安打1打点で活躍するが、2回戦で横浜高校の柳裕也(3年/投手)に4打数1安打と抑え込まれ、チームも敗退。

2年夏も不動の4番打者として出場。

3回戦の安積戦(県営あづま球場)では、2打席連続本塁打を記録。

打率.435、9打点、2本塁打と堂々たる活躍でチームを6年連続甲子園出場へ導く。


2012年夏の福島大会決勝・学法石川戦(1分10秒過ぎにピッチャー左横を抜けていくセンター前ヒット)

2012年春季東北大会準決勝・光星学院(青森)戦の打撃映像(対戦投手は城間竜兵(光星学院3年/投手))と同大会決勝戦・仙台育英戦での打撃映像(対戦投手は渡辺郁也(仙台育英3年/投手)。


スタンスはスクエアスタンス、グリップは顎あたりに置き、ヘッドを小刻みに揺らしタイミングを取っています。

背筋を伸ばしどっしりと構える姿は、2年生ながら既に強打者特有の風格があります。

始動は投手が腰を沈めたあたりで、左足を上げ、真っ直ぐ踏み込み、打ちにいきます。

踏み込んだ足元はブレておらず、スイングスピードも速く、下半身主導のタメが効いたスイングが出来ています。

下半身に粘りを感じ、崩された状態でもきっちりスイングが出来てボールをとらえられています。

素振りやロングティーなど、相当振り込んで下半身を鍛えてきた印象をそのスイングから受けます。

始動がやや早めで自分の間合いで打てているため、対応力が高く、率も稼げそうなバッティングです。

外の球をセンター前に返したり、内角球を左中間にはじき返したり、右方向へも大きな当たりを打つことも出来、広角に打てる技術は持っており、打撃の選択肢は多そうな打者だと思います。

佐藤勇(光南高校3年/投手)、松本匠(学法石川3年/投手)と県内有数の好投手を打ってきているのも高評価。


守備面に関しては映像等で確認できていないので未評価。

高校に入ってから投手から野手に転向し、1年時から守備面では不安視されていたようです。

特筆すべき機敏さはなく、一塁以外のポジションを守るのは厳しいとのこと。

走力に関しても速さはなく、武器になるレベルではないようです。


選球眼・バットコントロール・スイングスピードと高水準に備えた選手。

打撃面だけで言えば、来年ドラフトにかかっても不思議ではない好素材です。

走守に関しては現状武器にはならないので、とにかく打撃面を特化して伸ばしていきつつ、守備等も経験・練習を重ねていくと良いでしょう。

2年夏の予選決勝の7回の打席では、「内角を狙っている」と予測し、投球と同時に一歩下がりフルスイングし、左中間へ打ち返して二塁打。

場面・状況に応じた打撃も出来ており、パワフルさと器用さを兼ね備えた中距離打者です。

ここ一番で走者を返せる勝負強さ、試合の流れを変える長打力、崩されてもボールをとらえることができる下半身主導のタメがきいたスイング、2年生ながら既に福島県内を代表する野手の一人です。

現時点でも十分力は持っていますが、順調に力を伸ばしていけば最終学年では東北を代表する強打者として名を轟かせる可能性は十分あるでしょう。

2012年夏の甲子園にも全国津々浦々にハイレベルな好投手がズラリと揃っているので、それら好投手を相手に力を見せられるのか注目したいです。


(追記)

↓の関連記事に詳細は記しましたが、2回戦の浦和学院戦で敗れて園部聡の2年夏は終わりました。

甲子園では2試合で終わってしまいましたが、2年生4番として見事な働きを見せたと思います。

北條史也(光星学院・青森)田村龍弘(光星学院・青森)などの東北の強打者の系譜を継ぐ第一候補は園部聡だと甲子園での2試合を見て感じました。

最終学年になる2013年は東北NO.1スラッガーを目指して大きく飛翔して欲しいです。


関連記事

第94回全国高校野球選手権大会(2012年夏の甲子園大会)

18安打11得点で浦和学院が快勝!(聖光学院―浦和学院戦・2回戦)

聖光学院が2-1で競り勝ち、昨夏王者日大三が初戦で散る(聖光学院―日大三戦・1回戦)


他関連記事

東北地方の代表6校が出揃う

外野4人の奇襲戦法


2年夏の甲子園大会の記録

対戦校打数得点安打打点三振四死犠打盗塁失策本塁打
日大三(1回戦)3121000000
浦和学院(2回戦)3 113110001
累計6 234111121

2年夏の各種通算成績

打率.500

二塁打1本(日大三戦1本)

三塁打1本(日大三戦1本)


最終更新日:2012年8月23日

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。