11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回サマーシーズン45戦終了時点の結果

ミアーズは第8回サマーシーズン45戦を終えて32勝7敗6分(25位)。


第43戦 9-3(勝利)

第44戦 13-2(勝利)

第45戦 3-6(敗退)


43戦は初回に濠のスリーランが飛び出すなど、打者一巡の猛攻で一挙6得点で試合の流れを序盤で決めてくれました。

44戦は計17安打13得点&先発全員安打、投げてはブッシュが9回2失点と好投し快勝。

45戦は相手4・5番に計4本塁打と怒涛の一発攻勢をかけられ完敗。


大野新・ブッシュ・窪田で2勝1敗なら悪くないですね。

43戦目の大野新は悪いながらもきっちり試合を作り、完投で6勝目をマーク。

シーズン序盤は不安定な投球が目立ちましたが、防御率も2点台になり、徐々に安定感が出てきました。

高かった奪三振率も徐々に下がってきており、打たせて取る投球スタイルに戻ってきました。

球数が増えないので試合中盤あたりでも球威が落ちず、良い感じに投げられています。

圧倒的なピッチングはしないですが、ゲームメイクの能力が高い軟投派のベテラン。

球が軽めの投手なので、パワーヒッターが揃っている打線には打ち込まれやすいのが難点。

だいたい7回を投げて2、3失点程度に抑えてくれるので、後は打線が打てば勝つ可能性が高くなります。

後半戦はこの調子を維持してくれることを期待したいですね。

44戦目のブッシュは打線の大量援護を背景に好投してくれました。

ローテの谷間の先発5番手なので出番は少ないですが、5試合投げて防御率2.52、4勝負けなしとここまでは出来すぎと言ってもよいくらいの内容です。

45戦目の窪田は相手5番に3本塁打を含む4安打5打点と完膚なきまでに打ち込まれました。

うちに移籍してから8度の登板で本塁打1本しか打たれていませんでしたが、今回は相手が悪かったかも。

打撃状態があまり良くないのか打率は2割そこそこでしたが、チームのパワーが7700ほどと高いので、おそらくパワーヒッタータイプの打者でしょう。

こういうタイプの打者は勢いに乗ると止められないです。


38戦目から1番を打たせている大樹は、43戦目で連続マルチヒットが途切れましたが、1番起用後の連続試合安打は継続中。

その大樹を上回る勢いを見せているのは5番を打つ茂形。

前シーズンのチーム内首位打者であり、今シーズンも安打量産を見せる遅咲きのヒットメーカー。

ジワジワと上げてきた打率は.351。

一発長打がない選手ですが、好不調の波があまりない選手なので、頼りになる5番打者です。

逆に不振の真っ只中にいるのが、前半戦怒涛の打棒を奮ってくれた6番弐式織。

好投手ラッシュが一段落ついたあたりから打率が下がり始め、3割5分台だった打率も3割3分までダウン。

主砲時雨とともにポイントゲッターとして期待している打者なので、この不振は気になるところ。

もう数試合上向く気配がないなら、打順を下げる、先発をはずすなどの手を打つ必要があるかも。

46戦目から梅坐羽を再び先発起用する予定。

1番ではなく7番DHで出場させます。

前を打つ弐式織の状態も良くないので、連敗しないためにも頑張ってもらいたいところ。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。