09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡邉諒(東海大甲府・山梨)

渡邉諒(東海大甲府・山梨/2年/内野手/180cm・75kg/右投/右打/遠投?m・50m走6秒1)

1年の頃から強打者として名を馳せ、同校の先輩である高橋周平(2011年中日ドラゴンズドラフト1位)の後継者として期待される。

東海大甲府入学後、1年春からベンチ入り。

1年春の関東大会では本塁打を放つなど華々しいデビューを飾り、同大会中に4番を経験すると、1年夏には4番として出場。

2年夏は1番として起用され、チームの切り込み隊長として山梨大会ではチームトップタイの9安打をマークして、甲子園出場に貢献。


2年春の時点の打撃動画(時期詳細は不明)。

同じく2年春の時点の打撃動画(時期詳細は不明)。

同じく2年春の時点でセーフティバントを決める動画(時期詳細は不明)。


1年春に推定120m弾を放つなど、高橋周平に続く1年生スラッガーとして注目を集めましたが、どちらかと言えば長距離ではなく、中距離打者としての道を歩んでいる印象。

1年春の時点では右足に重心を置き、どっしりとスクエアスタンスで構え、タメを作ってから打ちにいき長打を狙う打者という印象が強かったですが、2年春の時点ではかなり変わってきています。

スタンスはやや左足を引いたスクエアスタンス、グリップは顔のあたりに置き、背筋を伸ばして構えています。

やや寝かせたバットを小刻みに揺らしつつ、左足でもタイミングを取っています。

投手の足が着地したあたりで始動し、左足をゆっくりと小さく上げていき、真っ直ぐ踏み込んでから打ちに行きます。

自分の間合いで打てており、タイミングの取り方に天性の打撃センスを感じます。

トップの動きは小さく、トップからインパクトまで無駄なく最短距離で振れています。

始動は遅めでボールをギリギリまで見極めていますが、コンパクトかつ鋭いスイングできっちりとボールをとらえています。

長距離砲というよりは、左右に鋭い当たりを打ち分ける中距離ヒッタータイプという印象を受けます。

2年春の関東大会では、宇都宮工の星知弥(投手/3年)から3安打猛打賞を記録。

同投手はMAX150キロを誇る右腕で関東ではトップクラスの投手の一人。

そのストレートにも振り負けず、きっちりとらえて鋭い当たりを打っていたようです。

レベルの高い投手を相手に結果を残せているのは高評価。


守備・走塁面

一塁到達は4秒2台と右打者としては俊足の部類。

中学時代はシニアチームに所属する傍ら、陸上部にも在籍し、100mは11秒4、50mは6秒1で走ったとのこと。

上の動画でもセーフティバントを決めていますが、非常にスピーディな選手です。

東海大甲府の村中秀人監督は、

「渡邊が出塁すれば二塁打と同じ」

とコメントするなど、走塁面に関しては現時点でも十分武器になるレベルに達しています。

守備は内野ならばどこでも守ったことがあるようですが、2年夏の時点では遊撃手を守っています。

守備については観たことがないので未評価とさせていただきます。


2013年度に最終学年を迎える世代では、トップクラスと言える野手の一人。

走攻守三拍子揃った選手として評価を受ける逸材。

2012年夏の甲子園出場する来年ドラフトを迎える2年生野手では、園部聡(聖光学院・福島)などと並んで個人的に見るのが楽しみな選手の一人です。

今後も全体的なレベルアップを図っていけば、高校生野手として来年のドラフト候補に上がる可能性は高いでしょう。

憧れの先輩の高橋周平も踏めなかった夏の甲子園でどのようなパフォーマンスを見せることが出来るのか。

全国区の投手たちとのハイレベルの攻防が見られるのか、それともあえなく抑え込まれてしまうのか。

おそらく1番を打つことになると思われるので、渡邉選手の出塁如何によって勝敗が左右される試合も出てくるかもしれません。

打撃・守備・走塁と全ての面で目が離せなさそうな選手です。


関連記事

第94回全国高校野球選手権大会(2012年夏の甲子園大会)

北條・田村の一発攻勢!光星学院が東海大甲府を破って3季連続決勝へ(東海大甲府―光星学院戦・準決勝)

神原が168球4失点完投、打線は18安打8得点で東海大甲府が8年ぶり4強進出(東海大甲府―作新学院戦・準々決勝)

第94回全国高校野球選手権大会11日目の結果と感想(東海大甲府―仙台育英戦・3回戦)

第94回全国高校野球選手権大会9日目の結果と感想と10日目について(東海大甲府―龍谷大平安戦・2回戦)

第94回全国高校野球選手権大会5日目の結果と感想と6日目について(東海大甲府―成立学園戦・1回戦)


2年夏の甲子園大会の記録

対戦校打数得点安打打点三振四死犠打盗塁失策本塁打
成立学園(1回戦)4010000100
龍谷大平安(2回戦)4 231001001
宇部鴻城(3回戦)3 012010000
作新学院(準々決勝)4 000001010
光星学院(準決勝)4 110100010
累計19 363121121

2年夏の各種通算成績

打率.315

二塁打1本(龍谷大平安戦1本)

三塁打1本(宇部鴻城戦1本)


最終更新日:2012年8月22日

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。