10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YYスタジアム第8回ウィンターシーズン第8戦

YYスタジアム第8回ウィンターシーズン第8戦(2011年12月8日)

総合力は5600ほどミアーズが上。


開幕から好調が続く1番由井・4番時雨がこの日も初回から魅せる。

由井が今シーズン7度目の先頭打者ヒットで出塁すると、2番今藤がバントを失敗するも、すかさず盗塁を決めて挽回する。

3番梅坐羽は見逃し三振に倒れるが、4番時雨は2ストライクと追い込まれてからスライダーをライトへ返し、二塁走者の今藤をホームに迎え入れる。

時雨のバットの勢いは止まらず、3回に迎えた第2打席でもタイムリーを打って2-0。

着実に点差を広げる中、先発のべテランサウスポー葦乃は序盤3回は無失点。

毎度の如く打たせて取る投球が冴え渡り、中盤もこのまま突き進むかと思われたが、4回に相手中軸の短打攻勢の前にピンチを背負うと、相手7番に三塁線強襲のツーベースを打たれてしまい、走者二人返って同点。

さらに続く8番の打球をライト今藤が痛恨の落球。

これが逆転タイムリーエラーとなってしまう。

ワンチャンスでひっくり返されたミアーズは、中盤攻めに攻めるが好機で一本が出ず。

攻めきれずに1点ビハインドのまま迎えた7回裏、先頭の1番由井が猛打賞となる3本目のヒットで出塁&盗塁を決める。

今度は今藤がきっちりバントを決め1アウト三塁とすると、3番梅坐羽も今度は期待に応え、レフトへのヒットを打ち同点に追いつく。

逆転へのムードが高まる中、4番時雨は四球で歩かされる。

5番弐式織のバットに期待を寄せるが、フルカウントの勝負の末に最後は真っ直ぐを空振りして三振。

このままこの回は終わってゲームは終盤までもつれるかと思われた直後、6番鷹橋のバットから快音が響き、センターの前に打球が落ち、二塁走者が本塁に駆け込みミアーズが再逆転。

8・9回と抑え候補の毛利がきっちりと抑え、ミアーズが逆転勝利で開幕8連勝を飾る。


クロスゲームになりましたが、投打ともに粘りを見せて逆転勝ち。

由井・時雨の二人が無双乱舞の絶好調ぶりです。

葦乃は3回に3失点してしまいましたが、それ以外は悪くない投球でした。

衰え著しいですが、援護次第でまだ勝てる投手だと思います。

前シーズン同投手に援護できなかった分、今シーズンは打線も助けてあげて欲しいですね。

頑張れば通算200勝だって夢じゃないので(今日の勝利で通算181勝)、葦乃にはそこを目指して頑張って欲しいです。

新たな選手が加入したので、次記事で入団発表したいと思います。


チーム名123456789
相手0003000003
ミアーズ10100020×4

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1由井5303.500
2今藤4102.300
3梅坐羽4111.257
4時雨3228.552
5弐式織3001.242
6DH鷹橋4110.219
7篭手2000.241
83101.194
9大樹3000.250
9代打佐刀1101.667
9芹沢0000.000

名前自責点被安打奪三振通算防御率
葦乃7回2751.13
毛利2回0020.00

4-3でミアーズ勝利。

通算成績8勝0敗0分(1位)

先発葦乃が2勝目。

抑えの毛利が3セーブ目。

本塁打:記録なし

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。