10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YYスタジアム第8回ウィンターシーズン第37戦

YYスタジアム第8回ウィンターシーズン第37戦(2012年1月6日)

総合力は3800ほどミアーズが上。


立ち上がり早々に四球からチャンスを得たミアーズは、足も絡めてチャンスを広げると、3番濠・5番鷹橋・6番大樹とタイムリーヒットを次々に打ち、初回で3点を先制。

攻め手を緩めないミアーズは3回表、またしても四球からチャンスを得ると7番梅坐羽のタイムリーで4点目を奪取。

この後、2アウト満塁までチャンスを広げるが得点は1点どまり。

中盤に入っても相手先発の制球は定まらなかったが、ミアーズ打線は拙攻に次ぐ拙攻で追加点を挙げられず。

ミアーズの残塁の山が積み上げられていく中、中盤までテンポ良く抑えてきた先発毛利が6回裏に突然の乱調。

下位打線に連打を浴びてチャンスを与えてしまうと、1アウト満塁で相手3番が初球を豪快に打ち返し、これがライトスタンドに飛び込む劇的満塁弾となってしまい、4-4と一振りで追いつかれてしまう。

この一振りで流れは相手側へ一気に傾き、続く7回裏には1アウトから4本の短打を重ねられ4-5と逆転を許し毛利がKO。

ミアーズ打線はひっくり返された後もまずい攻めが続き、4-6とミアーズ痛恨の逆転負け。


毛利が中盤過ぎからの大乱調でまさかの逆転負け。

打線は序盤こそ頑張っていましたが、中盤以降は残塁の山を築き無得点。

残塁の数は16。

追加点が取れずに逆転負けへの流れを作ってしまいました。


チーム名123456789
ミアーズ3010000004
相手00000420×6

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1由井30010.338
2今藤3106.283
35217.315
4時雨20015.393
5DH鷹橋4117.267
6大樹4113.263
7梅坐羽5112.185
8山代5210.222
9芹沢4101.333

名前自責点被安打奪三振通算防御率
毛利6回1/35844.38
葦乃1回2/30114.05

4-6でミアーズ敗退。

通算成績23勝11敗3分(172位)

先発毛利は2敗目(2勝3セーブ)。

本塁打:相手3番に本塁打1本

No title

直近のドラフトで取った「おかこうじ」が、獲得したその日から走力練習し続けてますがレベルが上がりません。練習でMAX赤8(成長期)が出ても評価額に変化無し。その他の能力も変化無し。
運営に問い合わせても返事がないので、どうしたら良いものかと。

ルシファーさんへ

成長期で練習をきっちりしていて、シーズンの半ばまできて評価Pに変化がないというのも妙ですね。
少し前に入札で見かけた同期の「きたの まなぶ」は、評価ポイントに変化が見られました。
この前のオフのドラフトはうちは抽選で外れたため、確かなことは言えませんが、全選手が評価変化なしという状態に陥っているわけではないようです。
単純に成長していないだけなのか、もしくはなんらかのプログラムミスなのか原因は定かではないですが、試しに試合に出して打撃状態が変わるかどうかなども試してみたり、シーズン終わっても全く変化が見られない場合は再度問い合わせるなどしたほうが良いかもしれませんね。

No title

今期は全試合にDHで出場させてます。
打撃状態変化による評価額の変化はありますが、練習での評価額変化がありません。
評価額1万以下の選手なら、評価額の上昇率が鈍く遅いなどの理由も考えられますが、3万以上の選手がシーズン半ばで、練習赤MAXが何度出ても評価が上がらないのは変です。
仮にプログラムミスだとしたら、どのような対処を求めるべきか。

ルシファーさんへ

ある一定まで育てると成長しづらくなるという類の話は見かけたことがありますが、「おか こうじ」はまだ新人で伸びしろが十分あると思われ、成長期ということでバリバリ成長するはずですね。
選手によって成長率のようなものが設定されているのではとの説も聞きますが、成長期で全く伸びないというのも変です。
当方同様の事例は見かけたことはありませんが、なんらかのプログラムミスの可能性も捨てきれないと思います。
以前どこかのサイトで投手の球速について問い合わせて、修正していただいたというのを見かけたことがあるので、問い合わせに返答がないということですが、やはり運営側に問い合わせするということしか対処法はないと思います。
ただ、もしプログラムミスだとしても成長していたかどうかの証明は難しく、どの程度成長したかどうかのラインも定めづらいと思うので、能力アップの補償のようなものを求めるのは難しいかもしれません。

No title

昨日やっと走力がF+からE-にアップしました。
色々不可解な点も残るけど、おさがわせしました。
Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。