05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年のプロ野球ドラフト会議の結果(東京ヤクルトスワローズ編)

2011年度ドラフト結果報告のセの2番手はCS進出を2位でもぎとった東京ヤクルトスワローズ。

2011年は1チーム1記事の読みやすさ重視のコンパクトな記事とさせていただいています。

各種データ等は当方が調べた結果なので正確ではない可能性もあり、さらに打ち間違え等の可能性もあるのでその点ご了承ください。


下記ページより他球団の結果ページへ移動できます。

関連記事:日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


セ・リーグの優勝争いのトップを走り続けながら、終盤にけが人続出で失速しV逸した東京ヤクルトスワローズ。

ファンにとっては無念のシーズンとなったが、来シーズンこそは優勝を!

Vを狙うツバメがドラ一で指名したのは川上竜平(光星学院高/外野手・18歳・右投/右打・181cm/80kg)

高橋周平を狙うも抽選の末、はずれてしまい同選手を1位と指名。

3年夏の甲子園では主将としてチームを引っ張り、チームの準優勝に貢献。

投手として145キロを記録する肩は遠投110mと強肩。

足は50m6秒2で一塁到達は4秒3となかなかの脚力です。

高校通算25本塁打。

この夏の甲子園で3本の本塁打を打つなど、右のスラッガーとしてメキメキと実力を上げています。

2年春から投手として練習を始めたらしく、わずか1年ほどで140キロ超の投手となっています。

野球センス・身体能力の高さを感じますね。

高橋と比べれば流石にスケールという点で及びませんが、身体能力だけで言えば負けていません。

はずれでも1位指名は予想していませんでしたが、他に取られたくなかったのでしょう。

高い身体能力を考えると、数年後が非常に楽しみな選手です。


2位は木谷良平(日本文理大/投手・22歳・右投/右打・180cm/85kg)

MAX148キロの速球派右腕。

小倉高校時代に140キロ超の投手として注目されるが、甲子園出場はなく、日本文理大へと進学。

大学時代は主にリリーフとして活躍。

セットポジションでどっしりと構えてから、鋭く腕をしならせて速球を投げ込んでいます。

動画で確認する限り、コントロールはあまり良くはなさそう。

変化球は落差の大きいフォークが最大の武器。

シュートも覚えたようで、上手く使えば投球の幅が広がりそう。

日本文理大では近年、古川秀一(オリックス)や小野淳平(巨人)、少し前になりますが吉川輝昭(ソフトバンク)がプロ入り。

吉川は横浜からソフトバンクに移籍し、今年は中継ぎで結構頑張りました。

是非先輩に続いてプロで活躍して欲しいです。

スカウト談だと先発ローテを期待とありますが、先輩方と同じくまずは中継ぎなどで結果を残したいですね。


3位は比屋根渉(日本製紙石巻/外野手・24歳・右投/右打・180cm/73kg)

50m5秒8の俊足を誇る日本製紙石巻のリードオフマン。

沖縄尚学高では3年春と夏に甲子園に出場。

城西大では4年秋のリーグ戦で首位打者を獲得。

その脚に対する日本製紙石巻の木村康雄監督への信頼は高く、サインなしの単独スチールが許可されているようです。

俊足を生かした守備範囲は広く、肩もまずまずとのこと。

リードオフマンとしてプロで十分通用するレベルにあり、球界を代表するスピードスターになれる脚力は持っています(右打者ながら一塁到達は4秒0を記録)。

今オフのメジャー行きが噂される青木選手の穴を埋めるとはいかないかもしれませんが、1年目から外野の一角を任せても良い実力を備えています。

震災で職場が被害にあったらしく、野球はもう出来ないと考えた時期もあり、プロ入りを果たすところまで来られて本当に良かったですね。

同チームのホームページを確認しましたが、5月30日から試合が行われており、比屋根は今季40盗塁を記録したようです。

この厳しい状況で結果を残し、プロの門戸を叩くところまできたということは、それだけで高い精神力の持ち主だと感じます。

日本製紙石巻と言えば前年獲得した久古健太郎投手(2010年ヤクルト・ドラフト5位)が思い出されます。

今年はルーキーながら52試合登板と中継ぎとして大車輪の活躍でした。

先輩のように活躍して、石巻の人たちにとってのスターになって欲しいですね。


続く4位は太田裕哉(日本製紙石巻/投手・23歳・左投/左打・175cm/70kg)

