08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YYスタジアム第8回オータムシーズン最終戦

YYスタジアム第8回オータムシーズン最終戦(2011年11月19日)

総合力は2900ほどミアーズが上。


有終の美で飾りたい最終戦でしたが、先発の葦乃が立ち上がりから不安定な投球。

2回に相手6番にソロ弾を浴び先制点を与えるが、相手の盗塁失敗など拙攻のお陰で最少失点で切り抜ける。

追うミアーズは3回表、8番濠・9番大樹と下位打線が連打でチャンスメイク。

1番由井は凡退に倒れるが、2番今藤は好機を見逃さずにライトへヒットを打ち走者が一気に二人返って逆転。

援護をもらった葦乃ですが、不安定な投球は定まらず。

相手のヒット攻勢の前に4回、そして5回と失点し再逆転を許してしまう。

さらに7回には相手6番の満塁弾などで悪夢の5失点。

2-8と6点差となり、頼みの打線も拙攻続き。

流石に敗退を覚悟しましたが、土壇場9回にドラマは起こる。

6番弐式織のヒットを皮切りに、7・8・9・1・2番と怒涛の6連打。

6-8とその差2点に迫ると、3番梅坐羽は犠牲フライ。

1点差とすると、続く時雨が打ち上げた打球を相手外野手が落球し同点。

5番鷹橋との勝負は避けたのかストレートの四球。

再び回ってきた弐式織が見事な初球打ちで逆転タイムリーツーベースを打つと、勢いに乗った打線は止まらず再び連打を続けて突き放す。


9回計11安打10得点を記録し逆転勝ち。

葦乃が満塁弾を浴びて降板したときに負けを覚悟しましたが、打線が最後の最後で見事な集中力を見せてドラマを起こしてくれました。

これだけの逆転勝ちはあまり記憶がないですね。

素晴らしい集中打を見せてくれた打線に感謝です。


最終戦を前に無事にドラフトの指名が開始されたようですね。

従来はシーズン終了3日後の抽選が慣例でしたが、今回のドラフト抽選会の予定日はドラフトページやお知らせによると「2011年11月28日」と1週間以上先になっています。

指名開始が遅かった分、抽選日をずらした可能性もあります。

助っ人追加日と同日になっていることから、もしかしたら更新の手間も考えたのかもしれません。

この日付で行われるかどうか絶対ではないので、ドラフト参加される方は指名をお早めに。


これで第8回オータムシーズン80試合全日程が終了。

次記事からはシーズンを振り返りつつ、補強等があればその情報などをお伝えしていきたいと思います。


日本シリーズ第6戦はドラゴンズが2-1で競り勝って3勝3敗のタイに持ち込み、決着は最終戦まで持ち越すtことになりました。

吉見は流石エースといったピッチング。

今日はコントロールが非常に良かったと思います。

投手王国の中日でもその安定感は際立っていますね。

日本ハムのダルビッシュや楽天の田中のような圧倒するような雰囲気はないですが、安定度では球界屈指と言っても良い好投手です。

それにしても、中日和田はソフトバンク和田に本当に強いですね。

鷹はファルケンボーグを温存した模様。

秋山監督も和田で勝って日本一になれれば御の字と考えつつ、最終戦での決戦も想定していたのでしょう。

竜はエース吉見のカードを切りましたが、鷹にはまだ杉内が残っていますからね。

落合監督も最終戦までもつれることを想定していたようなので、最終戦の展望も脳裏にはあるはず。

両チーム共に総力戦が予想され、激闘の予感がします。

一野球ファンとして最高の試合を期待したいです。


チーム名123456789
ミアーズ002000001012
相手0101105008

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1由井6328.329
2今藤63314.267
3梅坐羽4118.289
4時雨51013.308
5DH鷹橋4008.242
6弐式織52219.269
7篭手52111.292
854111.214
9大樹5316.236

名前自責点被安打奪三振通算防御率
葦乃6回1/371331.97
島津2回2/30132.19

12-8でミアーズ勝利。

通算成績46勝26敗8分(394位)

2番手島津は3勝目(3敗15セーブ)。

本塁打:相手6番に本塁打2本

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。