09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回サマーシーズン6戦終了時点の結果

ミアーズは第8回サマーシーズン6戦を終えて3勝1敗2分(455位)。

5戦目に8-2で白星を挙げた試合以外、1点差試合及び引き分けと接戦が続いています。


投手陣がエース桐矢以外は状態が良くないです。

抑えの毛利が既に2度のセーブ失敗。

セーブが付いた試合でも失点するなど、現在防御率4.66と最悪の状態。

緊急措置として中継ぎ涌屋を抑えへ。

毛利は同じく状態が良くない大野新と交代で先発ローテへ入りました。

涌屋は正直衰えてきていますが、通算162セーブと経験豊富な投手です。

今シーズンはまだ登板していませんが、制球に苦しむ他投手よりは良い投球をしてくれるはず。

他に抑え経験があるのは桐矢ですが、現在は先発陣の柱なのではずすことはできず。

シーズン初登板で5四死球と制球に苦しんだシュガーは、2度目の登板で7回無失点無四球と好投。

復調の兆しが見えますが、前シーズンも調子の乱れが激しかったです。

投手陣が非常に厳しい状態なので、このまま落ち着いてくれることを期待したいです。

先日獲得した窪田は、まずは先発4として起用。


現状の投手陣は下記のように変更されています。

先発1:桐矢

先発2:シュガー

先発3:毛利(抑えから先発へ変更)

先発4:窪田(新加入)

先発5:ブッシュ

中継1:大野新(先発から中継ぎに変更)

中継2:シメイ(先発から中継ぎに変更)

中継3:汐崎

抑え:涌屋(中継ぎから抑えに変更)


毛利は先発を任せて調子を見てから抑え復帰を模索したいと思います(1、2度先発で投げさせる予定)。

エース桐矢と並ぶ実力を備えた投手で先発経験も豊富なので、安定すればきっちり抑えてくれるでしょう。

前シーズン13勝無敗の大野新の状態が良くないので、新加入の窪田への期待は大きいです。

実力的には厳しい部分もありますが、そのトルネードから新風が吹くことを願いたいですね。

シーズン序盤からこれほど大幅に配置換えしたことはなく、投手陣は非常に厳しい状態です。

幸いエース桐矢の状態は良いので、先発陣からもう一人状態が良い投手が出てくれば、大連敗せずに済みそうです。

毛利の状態が良くならない場合、今シーズンは50勝するのは難しいかも。


打線のほうですが、時雨と大樹の3・4番コンビは好調。

あとは前シーズンブレイクした茂形も当たっています。

時雨は主砲として長打は出ていないですが(6戦時点で本塁打1でこれ以外は全て短打)、勝負所を逃さぬ打撃と6盗塁と足を生かした攻撃を見せてくれています。

なかなか勝ちきれないチーム状況を考えると、時雨にはやはり一発長打も期待してしまいますね。

由井・今藤のベテラン1・2番はまずまずですが、両選手とも勢いに欠けます。

年齢的な厳しさを考えると、想定内ではありますが、そろそろテコ入れが必要な時期なのかも。

DHの鷹橋・田之植、捕手の濠あたりは状態が良くないです。

3人とも1割そこそことブレーキが続いています。

DHコンビの状態が上向いてこない場合、早い段階で梅坐羽の1番起用が見られるかも。

前シーズンは投手陣があまり良くなくても打線の頑張りで勝つ試合が多かったですが、今シーズンは勝ちきれない試合が多くなりそうです。

ひとまず抑えの涌屋が上手くハマってくれることを願いつつ、シーズン序盤をなんとか乗り切りたいです。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。