06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YYスタジアム第8回オータムシーズン第65戦

YYスタジアム第8回オータムシーズン第65戦(2011年11月4日)

総合力は4300ほどミアーズが上。


ミアーズは序盤から中盤にかけて打線がコンスタントに得点を重ね、5回表終了時点で7-0と大量リード。

先発の毛利は抑えで1試合登板し、再び先発復帰して臨むマウンド。

粘り強く投げていた毛利が突如ペースを乱したのが5回裏。

3四球と制球を乱すと、相手6番にタイムリーを打たれて2失点。

なおも7-2と5点リードだったが、7回裏に4・5番と連続本塁打を打たれて毛利はKO。

代わってマウンドに上がった島津も味方エラーから崩れ、踏ん張れずに2本のタイムリーを打たれてしまい、7-8とまさかの大逆転を許してしまう。

ここで意地を見せたのがミアーズ打線。

8回表、先頭の代打佐刀がツーベースで出塁すると、1番由井・2番今藤が連打で再逆転。

再びリードを奪ったミアーズは、8回裏から今シーズン初の抑えのマウンドとなった桐矢。

制球が定まらず、二つの四球と1ヒットで1アウト満塁。

一打逆転のピンチを背負うが、9・1番と連続三振で大ピンチを切り抜ける。

持ち直した桐矢は9回は上位打線を三者凡退に締め、今シーズン初セーブをマーク。


7点リードを逆転されるという大どんでん返しとなりましたが、最後は打線の奮起のお陰で再逆転に成功し勝利。

あのまま負けていたらチームとしてダメージが大きかっただけに、打線の頑張りに感謝です。

桐矢は登板直後こそここ最近の不安定な投球と同じでしたが、連続三振に抑えてから一気に制球が良くなりました。

再びの抑え転向で良いときの雰囲気を取り戻してくれることを期待しています。


プロ野球のドラフト記事が一段落したので、再びYYスタジアムのドラフト記事作成を再開。

次回ドラフトが始まるまでにはなんとか終わらせたいと考えています。


チーム名123456789
ミアーズ2010400209
相手0000206008

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1由井5207.332
2今藤52210.241
3梅坐羽5006.299
4時雨43313.303
5篭手52111.301
6DH鷹橋5117.245
7弐式織42214.249
85109.209
9大樹2004.238
9代打佐刀1100.250
7代打田之植1001.138
7山代0000.000
9芹沢1100.500

名前自責点被安打奪三振通算防御率
毛利6回5762.82
島津1回0212.06
桐矢2回0142.08

9-8でミアーズ勝利。

通算成績39勝21敗5分(308位)

2番手島津が今シーズン初勝利(3敗15セーブ)。

抑えの桐矢が今シーズン初セーブ(9勝4敗)。

本塁打:時雨13号/弐式織14号/相手4番に本塁打1本/相手5番に本塁打1本

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。