05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YYスタジアム第8回ウィンターシーズン第78戦

YYスタジアム第8回ウィンターシーズン第78戦(2012年2月16日)

総合力は3700ほどミアーズが上。


ミアーズ先発の桐矢、相手左腕ともに立ち上がりからピンチの連続。

苦しい投球が続く中、0-0と互いに譲らぬまま試合も中盤へ。

先に崩れてしまったのはミアーズ桐矢。

6回裏、ヒットと四球で桐矢は1アウト一・二塁のピンチを背負う。

この試合幾度もピンチを切り抜けたときと同様に、この場面でも相手6番とフルカウントの勝負の末に最後は渾身のストレートで見逃し三振。

しかし、この打者に対して力を出し尽くしてしまったのか、次打者にワンワンから同じくストレートをレフト前にはじかれ、ついに先制の1点を献上。

0-1と均衡が破れるが、ミアーズ打線は7・8回と相手投手陣をとらえられず。

桐矢も持ち直し、同じく無失点で切り抜け0-1のまま土壇場9回の攻防へ移る。

9回表、ミアーズは先頭の6番弐式織が四球を選ぶが、7・8番と凡退。

あと一人と追い込まれるが、続く9番篭手が初球をレフトへ打ち返してヒットで出塁。

今シーズン限りで引退のベテランの一振りで首の皮一枚をつなげると、続く1番由井は相手捕手のエラーで出塁。

2アウト満塁として、途中出場の2番芹沢がワンストライクから相手抑えが投じた138キロの真っ直ぐを見事にとらえ、レフト線へはじき返す。

三塁、そして二塁走者も本塁に迎え入れ、2-1とミアーズが土壇場で逆転劇を演じる。

9回裏はこの日から抑え登録された毛利が登板し、一人走者を出すものの後続をきってとり2-1でミアーズ逆転勝ち。


両投手陣ともに粘り強い投球を見せ、見事な投手戦になりました。

うちの打線が最後の最後でチャンスをものにして、なんとか接戦を制すことが出来ました。

今シーズンも残り2試合。

あと一つ勝てば節目の50勝なので、出来れば1勝はして欲しいところ。

チームのシーズン本塁打記録の更新に期待がかかっていた時雨は、これで6試合ノーアーチ。

同選手は爆発量産タイプなので、打たなくなると途端に本塁打が減少します。

記録に並ぶためには1本、更新のためには2本。

現状では厳しくなってきましたが、そのバットで奇跡を魅せていただきたいです。


まだ体調が完全に戻っていないですが、節目まであと少しなので気合で乗り切りたいと思います。

次の記事で当ブログも2000記事目を迎えますが、そちらで今後の方針について記載したいと考えています。


チーム名 123456789
ミアーズ 0000000022
相手 0000010001

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1由井 51021.365
2今藤 31012.284
341013.307
4時雨 21031.341
5茂形 4003.341
6弐式織 3205.237
7DH梅坐羽 3102.240
8大樹 4206.295
9篭手 4103.194
2代打佐刀 1002.294
7代打鷹橋 10010.266
2芹沢 1121.243

名前自責点被安打奪三振通算防御率
桐矢8回1582.27
毛利1回0003.63

2-1でミアーズ勝利。

通算成績49勝23敗6分(233位)

先発桐矢は11勝目(3敗)。

抑えの毛利は4セーブ目(4勝4敗)。

本塁打:記録なし

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。