05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回サマーシーズン37戦終了時点の結果

ミアーズは第8回サマーシーズン37戦を終えて25勝6敗6分(46位)。


第36戦 0-5(敗退)

第37戦 2-3(敗退)


36戦目は先発シュガーがKOされ、打線も相手投手陣にねじ伏せられ完敗。

37戦目は8連勝中のエース桐矢が7回1失点と好投するものの、抑えの毛利が土壇場9回に逆転ツーランを浴びてしまい2連敗。


シュガー・桐矢の先発1・2番手で連敗したのは痛いです。

桐矢で勝てないと懸念していた大型連敗の流れになってしまう可能性もあるので、なんとか他の投手に頑張って欲しいですね。

37戦目に逆転弾を浴びて今シーズン初黒星を喫した抑えの毛利は、正直まだ安定感に欠けます。

初黒星ですが、セーブ失敗は今シーズン早くも4度目。

開幕時と比べれば状態は良くなったと思いますが、前シーズンと比べるとほど遠い出来です。

相変わらず好投手との対戦が続いているため、今後競った展開が増えると予想されます。

以前も記しましたが、抑えの毛利の復調がなければシーズン50勝は難しいでしょう。

打ち勝って派手な試合も続いていますが、投手陣の状態は良いとは言い難いです。

好調な投手とそうでない投手との差が激しいです。

大型連敗をする前に配置転換など、なんらかのテコ入れが必要かも。


1番に抜擢した梅坐羽が2試合無安打。

打率が2割3分台まで落ち込んだため、次戦から再び先発落ちすることを決めました。

予想していましたが、1番を任せるのはまだ厳しそうです。

先発復帰の際は下位での起用を予定。

3番に約1シーズンぶりに復帰した濠は、36戦目は無安打に終わるも、37戦目は2安打。

こちらは梅坐羽と違い、好投手が続いてもなんとか食いついていけそうな雰囲気があります。

かつて中軸を打って結果を残したこともありますし、3番でもうしばらく様子見しても良さそうです。

梅坐羽に代わって38戦目から1番起用する選手は大樹。

勝負強さを考えると1番は勿体無いかもしれませんが、由井の引退と梅坐羽の状態を考えると、試しておくべき選手の一人だと考えました。

打撃力・走力は十分ある選手です。

2番は変わらずラストイヤーの由井を起用。

1番で色々な選手を試していますが、現状1番が最も似合うのはやはり同選手だと思います。

大樹が1番で結果を残せなかった場合、ラストイヤーの同選手の1番復帰が濃厚です。

由井引退後を考えて、鷹橋を遊撃手で先発予定。

前シーズンと比べると打撃の状態は良いとは言えませんが、なんとか結果を残して欲しいところ。

こちらは同じく遊撃手のベテランの田之植との併用、打順は6・7番あたりを予定しています。

鷹橋・田之植を遊撃手起用する間、DHは由井を起用。

38戦目は6勝負けなし&防御率1点台の赤枠サウスポーと対戦予定。

シーズン中盤になってもまだまだ好投手との対戦が続きそうですが、各打者はこの苦境をなんとか乗り越えて欲しいです。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。