10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年のプロ野球ドラフト会議の結果(中日ドラゴンズ編)

2011年度ドラフト結果報告のセの1番手はリーグ連覇した中日ドラゴンズ。

2011年は1チーム1記事の読みやすさ重視のコンパクトな記事とさせていただいています。

各種データ等は当方が調べた結果なので正確ではない可能性もあり、さらに打ち間違え等の可能性もあるのでその点ご了承ください。


下記ページより他球団の結果ページへ移動できます。

関連記事:日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


落合監督の元でチーム初の連覇を達成した中日ドラゴンズ。

圧倒的な投手力と堅実な守備力、手堅い攻めと隙のないゲーム展開でリーグを制しました。

来シーズンは連覇を手土産に退陣する落合監督に代わり、高木守道新監督の就任が既に決まっています。

最大の補強ポイントはやはり得点力不足に悩む打線の強化。

2012年は高木新体制で挑む竜がドラ一で指名したのは高橋周平(東海大甲府高/内野手・17歳・右投/左打・180cm/83kg)

2011年の高校生NO.1野手との呼び声も高いスラッガー。

高校通算本塁打数は71本。

甲子園の舞台で見たかった選手ですが、残念ながら甲子園の土を踏むことは3年間叶わず未出場に終わりました。

東海大甲府高に進学すると、1年生から主砲として活躍し2年夏までに35本塁打を記録。

最後の夏は3試合で打率5割、4打点と活躍するが県大会準々決勝で山梨学院大付に4対5で敗退。

予選どまりの選手ですが、その超高校級の打撃センスは早い段階でスカウトの目に留まり、ドラフト候補として名が挙がっていました。

その実力を評価され、アジアAAA野球選手権大会の日本代表として選出。

全国区の選手たちの中に混じり、主軸を期待されて3番を任される。

その期待に応え20打数10安打で打率5割、1本塁打、13打点(大会最多打点)と活躍。

AAA選手権では全試合で打点を記録。

特に圧巻だったのは決勝の韓国戦。

先制のツーランを含む3安打4打点と獅子奮迅の活躍で大会優勝に貢献。

AAA選手権では木製バットで挑みながら、きっちりと数字を残しました。

木製バットへの対応もある程度出来ていると考えても良さそう。

勝負強い打撃がスカウトにも評価されていますが、AAA決勝での活躍を見ればそれも頷けます。

注目される打撃ですが、スイングスピード・パワーは言うまでもなく高校レベルを逸脱しており、東海大甲府高の練習グランドには通常の右翼ネット後方30mに特設の「高橋ネット」が別途設置されています。

130m以上飛ばないと超えないと言われるそのネットすらも超え、タクシーに2度ぶつけたことがあるようです。

ぶつけたことを謝りにいくと「いいよ。高橋君でしょ」と地元の人には周知になっているとのこと。

抜群の飛距離を誇りながら、本人談によれば「中距離ヒッター」であると考えているそうです。

鋭い打球はライナー性の打球が多く、本塁打になっている当たりも突き刺さると表現できる打球が多いです。

ヒッティングゾーンも広く、広角に打てる技術も持っています。

逆方向への打球の伸びも高校生離れしています。

打率も稼げ、長打も打てて、さらに勝負強さも兼ね備えており、打撃面での将来性はピカ一です。

守備は遠投100mの強肩の持ち主。

50m走6秒6ということで俊敏性にはやや欠けるらしいので、高校時代は遊撃手を守っていたようですが、そのまま遊撃手を守るならばその点はプロ入り後の課題となりそう。

肩は非常に良いので、鍛錬次第でプロにも十分対応できると思います。

三塁や一塁にコンバートという選択肢もありますが、次代の遊撃手として躍動する姿を見たいです。

とにかく将来中軸候補の逸材であることは間違いないです。

まずは2軍などで身体作りと実戦経験を積み、遅くも3~4年後には1軍で見たいですね。

将来的にはタイトル争いをするようなリーグを代表する選手になれるスター性を持ったルーキーです。


ドラフト2位は西川健太郎(星稜高/投手・18歳・右投/右打・184cm/72kg)

金沢の釜田(2011年楽天ドラフト2位)と共に今年の北信越を代表するMAX147キロの長身右腕。

星陵中学校の軟式野球部の3年夏に全国大会優勝。

最後の夏は怪我で本来の調子が出せず、準決勝にて釜田擁する金沢に敗れて甲子園出場はならず。

2年の時の姿を動画で確認しましたが、安定した綺麗なフォームで投げ込んでいる印象を受けました。

↓のコラムによれば、身体作りをきっちりしてさらにタメのあるフォームへと進化したようです。

【高校野球】この夏、甲子園で会いたい逸材たち(1)~星稜・西川健太郎

球速も3年になってからさらに伸びているようですし、ステップアップをきっちりしていっていますね。

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップなど多彩に揃っているが、空振りを取れるレベルではないとのこと。

