05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田村龍弘(光星学院・青森)

田村龍弘(光星学院(青森)3年/捕手・三塁手/173cm・78kg/右投/右打/遠投110m・50m走6秒4)

2012年春のセンバツ準Vメンバーの主将であり、同チームで北條史也(光星学院・青森)などと中軸を形成する超高校級の野手。

チームメイトの北條に負けず劣らず、素晴らしい打撃センスの持ち主。

↓こちらは春のセンバツ決勝で藤浪晋太郎(大阪桐蔭・大阪)投手との対戦映像。

↓は春のセンバツ関東一戦での本塁打(マウンドにいるのは醍醐(関東一)投手)。

↓は2012年春季大会準決勝・聖光学院戦・マウンドにいるのは岡野投手。

小柄ですががっちりとした身体つきで非常に鍛えられている印象。

オープンスタンスでどっしりと構え、グリップの位置は高く顔あたりに置き、バットを揺らしながらタイミングを計っています。

投手の足が着地するあたりで始動を始めており、ギリギリまで見極めてから打ちにいっています。

足を大きく上げ、強く踏み込んでから振りにいきます。

踏み込んだ足元も崩れていないので、しっかり振り抜くことが出来ています。

スムーズなスイングで小柄ですがヘッドスピードが速く、フルスイングが出来て強く叩けているので打球が伸びます。

無理なく自然に左右に打ち返すことが出来ており、バットを振る能力が非常に高い選手です。

左中間の深いところにまで運ぶ力もあり、逆方向への打球も伸びています。

広角に打てるため打撃の選択肢の幅が広く、それが勝負強さに直結しています。

逆方向への打球の鋭さ・伸びに関しては、2012年の高校生ではトップクラスでしょう。

2012年センバツ決勝では藤浪(大阪桐蔭・大阪)から3安打。

同センバツでは同世代トップクラスのサウスポー、濱田達郎(愛工大名電)からも2安打。

上の動画にもある通り、好投手と言われる聖光学院の岡野投手からも本塁打を打つなど、好投手を苦にしない打撃センスは注目に値します。


守備・走塁

元々三塁のレギュラーでしたが、2年秋の新チームから捕手にコンバート。

捕手転向後まだ間もないので、経験が浅いのは否めず。

しかし、随所にセンスの良さを感じさせます。

↓は二塁へのスローイングの映像。

2012年のセンバツ大会では5度盗塁を企画され3度阻止。

二塁送球は1秒9台をマークするなど、地肩の強さが光っています。

短期間でこれだけ出来るようになるのはセンスの表れですが、キャッチングも含めて総合的に見ると技術的なレベルはまだまだ低いです。

塁間タイムは4秒5前後。

右打者としても速いというレベルではなく、脚力に関しては武器にするレベルではないです。


スラッガーとして名を轟かせていますが、個人的には広角に鋭く打つことが出来るセンスを持った中距離打者といった印象。

やはり小柄な点が気になりますが、それでもこの野球センスは見逃せないところ。

捕手としてはまだまだ発展途上の部分はありますが、後継捕手を探しているチームはチェックをはずせない素材です。

補強点と合致するチームがあれば、ドラフト上位で消えても不思議ではない高校生だと思います。

この夏悲願の優勝旗を持ち帰ることが出来るのか注目したいです。


(追記)

↓の関連記事に各試合の詳細は記していますが、大阪桐蔭との史上初の春夏同一カード決勝に挑み、0-3で惜しくも敗れてしまいました。

3季連続の決勝進出という快挙を果たしながら、深紅の優勝旗には届かず。

田村は大会を通じて攻守で力を発揮し、主将としてチームを引っ張っていました。

決勝も大阪桐蔭打線の圧力を受ける中打撃に気が回りませんでしたが、最終打席には藤浪から意地のヒット。

桐光学園の松井から打った決勝打も見事だったと思います。

捕手としてはまだ経験不足は否めない部分はありますが、地肩の強さも際立ち、軽快なフットワークで相手にプレッシャーをかけていました。

どのような進路に進むのか分かりませんが、高卒プロ入りするだけの力は間違いなくあります。

打者としては中距離打者としての素養は高く、打撃面も十分期待できる捕手です。

捕手、右の強打者が不足しているチームにとっては獲得を検討すべき選手の一人です。

今年はチームメイトの北條、春夏連覇した大阪桐蔭のエース・藤浪など、同世代に素晴らしい選手が揃っていますが、田村も上位で消えても不思議ではない逸材だと思います。

確実に獲りたいと考えるのならば、はずれ1位を考えずに1位指名するべきかもしれません。


関連記事

第94回全国高校野球選手権大会(2012年夏の甲子園大会)

2012年夏の陣、大阪桐蔭が光星学院を破って史上7校目の春夏連覇達成!(光星学院―大阪桐蔭戦・決勝)

北條・田村の一発攻勢!光星学院が東海大甲府を破って3季連続決勝へ(光星学院―東海大甲府戦・準決勝)

田村・北條が連続タイムリー!松井15奪三振の力投実らず桐光学園がベスト8で敗退(光星学院―桐光学園戦・準々決勝)

3本塁打の一発攻勢で光星学院がベスト8一番乗り(光星学院―神村学園戦・3回戦)

城間の完封勝利で光星学院が3回戦へ(光星学院―遊学館戦・2回戦)


3年夏の甲子園大会の記録

対戦校打数得点安打打点三振四死犠打盗塁失策本塁打
遊学館(2回戦)4020010100
神村学園(3回戦)2 312040111
桐光学園(準々決勝)4 111100000
東海大甲府(準決勝)5 344000001
大阪桐蔭(決勝)4 010200000
累計19 797350212

打率.473

二塁打0本


最終更新日:2012年8月23日

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。