04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年の日本一は福岡ソフトバンクホークス!

2011年11月20日、日本シリーズ最終戦でソフトバンクホークスが中日ドラゴンズに3-0で勝利。

4勝3敗として8年ぶり5度目の日本一(ソフトバンクでは初)の栄冠を勝ち取りました。


まずは、福岡ソフトバンクホークスの関係者・ファンの皆様、日本一おめでとうございます!

全7戦での決戦となり、まさしく熱戦といって良い好ゲームが続きました。

どちらも一歩も譲らぬ試合ぶりはリーグチャンピオンの名に恥じないと思います。

その中で最後の最後でホークスが地力の差を見せ付けて完封勝ちで完勝。

ただ一言「強い」と言わしめる試合展開でした。

昨日はとにかく杉内の力投が光りましたね。

7回は制球が苦しくなっていましたが、見事に粘りきり7回無失点でマウンドを降りました。

7回の攻撃では川崎が浅尾から四球を選び、続く本多がバント。

浅尾はバント処理でちょっと負傷したかなという印象でしたが、案の定内川に対して球にいつもの勢いがなく、センター前に打ち返されてしまいゲームの勝敗を決定づける3点目がソフトバンクに入りました。

打った内川も流石ですが、何より驚異的なのは1・2番コンビですね。

浅尾が出てきたときはこれで追加点はないかも、と思わせる投げっぷりでしたが、川崎が見事に四球を選んで出塁。

川崎は先制のときも押し出し四球を選びましたが、見事な選球眼・集中力・粘りでした。

本多のバントも絶妙な位置で浅尾が無理な体勢から投げなければ一塁はセーフだったと思います。

この1・2番はパの他球団にとっては本当に厄介な存在だったでしょうね。

最終回井端の打球がファルケンボーグのおそらく右腕に直撃したと思いますが、これで一矢報いる展開になるかと思いましたが、森福・摂津と渾身の継投で完封リレーで試合を締めたところに、秋山采配の真髄を見たような気がします。

摂津が告げられたときのどよめきは一種独特なものがありました。


ドラゴンズでの最後の采配となる落合監督とその守り勝つ野球を買って、当方はドラゴンズ日本一を予想しましたが総合力で勝るホークスが勝利。

3戦目から1・2戦と連敗した守護神馬原を抑え起用しなかったこと。

不振の松田にこだわらず、4番小久保を起用等など、秋山監督の采配が冴えていましたね。

ドラゴンズは確かに粘り強いチームですが、ホークスと比べると打線に破壊力が欠けました。

ベテランが揃い過ぎている分、勢いという点もホークスよりも感じられず。

今後は若い世代がもっと台頭してこないと厳しいかもしれません。

日本一に輝いたホークスも和田・川崎にメジャー移籍の話があり、杉内もFA戦線に名が挙がっています。

現在はずば抜けた大戦力を誇っていますが、各選手の動向次第ではこのまま黄金時代到来とはいかないかも。

落合監督にはひとまずお疲れ様と言いたいですが、間違いなく名将なので球界を盛り上げるためにもまたユニフォーム姿を是非とも見たいです。


CSまで勝ち残りながら敗退したチーム、Bクラスに沈んでしまったチーム、今年の敗北を糧にして2012年こそ最後まで勝ち残れるよう奮起し、さらに日本プロ野球を盛り上げて欲しいです。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。