06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対照的な試合展開になった準決勝、決勝は桐光学園対桐蔭学園に決定

当方の地元・高校野球の神奈川県予選もついに準決勝を迎えました。

2012年7月28日、準々決勝に引き続き横浜スタジアムで準決勝2試合が行われました。


準決勝第1試合は桐光学園高校 対 平塚学園高校

桐光は準々決勝で打倒横浜高校を果たし、ここまで勝ち進んできました。

平塚学園も慶応など強豪を破り、ベスト4まで勝ち上がりました。

先発は桐光学園が松井(桐光学園2年)。

平塚学園は熊谷(平塚学園2年)。

2年生エース同士の対決となりましたが、先手を取ったのは桐光学園。

1回、2回と熊谷の立ち上がりを攻め、序盤に4得点。

逆方向を意識した打撃が上手くハマリ、熊谷が調子をあげてくる前に叩くことが出来ていました。

桐光学園の松井は、3安打に抑えた横浜高校戦と比べると、序盤から苦しい投球でした。

ボール先行で球数が増え、甘く入ったところを狙われヒットを打たれる。

毎回のように走者を背負う投球が続きましたが、要所で決め球のスライダーが鋭く決まり、三振を奪って崩れず。

攻めに攻める平塚学園をかわし続けるも、終盤8回にスタミナが切れたのか四球、四球、四球。

ヒットも重なり押し出しで1点を謙譲し4-2と2点差に迫られ、なおもノーアウト満塁。

投手継投も考えられる場面でしたが、桐光学園の野呂監督は松井投手を信じていたのか動かず。

力尽きかけていたと思われた松井がここでエンジンを再点火し、直後の打者に対しこの日最速の146キロをマーク。

渾身のストレートを投げ込み、次打者を内野ゴロ。

内野ゴロで1点を失い1点差に迫られるも、後続もねじ伏せ大ピンチをしのぎきる。

エースの力投に応えるように打線が8回裏、駄目押しの5点目を挙げると、松井は9回を三者凡退で締め、5-3で桐光学園が勝利。


6回終了時点で松井投手は100球を超え、最終的には167球のまさに「熱投」と言える力投で3失点完投勝利。

平塚学園の三者凡退は9回のみ。

終盤まで松井投手に食らいつき良い攻めも見せていましたが、攻めきることができませんでした。

あと一本出ていれば崩れるという場面でことごとく踏ん張られていました。

スライダーがここ一番で決まりまくり、特に8回表の逆転されても不思議でなかったピンチの場面をしのいだ際の投球は、見事としか言いようがないです。

平塚学園の熊谷投手は、序盤こそつかまりましたがよく持ち直したと思います。

8回も自らの二塁打からチャンスメイクし、追い上げる展開を演出。

今回は松井投手に軍配が上がりましたが、本当に紙一重だったと思います。

この両投手はまだ2年生。

二人にはもう1年あるので、再対決があれば非常に楽しみです。


準決勝2試合目は驚愕の展開になりました。

桐蔭学園高校 対 日大藤沢高校。

ノーシードから勝ち上がってきて勢いに乗る日大藤沢。

第1シード最後の牙城である桐蔭学園。

今大会一人で投げ抜いてきた日大藤沢のエース池田投手。

この日も先発でしたが、この池田投手に大会屈指の強打を誇る桐蔭学院打線が牙をむく。

3回裏、4番小河のタイムリーで先制すると、5番森川にもスリーランが飛び出しこの回一挙5得点。

4回に1点を加えると、5回には2番菊池に満塁弾が飛び出し、計10得点を挙げた桐蔭学園が5回コールド勝ち。


池田投手は2本のアーチに泣きましたが、桐蔭学園の大量点を得るまでのアプローチがすごい。

5回の満塁アーチの前は、3連続セーフティバント。

大量失点で苦しい状況の相手に対し、隙のない攻めで崩していき、最後は一発長打で止め。

相変わらず機動力に関してはすごいチームです。

打線の大量得点で目立ちませんが、桐蔭学園の斉藤・檀上の2投手が5回無失点リレーと好投。

斉藤のスライダーは非常に良かったですね。

圧倒する雰囲気はないものの、いつの間にか試合を作ってしまう安定感があります。

日藤の3番小坂井選手が3回に二塁打を打ちましたが、ピンチらしいピンチはその一度のみだったと思います。


明日7月29日はいよいよ神奈川地方大会決勝戦。

決勝カードは↓こちら。

桐光学園高校 対 桐蔭学園高校

球場は準々決勝・準決勝と同じく横浜スタジアム。

今日の2試合を見る限り、桐蔭学園有利の予想をされる方が大半でしょう。

桐光のエース松井投手は、今日の試合で限界まで投げきったと思います。

準々決勝と準決勝で300球以上投げているので、疲労も蓄積しているでしょう。

連投となる明日はもし投げられたとしても万全の状態ではないかもしれません。

対する桐蔭学園は、継投してきているので投手陣に松井投手ほどの疲労はないでしょう。

準決勝でも5回コールドと快勝し、投打ともに磐石の状態と言えそう。

桐光学園は百合丘戦で先発した1年の山田将士投手がおり、1年生としては良い投手だと思います。

ただ、当然ながら松井投手とはまだ力の差があり、強打の桐蔭学園に通じるかどうかは難しいところ。

日藤の池田投手があれだけ滅多打ちされているのを見ると、正直松井投手が万全でも難しい試合になるでしょう。

そう思わせるだけの力を桐蔭学園の準決勝までの試合運びから感じますが、試合はやってみなければわかりません。

どういう展開になるか予想しづらいですが、両校ともに悔いのない試合をし、熱戦を期待したいです。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。