05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北條史也(光星学院・青森)

北條史也(光星学院(青森)3年/遊撃手/177cm73kg/右投/右打/遠投100m・50m6秒1)

2012年の高校球界で最高の内野手の一人と言える選手。

同校の先輩でもある坂本勇人(巨人)2世とも言われる遊撃手です。

やはりまず目を引くのが打撃。

今春のセンバツ大会で濱田達郎(愛工大名電/投手)と対戦した際の映像。

グリップの位置は肩あたりに置き、気持ち足を引いてスクエア気味に構えています。

足を上げてタイミングを取り、真っ直ぐに踏み込んでいます。

立ち姿は癖がなくセンスの良さを感じさせます。

↓は昨年の神宮大会決勝で上記動画と同じ濱田投手との対戦になります。

↓こちらも同神宮大会での映像。

3番目の動画では外の球を見極め、右方向に綺麗に打ち返しています。

始動は遅めでギリギリまで見極めて打ちにいくタイプ。

バットの出もスムーズでスイングも鋭く、内外角ともに苦にはしていないように感じます。

間が上手く取れていないというか、タイミングの取り方がやや性急に感じますが、読みが良いのか、はたまた天性のカンのようなモノを持っているのか「ガツン」とタイミング良く打ち返しています。

以前は引っ張る傾向が強かったようですが、センターからライト方向へ打ち返すなど、打撃の幅が出てきました。

広角に打てることで打撃の選択肢が増え、これが勝負強さにつながっていると思います。

3年のセンバツでは打率.450、11打点とチームの中心打者として活躍し、同大会準優勝に貢献。

藤波(大阪桐蔭3年/投手)や濱田(愛工大名電/投手)など同世代トップクラスの投手を打ち、その実力を改めて示しました。


守備・走塁について

スピード感のある軽やかなフィールディングは華があり、グラブ捌きも柔らかいです。

↓は春のセンバツ決勝での守備動画。

見事なフィールディングです。

捕球してからの一連の動きが早く、鍛えているからこそ出来るワンプレイですね。

↓こちらも守備の動画。

打球に対する反応が良く、その後の対応も見事です。

上のランニングスローの際にも言えることですが、守備における判断力が非常に良い選手だと感じます。

基礎的な守備練習をきっちりこなした末に身に付いた地力でしょう。

一塁到達は4秒3ほどで右打者としては悪くないレベル。

プロでバシバシ盗塁を狙えるレベルではないですが、打撃においては鍛えれば十分武器になりそうな脚力です。


遊撃手の後継候補を探しているチームは要注目の逸材。

守備に関しては現時点で基礎が出来ており、プロに混じってもそれなりにやれる地力はありそう。

打撃面では打撃センスと勝負強さが光ります。

2012年の高校生の右打者ではNO.1と言っても過言ではない選手です。

最後の夏の県予選は3回戦で宿敵青森山田を下し、7月21日の準々決勝(4回戦)の弘前工業戦も勝利。

青森山田戦ではスリーランを打つなど、最後の夏も主軸として活躍しています。

センバツで既にポテンシャルは十分見せ付けていますが、甲子園の地を再び踏み、聖地で大暴れできれば秋にはドラフト上位候補として迎えられるでしょう。


(追記)

↓の関連記事に各試合の詳細は記していますが、大阪桐蔭との史上初の春夏同一カード決勝に挑み、0-3で惜しくも敗れてしまいました。

3季連続の決勝進出という快挙を果たしながら、深紅の優勝旗には届かず。

しかし、4番として打率.400、4本塁打(1大会の本塁打数で歴代2位タイ)、10打点と活躍。

決勝の藤浪にこそ4打数無安打2三振と抑えられましたが、松井裕樹(桐光学園・神奈川)など並み居る好投手を次々に打ち崩し、チームを3季連続の決勝進出に導きました。

今後どのような進路に進むのか分かりませんが、高卒プロ入りする力はあります。

長打力も夏に向けてグンと増してきて、大会では4本塁打。

打球も外野へ大きく飛ばすことが多く、長距離砲としての素養もありそう。

打撃面でのセンスが非常に高く、右の強打者、遊撃手補強を考えているチームにとってはまず獲得を検討したい選手です。

守備面は凡ミスする場面もありますが、現時点で基礎が出来ているので上のレベルでも経験を積めば十分こなせそう。

ドラフト最上位で消えることも考えられる2012年度高校生の最高峰の右打者です。


関連記事

第94回全国高校野球選手権大会(2012年夏の甲子園大会)

2012年夏の陣、大阪桐蔭が光星学院を破って史上7校目の春夏連覇達成!(光星学院―大阪桐蔭戦・決勝)

北條・田村の一発攻勢!光星学院が東海大甲府を破って3季連続決勝へ(光星学院―東海大甲府戦・準決勝)

田村・北條が連続タイムリー!松井15奪三振の力投実らず桐光学園がベスト8で敗退(光星学院―桐光学園戦・準々決勝)

3本塁打の一発攻勢で光星学院がベスト8一番乗り(光星学院―神村学園戦・3回戦)

城間の完封勝利で光星学院が3回戦へ(光星学院―遊学館戦・2回戦)


3年夏の甲子園大会の記録

対戦校打数得点安打打点三振四死犠打盗塁失策本塁打
遊学館(2回戦)5122000001
神村学園(3回戦)3 223020001
桐光学園(準々決勝)4 022200010
東海大甲府(準決勝)4 323110002
大阪桐蔭(決勝)4 000200010
累計20 6810530024

打率.400

二塁打2本(内訳:神村学園戦で1本、桐光学園戦で1本)


最終更新日:2012年8月23日

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。