06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県予選ベスト8出揃う

当方の地元神奈川の予選もかなり消化してきており、ベスト8が出揃いました。

勝ち残った8チームは↓こちらになります。

桐蔭学園高校

横浜商大高校

横浜高校

桐光学園高校

平塚学園高校

慶応義塾高校

横浜隼人高校

日大藤沢高校


組み合わせを見る前の個人的な予想では

◎横浜高校

○横浜隼人高校

△東海大相模

▲桐光学園高校

この4校あたりが優勝に絡むのではと予想していました。

第1シードの東海大相模が4回戦で敗れたのは驚き。

一発勝負のトーナメントの怖さですね。

好投手といわれていた荒川雅樹(立花学園3年・投手)に2失点完投と好投され、よもやの早期敗退。

この荒川投手も、次戦の平塚学園にこの投球映像から研究されてしまい、3回途中降板。

試合も6-2で平塚学園が勝利。

短期間の間(対戦が決まった21日以降から同投手を意識した練習をしたそうです)に研究し、結果を残したのは素晴らしいですね。

準々決勝で個人的に注目しているカードは、横浜高校VS桐光学園高校。

2011年の夏の予選大会決勝カードの再現です。

県内屈指のサウスポー・松井裕樹(桐光学園2年)がどこまで横浜高校打線を抑えられるかが、試合の勝敗を左右しそう。

170cmそこそこと小柄ですが、キレのあるストレートと決め球のスライダーが鋭く、全体的なバランスが良い好投手です。

東海大相模が負けたことでもわかるように、投手が好投すれば流れは引き寄せられます。

横浜高校が本命であるとは思いますが、勝負はやって見なければわかりません。

横浜高校はここまで実力を如何なく発揮し続けている1年生トリオ(高濱・浅間・川口)が、好投手である松井投手を相手にして、いつも通りの打撃が出来るのかが勝敗の鍵になるかも。

松井投手はここまで対戦してきた投手とは一味違う好投手なので、1年生トリオが全国に行っても活躍できるかどうかの指標にもなりそうです。

2-1と熱戦になった前年の夏のような好勝負を期待したいです。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。