08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YYスタジアム第8回ウィンターシーズン第19戦

YYスタジアム第8回ウィンターシーズン第19戦(2011年12月19日)

総合力は4000ほど相手が上。


前日に記したとおり、本日の対戦相手はブロガーの破壊者DarkRavagersさん。

立ち上がり1、2回は両投手とも一人も走者を出さないパーフェクトピッチング。

ゲームが動いたのは3回表、ミアーズは7番田之植、8番弐式織と連続三振にきってとられるが、9番大樹がヒットでつなぐ。

この試合初めての走者を出して打席に迎えるのは、開幕から好調が続く1番由井。

1ストライクからのフォークをものの見事に叩き、レフトスタンドへと先制アーチを架ける。

虎の子の先制点を得たミアーズ先発の石田は、まさしく渾身の力投と言うのに素晴らしい投球を見せる。

7回途中までノーヒットどころか完全試合ペースで投げ続け、結局エラーで走者を許すも7回無失点ノーヒットと完璧と言える投球を見せる。

これを継いだ新守護神・涌屋も2回ノーヒットで締め、石田→涌屋でノーヒットノーランリレー達成。


ラストイヤーの大エースがパーフェクトピッチングといっても良いくらいの隙のない投球を披露。

味方の援護がなければ勝てない、二枚看板の片割れでもある葦乃は不振で先発落ちも囁かれ、厳しい状況に立たされていました。

その中での最高のピッチングでの3勝目。

涌屋とのリレーでのノーヒッターは出来すぎだと思いますが、石田はこれを契機に調子を上げていって欲しいです。

由井はまさしく値千金の決勝弾でした。

相手先発は好投手だったため、正直走者を出すのも苦労したので本塁打で得点が出来たのは大きかったです。

連打で点を奪うのはなかなか難しかったでしょう。


次戦もまた左の好投手と対戦予定。

防御率6.75と今のところあまり調子が良くないようなので、打線が上手く攻めて攻略してくれることを期待したい。


入札捕手の「あいざわ こうせい/移籍元チーム:ピノコーズ」が本日開札予定。

33歳で通算成績:打率.327、135本塁打、400打点(427試合出場)と素晴らしい打撃成績を残しています。

DH及び捕手の補強を検討されている方は要チェックです。

パワーSで衰退している雰囲気はないですが、今シーズンから衰退の可能性も否定できないのであまり高め狙いでいかないほうが妥当かも。

上位常連の同チームが放出していることを考えると、衰退突入している可能性はありそう。


チーム名123456789
ミアーズ0020000013
相手0000000000

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1由井4126.412
2今藤4104.286
34001.250
4時雨3008.415
5梅坐羽4102.219
6篭手4001.229
7DH田之植3000.118
8弐式織3002.195
9大樹3100.232

名前自責点被安打奪三振通算防御率
石田7回0032.13
涌屋2回0021.13

3-0でミアーズ勝利。

通算成績14勝4敗1分(79位)

先発石田は3勝目(1敗)。

抑えの涌屋は3セーブ目。

本塁打:由井6号

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。