05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桐光学園が勝利し、横浜高校がベスト8で散る

神奈川県予選もついに準々決勝を迎えました。

本日2012年7月25日、準々決勝2試合が横浜スタジアムで行われました。

準々決勝で特に注目していたカードが横浜高校対桐光学園戦。

昨年夏の県予選決勝のカードの再現。

まさしく熱戦というのにふさわしい、柳裕也(横浜高校・投手)と松井裕樹(桐光学園・投手)の序盤からの投げ合い。

横浜の柳が制球力を武器に丁寧な投球で凡打の山を築けば、桐光・松井はストレートとスライダーのコンビネーションで奪三振の山を築く。

ガップリ四つの展開でしたが、終盤8回に柳が2本の内野安打から崩れ、最後は桐光学園のクリーンナップの猛攻の前に力尽き、8回途中で3失点降板。

9回表に松井投手は勝ちを意識したのか、ノーアウトから連続四球。

続く3番樋口(横浜高校3年)も一・二塁間に鋭い当たりを打ちますが、これを桐光のセカンド鈴木がファインプレー。

これでアウト一つを取れたのが大きかったですね。

この後、4番高濱が左中間に三塁打を打ち、2点を返して1点差に追いすがりますが、1アウト三塁からスリーバントスクイズ失敗。

そして最後の打者をセンターフライに打ち取り、4-3で桐光学園が打倒横浜を果たしました。

最後の最後で粘る横浜もすごいですが、昨年夏、そして秋と競り負けてきた相手に勝ちたいという桐光ナインの気持ちが強く前面に出たことで、終盤の競り合いに勝つことが出来たのでしょう。


横浜・柳は制球力・テンポともに良く、県内屈指の好投手だと思います。

強豪横浜高校のエースナンバーを背負うに値する投手だと思いますが、ただ、全体的な球威が不足していた印象。

勝ち越しの一打を打たれたときも力みがあり、やや甘く入ったところを逆方向へ狙い打たれました。


横浜高校打線から11奪三振の力投を見せた松井投手は、昨夏と比べるとボリュームアップしていましたね。

見たのは昨年夏の決勝以来でしたが、1年夏から2年夏にかけてきっちりレベルアップしてきた印象。

実況によると4kgほどアップしたとのことなので、相当鍛えこんできたのでしょう。

ストレートが威力を増し、終盤まで140キロ台前半をコンスタントに投げ込んでいました。

9回には146キロを投げるなど、スタミナ十分でした。

勢いのまま投げていた1年時と比べると、全体的な球威が増し、制球力、変化球も良くなっていました。

威力抜群のストレートと切れ味鋭いスライダーのコンビネーションは、全国レベルに達したと言っても良いレベルです。

試合後のインタビューで松井投手は

「勝ちたいという気持ちが腕を振らしてくれました」

とコメントを残していましたが、気持ちがこもった渾身の力投だったと思います。


注目の横浜の1年生トリオは、高濱と浅間が先発出場して川口は控えだったようです。

1番を打った浅間は、2三振を喫するなど結果は残せず。

4番の高濱は9回に2点タイムリー三塁打を打ちました。

浅間は9回に四球を選び、高濱はタイムリー三塁打。

二人とも9回、松井投手が力んだところでようやく結果を残しましたが、まだ好投手が相手だと厳しい印象。

こういった好投手を打ち崩さなければ、全国の舞台で活躍するのは難しいでしょう。

この試合は二人にとって大きな財産となったと思うので、この敗戦を糧に大きくなって欲しいですね。

松井投手が昨夏・昨秋の敗戦を経て、大きくなったように。


桐光学園はこの日の第1試合の勝者・平塚学園と準決勝で対戦することになりました。

平塚学園は好投手・荒川雅樹(立花学園3年・投手)を打って勝ち上がってきているので、桐光学園の松井投手にしても、楽に抑えられる相手ではなさそう。

ただ、今日のストレートとスライダーのキレ、終盤まで球威が落ちず140キロ台前半を投げ続ける馬力とスタミナを見る限り、同投手を攻略するのは容易くなさそうです。

守備面でも桐光学園はかなり鍛えられているようなので、接戦には強そう。


本命横浜高校が破れたことにより、全国への切符争いがさらに激化。

逆側のトーナメントはどこが勝ちあがってくるのか。

対抗と予想していた総合力の高い横浜隼人高校か。

打線好調の桐蔭学園高校か。

はたまたそれらを破って別のチームが一気に駆け上がってくるのか。

準々決勝の残り2試合にも注目しています。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。