09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YYスタジアム第8回ウィンターシーズン第23戦

YYスタジアム第8回ウィンターシーズン第23戦(2011年12月23日)

総合力は600ほどミアーズが上。


今日の先発は先発復帰後、初登板となった毛利。

その毛利は初回からソロ弾3発という相手の怒涛の一発攻勢でいきなり3失点と最悪の立ち上がり。

毛利はその後も走者を背負う苦しい投球が続くが、バックの好手にも支えられ2回以降は持ち直す。

3点を追うミアーズは4回裏、先頭の2番今藤がツーベースで出塁すると、相手守備陣が乱れ連続エラーで2点を返す。

さらにこの日、今シーズン初先発となった茂形が渾身の一振りでライトスタンドへ運び、これが逆転ツーランとなって4-3とゲームを一気にひっくり返す。

さらに6回には4番時雨に16試合ぶりの本塁打が飛び出すなど、7-3と点差を広げる。

毛利は8回に打ち込まれてKOされて完投を逃すも、スクランブル登板の守護神涌屋が後続を断って7-5で逃げきる。


初先発となった茂形が起用に応え、見事な逆転ツーランを打ってくれました。

梅坐羽よりも守備力は同選手のほうが高いため、DH起用ではなく二塁での先発(梅坐羽は今シーズン初のDH起用)。

控えに置いておくのは勿体無い選手なのですが、先々を考えるとやはり梅坐羽を伸ばすことが先決と考えていました。

しかし、結果が芳しくない状況が続いているので、しばらくは他選手たちとDH併用を検討しています。

左投手が先発のときは梅坐羽を起用、右の場合は鷹橋を起用、一発長打が欲しいときは田之植を起用予定。

梅坐羽は前シーズンも中盤以降からグングン良くなったので、流れが良くなるのを待ちたいです。

同じく三塁で初先発となった山代は3打数ノーヒット。

前シーズンと比べると今一つの状態の弐式織に代わっての先発。

打撃状態は高いものの、能力的にまだまだの選手なので大きな期待は寄せず。

弐式織の状態を見つつ、ちょこちょこ試し起用をしていこうと思います。

時雨が16試合ぶりの本塁打を記録。

ここのところ一発長打がなく状態が下降気味だっただけに、この一発で再び上昇気流に乗ってくれることを期待したいです。


チーム名 123456789
相手 3000000205
ミアーズ 00040300× 7

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1由井 4117.409
2今藤 4204.287
33101.276
4時雨 4129.379
5茂形 3121.200
6篭手 4001.202
7梅坐羽 4002.193
8山代 3000.000
9大樹 3000.195

名前自責点被安打奪三振通算防御率
毛利7回1/34932.95
涌屋1回2/30310.93

7-5でミアーズ勝利。

通算成績15勝6敗2分(150位)

先発毛利は今シーズン初勝利(3セーブ)

抑えの涌屋は4セーブ目。

本塁打:時雨9号/茂形1号/相手2番に1本塁打/相手4番に1本塁打/相手5番に1本塁打

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。