06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YYスタジアム第8回ウィンターシーズン開幕戦

YYスタジアム第8回ウィンターシーズン開幕戦(2011年12月1日)

総合力は4900ほどミアーズが上。


開幕投手はついにラストイヤーを迎えた石田。

ルーキー以来25シーズン連続の開幕投手になります。


1回表、ミアーズにとって今シーズン最初の第一球目を相手1番が左中間へはじき返し、いきなりツーベース。

相手が手堅く送って走者を三塁に進めると、3番は打ち取るが、4番にはあっさりセンターへ打ち返され先制点を献上。

追いかけたいミアーズでしたが、1回、そして2回とヒットを重ねて塁上に走者は送るが、タイムリーが出ず。

ミアーズが拙攻で苦しんでいる間に、相手チームはミアーズの守備の乱れをつき3回に2点目を挙げる。

0-2で迎えた5回裏、ミアーズのリードオフマン1番由井がヒット。

さらに今シーズン初盗塁も決めると、2番今藤三振に倒れるが、期待の若手3番梅坐羽が勝負所を見逃さずフルカウントからスライダーを流し打ち、ライト線強襲のツーベースでミアーズ今シーズン初得点。

さらに続く4番時雨は1ボールから相手先発右サイドスローが投じた138キロの真っ直ぐを一閃。

逆方向へと打ち返された打球はレフトスタンドに飛び込む逆転ツーランとなりました。

主砲時雨の今シーズンチーム初本塁打が飛び出し逆転したが、7回表に相手7番に石田がソロ弾を浴びてリードを守れず。

接戦をなかなかモノに出来ない前シーズンの戦いが脳裏に思い出されたが、その光景を再び主砲が振り払う。

7回裏、1アウト走者なしから初球シュートを再び逆方向へ打ち返し、先ほどと同様にレフトスタンドで白球が弾む。

主砲時雨の2打席連続弾で再び勝ち越すと、8回表から新守護神候補の毛利へスイッチ。

いきなり先頭の相手2番にツーベースを打たれ、続く打者に進塁打を打たれて1アウト三塁。

一打同点の大ピンチで4・5番と一球もストライクが入らず連続フォアボール。

1アウト満塁と一打同点どころか一打逆転の場面となってしまいましたが、続く6番をフルカウントの勝負でサードゴロゲッツーに仕留め、大ピンチを無失点で切り抜ける。

8回裏に代打佐刀が代打本塁打で5-3と突き放すことに成功すると、毛利が9回も四球を出しながらなんとか零で締め、ミアーズ5-3で開幕戦を制す。


終盤までもつれた展開になりましたが、主砲時雨の活躍などにより僅差で勝利。

第8回ウィンターシーズンは白星発進することが出来ました。

前シーズン破壊力という点で物足りなさを感じた時雨が開幕で2本塁打。

この調子で今シーズンは本塁打量産を期待したいですね。

先発石田は衰えを考えると上々の出来。

なんとか今日のように援護して花道を飾ってあげたいです。

抑えを任せた毛利は不安定な投球ながらも無失点。

こちらは抑え実績がほぼ皆無なので、しばらく様子見したいと思います。


オフシーズン中はドラフト選手の各種データのご提供をいただきありがとうございました。

それから、「わきや すすむ」「ともつぐ ゆうさく」「きむら ゆうすけ」などが入札に出ていたので、不明だったデータの補完をさせていただきました。

入札で時々データ不明選手を見かけるので、そちらでもちょこちょことデータ補完させていただいています。


チーム名123456789
相手1010001003
ミアーズ00003011×5

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1由井5300.600
2今藤5100.200
3梅坐羽5210.400
4時雨4232.500
5弐式織4100.250
6DH鷹橋2000.000
7篭手3100.333
84000.000
9大樹3100.333
9代打佐刀11111.000
9芹沢0000.000

名前自責点被安打奪三振通算防御率
石田7回2762.57
毛利2回0120.00

5-3でミアーズ勝利。

通算成績1勝0敗0分(1位)

先発石田が今シーズン初勝利。

抑えの毛利が今シーズン初セーブ。

本塁打:時雨1号・2号佐刀1号/相手7番に本塁打1本

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。