内外角に投げ分ける制球力もあり、ストレートは低めでもノビを感じる。

体格を考えればまだまだポテンシャルを秘めているので、伸びしろはかなりあると見ています。

肉体作りをしつつ、変化球の精度を上げていきたいですね。

この夏は怪我で残念なことになってしまいましたが、同郷であり県代表を争っていた釜田はもちろんのこと、他の同世代の投手たちとの対戦がプロの舞台で実現するのが楽しみな投手です。


3位は田島慎二(東海学園大/投手・21歳・右投/右打・181cm/84kg)

愛知2部リーグで投げているMAX147キロ右腕。

元捕手で投手になったのは愛知・中部大一高の2年秋。

高校・大学を通じて全国区の大会には進んでいませんが、その快速球でプロのスカウトにも注目されたようです。

投げている動画を見ましたが、確かに速さを感じる球を投げ込んでいます。

変化球はフォークにスライダー。

フォークはかなり落ちており、これはプロ相手にも通用しそう。

制球に難ありと書かれた記事を見かけましたが、それほど悪いという感じには見えなかったです。

速い球と落ちる球のコンビネーションということで、救援投手としてはうってつけの人材と言えそうですね。

将来的には浅尾投手へとつなぐ投手になれる可能性がありそうです。


4位は辻孟彦(日体大/投手・22歳・右投/右打・182cm/86kg)

京都外大西高では3年夏に甲子園に出場。

日体大では2年春から先発の一角を任されるが3年まで9勝。

そして迎えた4年春に10勝と大ブレーク。

14試合中13試合登板とフル回転の活躍でリーグタイの5完封をマークし、チームの13季ぶりの優勝に貢献。

今ドラフトでBIG3の一人として注目された東海大の菅野にも投げ勝ちました。

最速147キロのストレートは常時140キロ前後を記録。

力感のないバランスの良いフォームで、ストレートや変化球を低めに集めています。

変化球はスライダー、カーブ、フォークなど。

動画でスライダーを投げているのを見ましたが、カウントを稼げそうな良い球です。

この投球を続けられたら、大学レベルでは攻略はかなり難しそう。

ストレートがややシュート回転しているのが気になるところ。


5位は川崎貴弘(津東高/投手・18歳・右投/右打・187cm/77kg)

甲子園出場はないですが、187cmの長身右腕としてプロスカウトが注目。

最後の夏は直前に右肩を痛め、大会開始直後まで練習できず不完全燃焼に終わったようです。

その長身からMAX143キロを投げ下ろす。

素材としては面白そうですが、現時点では未知数な部分が多いです。

いわゆる素材型の投手で育成次第で伸びるかどうか決まってきそう。


6位は宋相勲(韓国・信一高/投手・18歳・右投/右打・190cm/93kg)

今年の8月、韓国プロ野球新人ドラフトでLGに指名された投手。

隠し球的な指名ですね。

日本(福井工大福井)に2年間の留学経験があり、当時4番で投手を務めていたようです。

日本にいたためドラフト対象となったようです。

LGの指名は拒否し、日本でのプレイを希望しているそうです。

2年間の留学経験もあるので、意思疎通の面は問題ないはず。

よりレベルの高いリーグでプレイしたいと希望しているところを見ると、向上心は高そう。

現時点では最速142キロとのことなので、正直速いと呼べるレベルではないです。

スピードだけが全てではないので、実際見てみないと判断は難しいですが、素材型の投手だと思われます。

同投手は3年間日本でプレーすれば外国人枠から外れるようなので、その頃までにどの程度伸びることができるのか。

1軍で見られるかどうか、こちらも全ては育成次第ですね。


連覇を果たしたドラゴンズは来シーズン高木新体制へと移行。

ドラフト会議にも高木新監督が参加したようです。

その新監督が抽選の末に高校NO.1野手とも言われている高橋周平を引き当てました。

これだけでも今ドラフトは大成功といっても良いでしょう。

2位以下は5人全てが投手。

高校生ですがまとまったピッチングをしている西川を2位。

3位田島は中継ぎ・抑えの厚みを増してくれそう。

4位の辻はもう少し上で指名されてもおかしくない好投手。

5・6位は素材型の投手を獲得。

将来の主軸候補に加えて投手を満遍なく獲得した印象。

磐石の投手陣が更に強化されそうですね。

高橋は1年目から開幕1軍との話も出ていますが、遊撃手には井端、三塁には森野がいます。

開幕スタメンを取れるのか注目したいですね。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。