3位比屋根に続き、日本製紙石巻から投手も指名。

比屋根の紹介で触れた久古健太郎とともに、日産自動車から転籍。

左肩を痛めていたようで昨シーズンは投げられず、肩を治してようやく投げられるところまで回復。

MAX144キロのストレートにスライダー、スクリュー、カーブ、チェンジアップなどが持ち球。

スリークォーターから投げ込むストレートは常時130キロ台後半をマーク。

故障が続いているような印象ですが、肩周辺の強化に取り組み、怪我の再発防止を行っているようです。

高校時代は三振を奪える左腕としてならしていただけに、そのポテンシャルは高いと思われます。

プロに行ってもうワンランク上の投手になれるのか、注目したいです。


5位は中根佑二(東北福祉大/投手・22歳・右投/右打・183cm/84kg)

仙台育英高校では佐藤由規(ヤクルト)と同期で、1年の時に怪我したため本格的に投球を開始したのは2年秋。

3年生となり144キロを投げるまでに成長し、夏の選手権大会予選・泉高校戦で先発、8回を投げて4安打13奪三振無失点と好投。

夏の甲子園に出場したが、佐藤由規がエースとなり登板機会はなし。

大学野球の名門・東北福祉大に進学。

1・2年と着実に実績を積みながら、3年生ではエース格となり3年春と4年春にリーグMVP・3年春から3季続けてベストナインも受賞。

ワインドアップから投げ込むストレートはMAX148キロと威力があります。

見ていて気持ちが良いほどにノビを感じ、球速以上の速さを感じます。

変化球はスライダー、チェンジアップ、カーブ、フォークでキレはまずまず。

ストレートが良くコントロールもまずまずなので、これを武器にしながら変化球の精度を上げたいところ。

中根仁(現横浜2軍打撃コーチ、元近鉄)の甥。


6位は古野正人(三菱重工神戸/投手・25歳・右投/右打・178cm/78kg)

龍谷大学から日産自動車に入社し、日産として最後の日本選手権大会で活躍。

2010年に三菱重工神戸に移籍後も主戦投手として活躍。

MAX145キロのストレートは常時140キロ台を記録。

決め球の落差のあるフォークに加え、スライダー、チェンジアップ、カーブと多彩な変化球を投げるようです。


育成1位は徳山武陽(立命館大/投手・22歳・右投/両打・185cm/83kg)

185cmの長身右腕で最速147キロを計測。

育成2位は金伏ウーゴ(白鴎大/投手・22歳・左投/左打・180cm/71kg)

ブラジル出身の日系3世でMAX145キロのストレートが魅力。


高橋周平を獲得できなかったのは残念ですが、川上も身体的能力・野球センスは素晴らしいモノを持っています。

中軸の一角に置けるような選手に上手く育てたいですね。

3位の比屋根はスピードスターとして活躍する可能性を秘めており、1年目からバリバリ活躍を期待できる即戦力。

怪我に苦しんだ中根は以前ならば上位候補でしたが、5位での指名となりました。

10月に入ってからの投球を動画で見ましたが、かなり良い球を放っていました。

このまま復調すればローテの一角を任せても良いだけの実力は持っているので、復調に期待したいところ。

4位の太田も中根同様に故障に苦しみましたが、こちらも復調の兆しを十分見せています。

怪我復帰組がいるなど全体的に見て現時点で未知数な選手が多い印象。

ただ、どの選手もポテンシャルは感じるので、上手くハマれば面白そう。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。