05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YYスタジアム第8回ウィンターシーズン第52戦

YYスタジアム第8回ウィンターシーズン第52戦(2012年1月21日)

総合力は3400ほどミアーズが上。


両先発右腕が中盤まで見事な投げ合いを演じ、6回終了時点で2-2の同点。

互いに譲らない投手戦の均衡が崩れたのは7回裏、相手チームが四球とエラーを重ね、さらに6番大樹のタイムリーなどで一気に4点を加点。

4点差ということでセーフティリードかと思われたが、直後の8回表に相手上位打線が完投を狙うミアーズ先発の大野新に牙を剥く。

ヒット2本と四球であっと言う間にノーアウト満塁とされてしまうと、相手4番はワンワンからフォークをものの見事に打ち返し、豪快にライトスタンドに叩き込む。

劇的な満塁弾で大野新がKOに追い込まれるが、ミアーズも直後の8回裏に代打佐刀の代打本塁打で7-6と再び勝ち越し。

1点リードを奪いミアーズは9回に守護神涌屋を投入。

逃げ切りを図った継投でしたが、この守護神投入が誤算でした。

バント失敗を挟んで二塁打を2本打たれて追いつかれると、レフト芹沢の痛恨のタイムリーエラーもあって7-8と逆転を許してしまう。

逆転されて迎えた9回裏、2アウトまで簡単に抑えられてしまうが、土壇場で迎えたのは先ほど逆転タイムリーエラーを記録した芹沢。

この芹沢が初球をレフト前に打ち返すと、終戦ムードから一変。

由井がヒットでつなぐと、途中出場の2番篭手が三塁線への強烈な当たりで同点タイムリーツーベース。

さらにイケイケの空気に乗せられた3番濠もレフト前にヒットを打ち、9回裏2アウト走者なしからの劇的4連打でミアーズがサヨナラ勝ち。


中盤までの締まった展開から、終盤は乱打戦へと様変わり。

涌屋が打たれて逆転されたときは流石に負けを覚悟しましたが、打線が最後の最後で粘りを見せてくれました。

佐刀・篭手の代打陣が非常に良いところで打ち、勝利に貢献。

投手陣が先発・抑えと崩れた分、打線がカバーしてくれたと思います。


外野手の「てらうち しゅんじ/2012年1月21日開札」に入札参加。

11100Pで参加していましたが、18000Pで落札されたようです。

駄目元で安め狙いで参加していましたが、ドラフト若手外野で20000P以下での落札はお得と言えそう。

23歳と若いのに初期よりも評価がダウンしていたので、打撃状態があまり良くないのかも。

その点を考慮して安めになったのかもしれません。


チーム名123456789
相手0001100428
ミアーズ000110419

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1由井53014.339
2今藤3108.278
362211.299
4時雨41021.378
5DH鷹橋4008.248
6大樹4114.284
7梅坐羽3212.233
8山代4010.191
9芹沢5201.286
2代打佐刀1112.333
2篭手1112.197
7代打茂形1003.324

名前自責点被安打奪三振通算防御率
大野新7回0/35952.24
葦乃1回0103.45
涌屋1回1212.12

9-8でミアーズ勝利。

通算成績34勝14敗4分(132位)

3番手涌屋が1勝目(1敗7セーブ)。

本塁打:佐刀2号/相手4番に本塁打1本

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。